赤髪の白雪姫|林檎のような髪を持つ頑張り屋の少女「白雪」と王子「ゼン」の成長記

更新日:

赤髪の白雪姫 1 (花とゆめコミックス)

互いに惹かれた2人が、未来に向かってひたむきに努力し、成長していく「赤髪の白雪姫」はマンガParkで無料で読む事ができます。

iPhoneで読む

androidで読む

 

「赤髪の白雪姫」のあらすじ・ストーリー

主人公は、まるで林檎のような美しい赤髪を持つ少女・白雪。

その噂を聞きつけたタンバルン国の王子は、白雪を愛玩道具にしようと企み、彼女に対して、自分の妾になるよう命じます。

しかし、気の強い白雪は命令を拒否。髪を切り捨て、逃亡を図るのです。

そんな彼女を救ったのが、隣国のクラリネス第二王子・ゼン。

(出典:赤髪の白雪姫1巻)

 

ゼンは、白雪の心の強さに惹かれます。

また白雪も、ゼンの真っ直ぐな生き方に感銘を受け、彼の側にいたいと思います。

薬剤師である白雪は、自分の力でゼンの側にいる権利を勝ち取るために、宮廷薬剤師になりました。

宮廷薬剤師として働く白雪と、第二王子として奮闘するゼンの成長を描いたストーリーです。

 

勇ましく、芯の強い少女・白雪

自分の道は、自分の力で切り開く!強い心を持った主人公「白雪」が努力する姿はかっこいい

主人公の白雪は、その鮮やかな赤髪ゆえに、タンバルン国の王子から狙われます。

しかし、白雪は気の強い女の子で、王子からの妾になれという命令にアッサリと背き、迷いなく髪を切り捨て逃亡するのです。

いいですね。可愛い顔してるのに、強くて逞しくて、自分の力で戦える、カッコイイ女の子です。

彼女が、「自分の運命は自分で切り拓く」という芯の強い女の子であることが、物語冒頭の逃亡劇で伝わってきます。

実際、白雪は隣国の第二王子・ゼンに救われ、互いに惹かれ合う関係になっても、

「ゼンの側に居られる身分は、自分で勝ち取るんだ」

と、ゼンに頼らず、ひたむきに努力するのです。

 

白雪は、ゼンと会うための身分を手に入れるために宮廷薬剤師を目指す

宮廷に出入りするための身分になるために、宮廷薬剤師になる姿、そしてゼンが見守る様子がたまらない!

白雪が目指すのは、宮廷薬剤師

彼女はもともと薬剤師なので、宮廷に出入りできる身分を手に入れるために、その道を目指すことにするわけですね。

ゼンにお願いしちゃえば、簡単に宮廷薬剤師になれるんですよ、きっと。

しかし白雪はそうしませんでした。

ゼンもまた、白雪の真っ直ぐな性格を理解しているから、

手を貸すことはせず、彼女を優しく見守るのです。

ゼンが白雪に惹かれたのは、この「芯の強さ」なんですよね。

赤髪のせいで、周囲から色眼鏡で見られてしまうことの多い白雪ですが、頑張り屋さんな内面が、とても魅力的な女の子なのです。

 

暖かく前向きな王子・ゼン

初めて会ったゼンは悪ガキのような感じだったけど、前向きな言葉が素敵な男子!

逃亡していた白雪を救うのが、隣国の第二王子・ゼンです。

白雪と森の中で出会うゼンの初登場シーンは、側近2人を従えていたにも関わらず緊張感が全く無くて、ただの悪ガキ3人組という感じでした(笑)

でもそういう、気どらない等身大のゼンが魅力的です。また、ゼンが白雪に言う数々のセリフが、前向きで優しくて、実にステキなのです。

特にロマンチックで印象的だったのは、白雪の逃亡のいきさつを聞いたときのセリフ。

「赤は運命の色。今は面倒でも、きっと何か良いものに繋がってるかも知れないぜ」

白雪の赤髪を肯定し、励ます名セリフ。

すっとぼけたように見えるゼンですが、その裏側は暖かくて前向きで、素敵な王子様です。

 

友情?それとも恋? 白雪とゼンの関係

白雪とゼンは惹かれあっているようだけど、それが恋心なのか、友情かどうかわからないかも・・・でもそれがいい!

ゼンと白雪は、初めて出会ったときから、惹かれ合っているように見えます

2人とも「側に居たい」と思っているのは間違いないです。

ゼンは、「俺に出会ったことを運命と思って欲しい!」と、ストレートな愛情表現(?)をしていますし、白雪もまた、ゼンのいる場所に出入りできるように、宮廷薬剤師を目指すわけですから。

しかしそれが、互いに芯の強い性格であることからくる「同志」的な友情なのか、それとも、異性として互いを必要としているのかが微妙なところです。

ゼンの方は、白雪を女の子として好きな感じがしますが、白雪は純粋に、ゼンの人間性に惹かれて、まだ異性として意識はしていない気もします。

でも、その微妙な感じが、良い味出しています。

何だかプラトニックというか、とても爽やかで応援したくなる2人ですよ。

お互いを「高め合う」関係で、お互いを「奮い立たせる」勇気をくれる存在、という感じですね。

 

白雪とゼンの正念場。そこに居ることが相応しい人間だと示せるか?

ゼンの兄「イザナ」が白雪に揺さぶりをかけてくる!2人が成長を見せられるか、試されているよ!

白雪が晴れて宮廷薬剤師になれた後も、白雪とゼンは互いを思い合いながら、少しずつ成長していきます。

しかし2人の前に、強力な壁が立ちはだかるのです。

それが、ゼンの兄である、クラリネス国の第一王子・イザナです。

イザナは、聡明かつ冷酷な性格であり、国を治める見事や手腕を発揮しています。

それゆえゼンは、「兄の隣に立つに相応しい自分になりたい」と切磋琢磨しているのです。

イザナは、弟のゼンが入れ込む白雪を気に入らず、白雪に揺さぶりをかけてきます

「お前は、ゼンの側に居るべき人間か?」と。立場をわきまえよ、と言いたいわけですね。

その評価を覆すには、白雪自身が己の「価値」を示し、認めさせるしかありませんね。

またゼンも、「成長」を示さねばならないのです。

そうしなければ、「珍しい赤髪の女に入れあげた馬鹿な王子」としか見られないのですから。

これからが、2人の正念場ですね。

白雪は「ゼンの側に居るべき人間」であることを、ゼンは「イザナの隣に立つに相応しい王子」に成長していることを、自分たちの力で、周りの人間に証明していかなくてはなりません。

イザナは、態度こそ厳しいのですが、ゼンのことを大切に思っているし、信頼しているんだと思います。

そして白雪のことも、大事な弟が惚れ込んだ娘ならば、きっと赤髪以外の「唯一無二な価値」があるのだろうと、信じていると思います。

ただ、それをきちんと対外的に示さなければいけないんだよ、と若い2人に教えてくれたのかな。

イザナの言葉により、白雪とゼンが、ますます成長に磨きをかけていくことが期待されますね。

 

「赤髪の白雪姫」の感想・ネタバレまとめ

頑張り屋さんな白雪と、彼女を見守りながら自分も成長していくゼン。

2人のひたむきな努力が実に爽やかで、読んでいて気持ちのいい作品です。

また、ゼンの白雪に対する愛情表現が、とっても素敵です。

白雪への信頼を言葉にして伝え、ぎゅっと抱きしめるゼンの姿には、キュンとすること間違いなし!

「天空の城ラピュタ」の、シータとパズーみたいな、「ただ互いを思い、信頼し、強くなれる」という、プラトニックな関係性に惹かれちゃう人には、特にオススメですね。

白雪とゼンの成長を、楽しく読み進められる作品です。

iPhoneで読む

androidで読む

 

1巻の感想:可愛いのに男前な白雪

ゼンと対等に会うために宮廷薬剤師を目指すなど、可愛くもカッコイイ白雪に注目!

この作品は「白雪姫」の童話をテーマに描かれていますが、その世界観がとてもファンタジックで面白いです。

登場人物たちの服装や街の雰囲気なんかも素敵。

そして、白雪が可愛いのにかっこよすぎる…!

「サバサバ系女子」は一歩間違えれば単にガサツなだけのキャラになってしまうけれど、白雪はいい意味でサバサバしていて気持ちがいいです。

ゼンに堂々と会うために宮廷薬剤師になったり、この自立心と前向きなパワーを見習いたいくらい。

大体こういう「一般市民が王子様に見初められて…」というストーリーでは、いきなり姫やら妃の座が用意されていたり、結局は王子が周りに「文句あるか!」と啖呵を切ってくっつく、というのが定番です。

それで周りからの妬み嫉みや批判に悩む…って展開になりがちですが、白雪はそれを自らの力だけで成し遂げたいというのだから、立派です。

そして気になる二人の恋愛について。

白雪の方はまだまだゼンに対して「友情」以上のものを感じていないようですが、ゼンは1巻から既に白雪を意識している感じがありますね。

というか、1巻ではお互いにまだハッキリと恋愛感情があるわけでもないのに、どう見ても付き合っているようにしか見えません(笑)

初めはタイトルの「白雪姫」も童話になぞらえただけのものだと思っていましたが、最終的には本当の意味で「姫」になっている白雪の姿が目に浮かぶ…!

 

2巻の感想:イザナ王子の真意とは

無事に宮廷薬剤師になった白雪だけど…イザナ王子の帰還でゼンとの関係に一波乱!?

見事宮廷薬剤師の見習いとなった白雪。

リュウとの話でも「ユラシグレ」の話が出てきましたが、これまでも白雪の髪色はたびたびこのユラシグレに例えられてきました

そしてリュウの「環境が合わなければ花を咲かせず毒になる」という発言…。

これはもしや、白雪の今後を暗喩しているのでしょうか?

1巻でも「赤髪が毒になる」という話をしていましたし、順調そうに見える二人ですが、今後何か波乱が起きる展開になるのかもしれません。

…なんて思っていたら、早速イザナ王子による一波乱がありそうですね。

イザナ王子は何て嫌なやつなんだとも思いましたが、白雪がどんな人物かというのは近しい人や読者目線だからわかることなんですよね…。

何も知らない人たちから見たら、ゼンもラジと変わらない「好奇心で赤髪の娘を近くに置く」としか見えないというのも、納得できることではあります。

白雪も自分の信念のもとに頑張ってはいますが、それでも周りから見ればただの「薬剤師見習い」でしかありません。

イザナ王子からの問いにハッキリと答えられなかったことからも、白雪自身、まだゼンと対等に並ぶには力不足であることを実感したのだと思います。

ゼンのほうも、周りからの信頼も厚くて優しく、それはそれで立派な事ではあるけれど、やはり国を治める王子としては感情に流されすぎなところがあるというのが、2巻では浮き彫りになりました。

白雪とゼン、お互いにイザナ王子から与えられたハードルをどうやって越えていくのかが気になります。

 

3巻の感想:ラジ再登場でまたもや波乱の展開に

白雪を追い出しやすくするために、ラジを城に呼んだイザナ。だけどラジの暴走はイザナの思惑の斜め上を行く!

3巻ではまさかのラジ王子再登場!

本当にアホなキャラだと思っていましたが、それは相変わらず。

「白雪はゼンの婚約者」なんて特大爆弾の投下には、ビックリを通り越してあきれてしまいました。

だけど今まで周りが甘やかしすぎていただけで、意外と根は素直なのが、憎めない所です。

白雪の言葉は心に響いたようで、帰る際の城への一礼は、きっと白雪に向けてなんでしょうね。

これを機に、一国の王子として立派な人間になってもらいたいです。

そしてやっと終わったイザナ王子のターン。

イザナ王子がゼンや白雪と接触するシーンは、なんか嫌なことが起こりそうで常にヒヤヒヤしてしまいます。

ゼンも白雪もまだ二人の関係についてハッキリとした答えは出せませんでしたが、ひとまず「どうありたいか」という道だけは明確になったように思います。

イザナ王子もきっと一人の「兄」の立場としては、別に白雪のことも嫌っているわけではないんだろうなと感じますね。

「困った子たちだ」とつぶやくシーンでは、その表情からも愛が感じられます…!

ただやはり次の王という立場からすると、人柄や感情だけですべてを受け入れるわけにはいかないということなんでしょう。

読者としては純粋にゼンと白雪を応援したい気持ちももちろんですが、イザナ王子の期待に応えてあげて!という気持ちも湧いてきました

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-マンガParkで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.