【無料で読める】黎明のアルカナ 感想・あらすじ【二つの国の未来を背負う赤い髪の王女の物語】藤間麗

黎明のアルカナ 1 (フラワーコミックス)

作者  藤間 麗
無料で読めるマンガアプリ マンガワン(ストアへ)
最新刊をチェック ⇒ amazonで探す

 

黒髪が王族の証である国で炎のように赤い髪を持って生まれた王女は、過去・現在・未来を視ることができる「刻のアルカナ」という力を持っていました。

彼女の過酷な運命の恋を描いた「黎明のアルカナ」。少女マンガらしいファンタジーの世界にどっぷり浸ってみませんか?

黎明のアルカナは、小学館の公式アプリ、マンガワンで無料で読む事ができます。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

黎明のアルカナのあらすじ

小さな島の二つの王国、北のセナンと南のベルクート。

両国とも王侯貴族は黒髪を誇りとし、獣の耳や角を持つものは亜人として蔑んでいます。

よく似たこの二つの国は、長いこと争い続けてきましたが、和平の証として、セナンの第一王女ナカバは隣国ベルクートの第二王子の妃として嫁ぐことになります。

しかし和平は一時しのぎにすぎないことを、ナカバも、そして婚姻相手である王子シーザもよくわかっていました。

ナカバの赤い髪は父親譲りのものですが、その父親から、彼女がもう一つ受け継いだものがありました。

それは「アルカナ」と呼ばれる特別な力――ベルクート国王グランの不遜を買ったために負傷した従者ロキの赤い血を目にしたナカバは、過去・現在・未来を見通す「刻のアルカナ」に目覚めたのです。

不遇な境遇と不思議な力を抱えた王女ナカバと、第二王子という立場によりどころを見失っている王子シーザ。その二人が背負う二つの王国の運命と恋の行方を描く「黎明のアルカナ」。単行本は全13巻です。

 

赤い髪のヒロイン・ナカバを巡る苦難

物語は、ナカバがベルクートの国民の前で、シーザの妃としてお披露目されるシーンから始まります。

ベルクートの民から見れば、関係の悪い隣国から人質として寄越されたも同然の姫君。しかもその髪は、王族の証の黒ではなく、炎のような赤い色です。

シーザがナカバの髪を掴んでくちづけを落としたことで場は収められますが、ナカバはその間も顔色を変えることなく、泰然、いいえ、諦観すら思わせる冷静さでやり過ごしました。

ナカバはセナン王家の姫だった母親が赤い髪の男性と駆け落ちして生まれた子でしたが、父親達一族はアルカナの能力を恐れるベルクート国主でシーザの父である王グランの討伐によって滅ぼされました。

自分の配偶者の父親が親の仇!!セナン王よくそんなところに孫娘を嫁に出したな!?一番冷淡なのは実はセナン王なんじゃないでしょうかね? 両親の死後、ロキがナカバをセナン城に連れて行ったのですが、孫娘を王城の塔に幽閉して育てたのもこの人だし。

そんな生い立ちのヒロイン・ナカバですが、ベルクートに来てからさらにアルカナの能力が現れたため、その苦難が一層増した気がします。

ナカバの持つ「刻のアルカナ」は、過去・現在・未来を視ることができますが、干渉することは出来ません。

そのため、ナカバは何度も苦い現実に直面します。死ぬとは思わなかった人の死に直面したり、死の運命が待つ二人のどちらを助けるかの選択を迫られたり……だんだんナカバのメンタルが心配になってきました。

 

ナカバを支える二人の男子~シーザとロキ~

そんなナカバを支えて奔走するのは、シーザとロキの二人です。

ベルクート王家の第二王子でナカバの政略結婚の相手であるシーザ。登場時は傲岸不遜傍若無人の乱暴者という印象が強いです。女の子の髪の毛をやたらと掴んで引っ張るの、よくない!

そんなシーザがナカバと交流することで少しずつ変わっていきます。

実はシーザにも、金の髪を持つ異母兄の第一王子カインがいて、自らは王位継承第二位にすぎないことに引け目を持っていた、という背景がありました。

シーザはナカバの強気な態度に隠されていた、年相応の少女らしい恐れや、赤い髪のせいで外の世界にほとんど触れることなく育った過去を知って、ナカバに優しさを示すようになっていきます。

一方のロキは、ナカバが物心つく前からそばにいた幼なじみで、黒い髪に狼の尾と耳を持つ亜人です。ナカバの両親が亡くなり、彼女を祖父である国王の下に連れて行った直後から彼女の従者を務めています。

しかし、王族の証ではない赤い髪の姫に亜人の従者という組み合わせは、セナンの王城内でも風当たりが強かったでしょうに、ナカバの祖父であったはずの王はなんのフォローもなしです。なお、セナン国の王位継承はナカバの従兄アデルが次期国王です。

セナンの城での生活ではロキも不遇な扱いを受けましたが、それでもナカバのそばで彼女を守り続けてきました。実はロキにも秘密があって――全部読み終わったあとにロキ視点で読み直すと、なんかこう、いろいろとアレです。

 

物語が進むにつれて加速していくシリアス度

物語の冒頭から、ナカバの髪色でざわつくベルクート国民の様子とか、ベルクート国王グランが参列する晩餐会で王が滅ぼした民族の伝統衣装を身に着けて出席するとか、比較的シリアスな展開が続きます。

「政略結婚でいやいや嫁いだ先の王子と思いもかけない大恋愛に!」となるには事情がいろいろありすぎるので仕方ないでしょうか。掲載誌が「Cheese!」なのでもうちょっと甘味成分多めかと思っていたらそうでもない。

二つの王国は、ベルクート第一王子カインの死によって流転をはじめます。

シーザの生母であるベルクート国王妃の謀略によってカイン王子暗殺の汚名を着せられたナカバはセナンに戻ることを余儀なくされ、シーザは新たな王位継承者としてベルクートに戻らなくてはなりません。

二人はそのまま運命に弄ばれるのでしょうか?あるいは運命を逆手にして抗うことが出来るでしょうか?

 

「黎明のアルカナ」の感想・ネタバレまとめ

この作品が発表された2009年には「花とゆめ」から「暁のヨナ」(連載中)が、先行する2006年から「LaLa DX」にて「赤髪の白雪姫」(完結済み)が掲載されています(どちらも「マンガPark」で無料公開中)。

  • 暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)
  • 赤髪の白雪姫 1 (花とゆめコミックス)

 

「赤い髪のヒロイン」の「ファンタジー作品」という共通要素がありますが、当然ながら話の雰囲気は全く違います。また、「地位の低い姫君が他国に嫁ぐ」というシチュエーションでは、後発の「それでも世界は美しい」(連載中、マンガParkで無料公開中)という作品があります。

それでも世界は美しい 1 (花とゆめコミックス)

 

「黎明のアルカナ」は、不思議な力とケモ耳しっぽの一族が登場する国家の勃興がテーマの異世界ファンタジーとして見ると、児童文学やライトノベルで名作に親しんだ方にとっては少し物足りないところもあるでしょう。

ただ、本作を含めたこれらの作品は、少女マンガのファンタジーらしい愛らしい絵柄で綴られる世界観と、ラブストーリーのドキドキ感を楽しみたい方におすすめです。「暁のヨナ」と「それでも世界は美しい」はアニメ化もされているので、そちらもチェックしてみては?

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

[PCad女性]
こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/