【無料で読める】デトロイト・メタル・シティ 感想【クラウザー様に抱腹絶倒】若杉公徳

12月 5, 2017

デトロイト・メタル・シティ 1 (ジェッツコミックス)

今回おすすめする漫画は、松山ケンイチさん主演で映画化もされたデスメタルバンドが活躍する「デトロイト・メタル・シティ」です。

夢のある若い人に読んでもらいたい、抱腹絶倒のギャグ漫画です。

なんとデトロイト・メタル・シティは白泉社の公式アプリ「マンガPark」で読む事ができますし、若杉先生の「KAPPEI」も無料で公開されていますよ。

作者  若松 公徳
無料で読めるマンガアプリ  マンガPark(ストアへ)
全巻チェック ⇒ amazonで見る

 

「デトロイト・メタル・シティ」のあらすじ

悪魔系デスメタルバンドのデトロイト・メタル・シティのギターボーカル、クラウザー2世は大分出身23歳の根岸宗一です。

本当は、デスメタルバンドなんて好きじゃなくて、カヒミカリィに憧れていてポップバンドで売れたいと思っています。

しかし、本人の思いと裏腹にデトロイト・メタル・シティは人気が出てクラウザー2世には信者がいるほどです。

しかし、ポップで勝負したい宗一は、最後の最後まであがきます。そして、デトロイト・メタル・シティを辞めてしまいます。さて、宗一は、ポップでも才能が開花されるのか?

 

デスメタルというより下ネタメタル

悪魔系デスメタルバンドというだけあって見た目が不気味でたまらない。

デーモン閣下のように設定を貫く姿勢には頭が下がります。

お母さんからの電話を「地獄の女帝からのテレフォン」とか言っちゃうクラウザー2世は笑わそうとしてるとしか思えなくて面白い。

恨みはらさでおくべきかなんて歌はデスメタルっぽいですが、優しい管理人シゲおじちゃんをオロロロ言わせちゃったり、警察をギターで殴ったり、相川さんにツバをかけたり数えきれない数々の暴力and下ネタメタルです。

ジャックとクラウザーで言い合う馬鹿馬鹿しさは、たまりませんでした。悪魔のギターを受け継ぐ事になったクラウザー、この人、ただものじゃないです。

ライブの躍動感は素晴らしいですね。

 

弟がデトロイトメタルシティのファン

久しぶりに田舎に帰ったら弟が自分のバンドのファンになっていて人生を踏み外しそうになっていた話、好きです。

元々お兄ちゃん大好きっ子だったわけなので、クラウザーとお兄ちゃんを無意識に重ねてみていたのだと思います。

弟に、クラウザー的教育をする兄。

お兄ちゃんの髪型を公然わいせつカットとし、牛をすべての生けるものを制してと世話を勧め、首をカットする時の応用と草刈りを勧め、乗り物ジャックに役立つとトラクターを勧め最後にはすべての学問を制するのが、帝王学と勉強の必要さを説く、さすがのカリスマ性です。

地獄からを四国からと聞き間違えるほのぼのとした母に育てられたからあのような純朴な宗一に育ったんですね。帰省の話はどれもほのぼのします。

 

妹の結婚式

宗一は、弟や妹が大好きです。

妹朋ちゃんの結婚相手がザキヤマに似ている所がツボです。

この旦那さんのおかげで東京で音楽をやれているくだりがこの馬鹿馬鹿しいギャグ漫画の中で稀にみるリアルさです。

そのあとすぐに馬鹿な展開に戻りますけど。懐深い妹の旦那さんや優しい妹の為の悪魔の祝辞は感動です

。最後は涙をみられたくなくて、デスメタルっぽく酒を頭からかけてごまかした所は泣けました。

しかし、2人に送った歌「墓場」は、デスメタルではあるものの結婚の真髄を説いていたようにも思いました。

やはり、クラウザー才能あります。

 

置かれた場所で咲きなさい

「デトロイト・メタル・シティ」の一番のテーマは、自分の意思に反して才能が開花していくという所にあります。

逆に言うと自分の夢では芽が出ないという事です。そういう事は誰にでもあると思いますが、クラウザーのように意に反していても才能が開花しているのは恵まれていると思います。

誰もが、自分は何に向いているのかわからないものですから。

しかし、恵まれている事に気づかず宗一は、自分の境地にもがくのです。迷走して大道芸人のマネをし出したりオーディションを受けたりしますが、すべて空回り。

運転すら下手くそでメタルしか才能がないのです。

日常でも反射的にクラウザーの血が騒ぐ事がしょっちゅうあるのだからデスメタルの才能を認めたらいいのに。

 

クラウザーにだんだん身も心も乗っ取られる宗一

宗一は、自分の事をよくわかっていないのです。

自分からみた自分は、ポップ好きでタバコも吸わない童貞で純朴な宗一ですが、他人からみた自分は悪魔のデスメタルのクラウザーなのです。

病気の子を励ましたり、ファンの様子をサイトでチェックし、伝説どおりに振る舞う、ファン思いな一面は、クラウザーでありながら宗一的優しさが垣間見られますが、クラウザーには、強烈な噂や伝説があります。

そのイメージを損なわないようにして来た故なのか、本性なのか、宗一の姿の時でさえ馬鹿にされると心からのデスメタルを発揮し、調子に乗ったり、根に持つ性格だったり。

一番ビックリしたのは、顔はイマイチでも性格は合うオシャレ女子にブスのシャワーを浴びさせた事。あの女子は女版宗一って感じでしたけどね。まあ、憎めないキャラクターですが。

 

わかる人にしかわからないローカルネタ

諦めが悪く地元大分でもストリートミュージシャンとして活動しようとする宗一。

夢の方向性は違うけど、音楽という畑は同じなのだからとりあえずデトロイト・メタル・シティに集中すればいいものを。

きっとこの悪あがきは大学の後輩、佐治くんがテトラポットメロンティーというポップミュージシャンになっていたからかも知れません。

佐治秀紀はカジヒデキがモデルとなっているというからビックリです。

大分から福岡に行こうとしてたのに、大分で認められずに犬飼まで下りながら歌うローカルネタにクスッと笑えました。

ゴッドに出会い同じ境遇であるとわかり、クラウザーは弱い僕自身ときづいてデトロイト・メタル・シティを辞めますが、そうじゃないんだ、考え直してと思いましたが辞めてみないとわからない事がありますからね。

 

フランス=オシャレと決めつけるオシャレじゃない宗一

この漫画にはデスメタルバンド以外にもオシャレ四天王というクリエイターが出てきます。

ロバート秋山はここからインスピレーションをもらいなりきりネタを作ったのかと思わせるキャラクター達です。

この「オシャレ」が裏テーマなのかなと思います。冴えない人ほど、個性やオシャレにこだわりを見せる、まさに宗一です。

音楽で認められようとオシャレなフランスに渡ります。大分で懲りなかったのかと不思議です。

恥ずかしいほどの前向きですし、デスメタルで自信つけちゃったんでしょうね。

宗一、根性だけはあります。さすが九州男児。音楽を無視されるより卵をぶつけられて喜びを感じる所は、普通と違う感性を持っていてやはり才能があるのかも知れないと思います。

しかし、早く卵拭こうよ。

 

宗一にはもったいな女性、相川さん

同じ大学の相川さん、最後は立派な編集者になりました。

クネクネしてる宗一のどこが良いと思っているのでしょうか?優しい所でしょうか。

意外にキレたら何をしでかすかわからない所が好きなのかも知れません。以外とMな相川さん。

相川さんに自分は、クラウザーだとカミングアウトしようとするシーンでは、大人のオモチャの店にいくのはやり過ぎだけど、受け入れてくれる相川さんに感動しました。

頭の中まで真のデスメタルになったのか、自分の他に好きな人がいると思うなんて、いやそう思って相川さんの事をあきらめてクラウザーとして生きて行こうと決めたのでしょう。

 

「デトロイト・メタル・シティ」の感想

クラウザーのやり過ぎ感にはスカっとしました。

映画化になるほどの人気作、馬鹿馬鹿しい中に考えさせられる何かがあります。

夢追い人なら共感できる漫画だと思います。

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/