デブキャバ|太ったキャバ嬢が作り上げたナンバーワン伝説

「デブキャバ」のあらすじ・ストーリー

群馬県太田市にある場末のキャバクラ「ミラージュ」。

そこでずっとナンバーワンに君臨していたのが、主人公・橘恭子。

恭子は様々な男たちを手玉に取りナンバーワンの座を欲しいままにしていましたが、どこか冷めているところがありました。

そんな恭子が人気絶頂の真っ只中、なんと結婚をして引退するというのです。

多くの声に惜しまれながら店を後にし、彼女は幸せに暮らしていたはずだったのですが…。

引退から10年後のある日、ミラージュにかなり太った女性が面接に現れました。

なんとその正体は、体重が25kgも増えて、かつての面影を完全になくした恭子!

こうして恭子は「デブキャバ」としての新しい伝説の幕を上げたのです。

 

ピッコマで無料公開中

ピッコマ

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

 

「デブキャバ」の感想

見た目だけではない恭子の魅力

かつてナンバーワンに君臨していたころの恭子は、キャバ嬢としてその美貌や客のあしらいは一流でしたが、どこか心がこもっていない冷たい感じがしていました。

たぶん、その性格のまま太ってしまっていたら、ナンバーワンどころかキャバ嬢に戻ることすらできなかったんじゃないかな、と思います。

しかし10年の時を経て復帰した恭子は、見た目のみならず性格も「別人か?」と思うほど丸くなりましたね。

ただお金を落としてもらうのではなくて、キャバクラに来た人に楽しんでもらいたい、という気持ちがとても伝わってきます。

ナンバーワンキャバ嬢というのは、決して店で一番きれいな(可愛い)人ではない、と言わるのも納得です。

以前の細く美しい恭子よりも、太っていても明るく朗らかな今の恭子の方が、断然魅力的

感想をもっと見る

リアルに感じる愛花の暮らし

恭子についてのストーリーは、太ったけれどナンバーワンに再び返り咲く!という流れなので、夢があってある意味ファンタジックにも感じるのですが…。

愛花に関しては、なんかもうリアルで痛々しくて見ていられない…という気持ちが強いです。

恭子がいない間のナンバーワンとは言え、もう年齢を重ねて若い子にはこれから追い越され、結婚も出来ずにホストに貢いで、客にも騙され…。

「あんたは幸せでいいわね!」と、恭子に八つ当たりしている姿がなんとも言えずリアルに感じてしまいました。

実際のところ、恭子のように辛くてもニコニコして前向きに~なんて、現実じゃあんまりないと思うんですよね。

上手くいかないことを人のせいにして、八つ当たりして、妬み嫉みにまみれてこそ人間、と思います。

 

結婚後の恭子の10年

悲しいことに夫は死んでしまったけれど、それまでの10年で恭子が得たものはかけがえのないものばかりです。

娘を授かり、いつもニコニコ暖かい家庭を築いていたんだろうな…というのが、手に取るようにわかります。

悲しみを背負っていても、そういう幸せな体験がにじみ出ているんですよね。

そこまで恭子を変えた旦那さん、一体どんな人だったのかとても気になります。

きっと見た目に惑わされず、太ってしまった恭子ですら変わらず愛し続けてくれるような、そんな愛情の深い人だったんだろうなぁと。

恭子にとって、彼と過ごした10年間は、大きな財産となったはずです。

 

「デブキャバ」が好きな人には、マンガZEROで無料で読める「ヤンキャバウォーズ」がおすすめ

「ヤンキャバウォーズ」は、元ヤンギャルがナンバーワンキャバ嬢を目指して奮闘する物語です。

主人公の白鳥美羽は、渋谷最強のヤンキーとしてその名を馳せていましたが、高校卒業後の進路は決まらないまま…。

そんな時、街でキャバ嬢に喧嘩を売って返り討ちにされてしまいます。

そのキャバ嬢の正体は、なんと伝説の元ヤン!

彼女を越えてナンバーワンキャバ嬢になるために、日々奮闘する美羽たちの姿を描いたストーリー

「ヤンキャバウォーズ」はマンガZEROで無料で読めます。

マンガZero 

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

 

「デブキャバ」の感想・ネタバレまとめ

キャバクラでナンバーワンを目指す漫画は数あれど、デブキャバを題材とした漫画は他にありません。

キャバ嬢は見た目ではないとはいえ、大抵主人公になるのはそれなりに可愛かったり綺麗だったりする人達ですから。

見た目に難ありなキャバ嬢が、どうやってナンバーワンに返り咲くのか?そんな異色のストーリーが気になる人に、ぜひ読んでもらいたいです。