【無料で読める】フルーツバスケット 感想【温かく深い不思議な物語】高屋奈月

12月 5, 2017

フルーツバスケット 1 (花とゆめコミックス)

読み返すたびに涙を流す人が続出!

長い物語であるがゆえ、色々な事を考えさせる高屋奈月先生作「フルーツバスケット」。

ファンの多いこの作品は、完結しても今なお愛され続けています。今回はこちらの作品の見所と魅力を伝えさせて頂きます。

フルーツバスケットは、「マンガPark」で連載されています。また続編にあたる「フルーツバスケット another」も無料で読む事が出来ます

作者  高屋 奈月
無料で読めるマンガアプリ  マンガPark(ストアへ)
全巻チェック ⇒ amazonで見る

 

【あらすじ】奇妙な呪いを綺麗な心の女子高生が解いて行く、ちょっと不思議な物語

本田透は訳あってテント暮らしをしている、天然でドジだけれど心の優しい女子高生。

不運な境遇ながらも明るく前向きに生きています。

そんな彼女はひょんな事から名家・草摩家に居候させてもらう事になりましたが、その草摩家の人々はある「呪い」をかけられている事を知りました。

それは「十二支の呪い」で、異性に抱きつかれるとその動物に変身してしまうというもの。

純真な心の持ち主である透はその者達の呪いを解くため、ひたむきに奇妙な呪いと向き合って行くのでした。

不思議だけれど温かく、涙がこぼれる感動ファンタジー!

 

登場人物全てが辛い何かを背負っている

最初のほうはかなりギャグが多く絵柄も多少古いため、ドタバタなラブコメかな?と思う人が多いでしょう…。私もそう思っていました。

が、しかし!最後まで読むと、最初からこんなにも伏線が張ってあったのか…と驚く事間違い無し。

初期のテンポよく進むストーリーをさらりと読んでしまうと、あとあと後悔します。

これは最初からじっくりと読むべき作品です!

難点はとにかく登場人物が多い事。

名前の読み方も難しいので初見では覚えられなかったです(笑)

けれど一人一人のバックボーンがしっかりとページ数を割いて描かれているので、どのキャラにも感情移入がしやすいのが特徴的。

こんな脇役の人まで!?というくらい、みんな何かを背負って生きています。

かなり奇妙な「呪い」というテーマではありますが、それによって彼らはどのように虐げられ、それでも生きてきたのか。

自分はなんのために産まれて来たのか。周りはどう受け入れてあげるべきなのか。そんな深いところを突いてくる作品であります!

もうちょっと詳しくネタバレを見る

 

カップル成功率が高いのでハッピーになれる

登場人物が多ければ、自然と多くなる恋愛の要素。

先に書いたようにそれぞれに感情移入が出来るので、みんなに幸せになって欲しいと思うのがこの「フルバ」読者の性でしょう!

それに応えるようにこの作品のカップル成功率は高め。

こことここがくっつくのかー!という驚きもありつつ、最終的には良かったね!と思えるハッピーエンドになるがとても心地良く、スッキリとした気持ちになりました。

最近のラブコメはラストで裏切られたり、ちょっと切なくなったりするものが多く見受けられるので、やはり漫画はハッピーに読みたい!という方にはおススメです。

とはいえ中には意中の相手とうまくいなかったキャラもいるので、そのあたりは少々切ないかもしれません。

でも、そんな切ない「どう足掻いてもうまく行かない恋もある」という所もまた、この作品の恋愛要素における魅力的部分だと思います!

 

作品の題名「フルーツバスケット」の意味も深い!

そもそもこの作品の題名である「フルーツバスケット」というのは、子供たちの間で昔から親しまれているゲームの名前。

それぞれに役(フルーツの名前)を付けて、鬼に呼ばれたフルーツ達が椅子取りゲームを始めるという簡単なものですよね。

しかしこのゲームは時として、透が体験したように一人だけ違うもの(透の場合はおにぎりであった)の役を当てられ、鬼となった者は一切それを呼ばない…という、極めて残酷ないじめに繋がる場合もあります。

要はみんなの目の前で行われる「仲間はずれ」ですね。

こちらの作品は簡単に言ってしまえば普通の人間の透が、草摩家の奇妙な呪いなどのゴタゴタに巻き込まれる…というストーリーであって、彼らの中で言えば一人だけ「仲間はずれ」です。

でも、彼女は仲間はずれというより「呪いをかけられ気持ちが荒んだ十二支の者達の中で、唯一綺麗な心を持った特異な人間」という意味で捉えると、

この「フルーツバスケット」という題名を付けた高屋先生はとてもセンスがありますよね!

じっくりと読む事により、何故この深く長い物語がちょっと子供っぽい題名になったのか…が理解出来ました!

 

似ている作品は「ふしぎ遊戯」

ファンタジーながら、ギャグ、ラブコメ、感動といった要素がたっぷりと詰め込まれているこの「フルバ」は、渡瀬悠宇先生作「ふしぎ遊戯」に似ていると思いました。

ふしぎ遊戯(1) (フラワーコミックス)

 

両作品とも1990年代後半~2000年代前半にかけてのもので「ONE PIECE」や「新世紀エヴァンゲリオン」のような「仲間や絆」をテーマにした作品が多く発表された時期ですね。

この頃は名作が多く産まれた年代とも言えるでしょう。

「フルバ」「ふしぎ遊戯」は多くのキャラの登場や、続編もあり長く続く壮大なストーリーという点においても同じで、特に女性に大人気があります。

ただ「ふしぎ遊戯」は戦いのシーンが多く、また死んでしまうキャラもいて悲しい涙を流す事が多々あります

それとは反対に「フルバ」は悲しいというより、感動といった涙を流す事のほうが多い

なのでファンタジーものを読みたくて、ほんわかした世界に浸りたい時は「フルバ」、物語に波があり動きのある物語を読みたい時は「ふしぎ遊戯」というように、気分によって読み分けると各々の作品の良さが際立ち、楽しめると思います。

更に、最近の作品でいえば「神様はじめました」も同じようなファンタジーもので、伏線が多々あり後半の回収では本当にスッキリするのでおススメ!

神様はじめました 1 (花とゆめコミックス)

 

この三作品はイケメンや美女がたくさん出て来るのも魅力的なので、綺麗な絵柄が好きな方もぜひ読み比べてみてください!

 

「フルーツバスケット」の感想まとめ

以上「フルーツバスケット」の魅力をお伝えして来ましたが、こんな方々におススメです!

  • ほんわかした気持ちになりたい方
  • 感動ものを読みたい方
  • じっくりと読みたい方
  • 一癖あるファンタジーが好きな方
  • イケメンや美女が出て来る漫画が好きな方

色々な要素が詰め込まれた深い作品なので女性はもちろんの事、男性も楽しめる作品です。たくさん出て来るキャラ達一人一人を考察するのも楽しい!

草摩家を襲った呪いとはなんなのか?どうしたら解けるのか?

天然ドジだけれど根っから優しくて良い子な透に、あなたも癒されるはず!時間がある時にじっくり読んで頂きたい作品です。

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/