ギフト±|命の大切さ、有難さを重視した臓器売買のお話し

ギフト± 1

女子高校生ですが、臓器摘出のプロで悲しい少女、環を描いた「ギフト±」は、マンガBangで無料で読む事ができます。

マンガBang

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

 

「ギフト±」のあらすじ・ストーリー

主人公は鈴原環という女子高校生。

環の母親はプティシャトンという児童売春クラブで売られていたところ、秋光正(秋光家当主)に買われます。

その正との子供が環。そして、環が生まれた直後、母親は亡くなっています。

環は子供の頃心臓の英医院という病院で手術をした経験があり、その時に出会った先生が英琢磨先生。

環は琢磨先生に解体の仕方を教えてもらい、今現在は、臓器摘出をしタカシの臓器売買の手伝いをしています。

タカシの本名は秋光崇といい、極秋会病院を経営する2代目の当主の次男。

裏では臓器売買のグループを取り仕切る役割をしており、組織を運営するお金や人脈を沢山持っていて、その業界でタカシの名を知らないものはいないというくらいの実力の持ち主。

タカシが「鯨」(臓器を抜くターゲット)を探し、環が臓器を摘出する実行者という役割です。

(出典:ギフト1巻)

 

臓器摘出を教えてくれた琢磨先生に会いたいと思う環や、琢磨先生に会ったら自分の元からいなくなってしまう。

独占できなくなると思い怒りを表すタカシと、環の手術後に英医院を放火し指名手配をされつつ、裏でタカシの臓器売買の手助けをしている琢磨先生や他の臓器売買のグループ、英医院の事件や昔あったプティシャトンという児童売春クラブ事件を追う警察など、人間の欲望や愛情の描かれた作品となっています。

マンガBang

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

 

2ページ目でギフトの感想、ネタバレについては2ページ目で詳しく書いています。