「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」を無料で読めるアプリはマンガZERO!あらすじ・感想も紹介【母親を亡くした悲しい気持ちが描かれた自伝エッセイ漫画】

投稿日:

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (バンチコミックス)

今回紹介するのはマンガZEROで読める、「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」だよ!

無料で読みやすい「マンガZERO

 

「僕は遺骨を食べたいと思った。」は、「自分の母親だけは、絶対に死なないと思いこんでいた…」母親が癌に罹り闘病生活を送り、葬儀をし、またいつもの生活に戻った時の作者の気持ちが描かれた自伝エッセイ漫画です。

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のあらすじ

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。は身内を亡くしてから初めて気付くもの悲しさやありがたみが描いてある自伝エッセイ漫画だよ!

ずっと自分の母親だけは死なないと思いこんでいた。そんな主人公でしたが、母親が胃癌と告知された時、入院し闘病生活を送っていた時、母親の葬儀を行った時、そしてまたいつもの日常が戻ってきた時。

様々な場面で、常にそばにいた母親がいなくなってしまったと実感がしていき、悲しいような、心にぽっかりと穴が開いてしまったような。そんな主人公の様子や気持ちが描かれています。

身内を亡くした人が共感しやすい漫画、それが母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。という自伝エッセイ漫画です。

 

【身内が亡くなったこの悲しみ、絶望の気持ちがとても細やかに描かれている】

身内が亡くなった時の気持ちに共感したよ!

私も父親を癌で亡くしていますが、その時の光景が今でも思い出せるような、そんな懐かしい気持ちや寂しさ、悲しさを思い出してしまう漫画です。

作者のお母さんと同じよう癌と診断され、闘病生活の末に父親は亡くなりましたが、亡くなった直後は作者と同じよう現実味がなく、すぐにでもひょっこりと顔を出してきそう、そんな思いが私にもありました。

葬儀後、いつもの日常がまた戻ってきた時のあのもの悲しさや、身内の死の実感のわきかたなどが本当に作者と同じ気持ちになったことから、とても親近感が持てました。「あぁ、私もこんな風に思い泣いた時もあったな」と思いだすことが多く、久しぶりに父親の思い出に浸れた気がしました。

 

【あるあるネタが満載】

思わず「あるある」とつぶやいちゃったよ!

日常で、ふと亡くなった人のことを思い出す場面があるあるでついつい笑ってしまう面もありました。亡くなった人の字を見た時、好きだった番組を見ている時、外出時に何気なく通っていたお店の思い出などあるあるネタが多くて驚きました。

一番共感したのが「亡くなった人の連絡先が消せない」ということですね。私も未だに消せなくて残してあります。見るたびに何度も消そう消そうと思いましたが、結局消せない。

そういう気持ちがとてもよくわかりました。自伝エッセイなのでそうなんですが、本当にお母さんを亡くした方なんだな。とよくわかる漫画ですね。少しずつ母親の死から立ち直っていく姿を見て、私もそろそろ前を向かないといけないな。という気持ちにもなれました。

 

【僕は遺骨を食べたいと思った】

家族のありがたさを改めて感じたよ!

これも実は私もそう思いましたね。上手くは言えないですが、亡くなった人のすべてを大事に取って起きたいという気持ちがわかりますね。最初この漫画のタイトルを読んだとき「えっ!?」と思いました。

でも読んでいくうちに作者の母親への愛がとても溢れていて涙が何回もこぼれました。親はいつも元気でいつも笑っていて自分の味方をしてくれると思いこんでしまいがちですよね。

実はそれはとても有り難いことだと亡くして初めて気づいた。というのは本当に共感できました。そして、同時に身内に限らず、家族、恋人、友達と過ごす一日を大事にしようとあらためて思いました。

 

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」が好きな人は「墓守とリボン」もオススメ

身内を亡くした悲しみがしっかりと描かれているところが似ているよ!

身内の死によって悲しみや残された人の日常のぽっかり空いた穴を描いている「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」ですが、「墓守とリボン」も主人公の女の子が父親の死を悔いている漫画なので、残された人の気持ちがよくわかる作品です。

墓守とリボン

 

最後に会った時にもっと違う言葉をかけてあげればよかった。と後悔しているところが共通点ですね。「墓守とリボン」は「マンガワン」で無料で読むことができます。

アプリを無料ダウンロード

ストアでレビューを見る

 

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の感想・ネタバレまとめ

共感できる部分が多いから、身内を亡くした方にオススメ!

やはり共感できる部分が多いため、身内を亡くした方に読んでほしい作品です。あの時の悲しみ、後悔、そして死を受け入れ乗り越え、前を向くという最後までしっかりと描かれた漫画です。涙あり笑いありと読んでいる人の気持ちを動かすのがとても上手な作品です。

最終回までしっかりとまとめられていて、かつ、一話完結のお話しなので、サクサクと読めます。読む時にはハンカチやタオルを片手に持って一人で室内で読むことをオススメします。

 

本記事で紹介したマンガ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-マンガZEROで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.