ハピネス|惡の華とは打って変わったダークな世界観

「ハピネス」のあらすじ・ストーリー

(出典:ハピネス1巻)

岡崎くんは、クラスの中でパシリ扱いされている高校生。

そんな彼がある日の夜にビデオを返しに行っているとき、突然謎の女の子に襲われ、首元を咬まれて、血を吸われてしまう。

血を吸われた後、岡崎くんは彼女に尋ねられる。

「死にたい?、それとも同じになる?」と。 人間から、血を求めるバンパイアへ。

人の血を求める岡崎くんが葛藤と共に生きる亜人ファンタジーです。

 

マガジンポケットで無料公開中

マガジンポケット

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

 

ハピネスの感想と評価

吸血鬼の女の子がめちゃくちゃ可愛い

まず、これから書くのはどうかと思うんですけど、岡崎くんの血を吸った女の子(1巻表紙のキャラ)がとてもかわいいんです。

個人的な好みでいうと、押見さんの過去作品の女の子の中で一番イイ。 とはいえ、まだまだ謎が多いのがこの女の子。

1巻では、残念ながら岡崎くんを襲うシーンでしか登場していません。

感想をもっと見る

いじめられっ子岡崎くんパワーアップ

血を吸われた岡崎くんは、バンパイアの仲間入りをすることで、パワーアップしているようです。

どの程度かはわかりませんが、少なくともジャンプ力は人を飛び越えるほど。

今後、アクション方向に物語が進むのであれば、こういった「人間とバンパイアの違い」について、注目していきたいところです。

 

岡崎君の葛藤

岡崎くんはバンパイアになったことで昼の活動が辛くなっている一方、夜に気分が高揚するようになりました。

それだけではなく、バンパイアとして人の血を吸いたいという欲求を抱えています

人間の血を吸わないようにどうやって耐えていくのか。それとも耐えて、ずっと葛藤し続けるのか。

同級生として登場する五所さんあたりは「いいよ、吸って」的な展開になりそうですけどね。

加えて1巻では話には出てきませんでしたが、バンパイアは不死のイメージがあります。

最初に登場するバンパイアの女の子が「死にたい」と「同じになる」と等列にして質問してきたのは、バンパイアでいる苦しみは死と同義だからなんじゃないかと勝手に妄想してるんですけど、どうなんでしょうか・・・

 

「ハピネス」の感想・ネタバレまとめ

最初にも述べた通り、「ハピネス」は押見さんっぽくない作品。でも、押見さんの作るマンガはやっぱり面白い。

これから、アクションに振り切った方向にいくのか、それとも、バンパイアとして、血を吸う葛藤と戦う話になるのか。

進撃の巨人が掲載されている別冊マガジンということで、読者層の事を考えると、アクションになる可能性もありますよね。なんにせよ、2巻が楽しみ。

そういえば、この作品、「東京喰種」にめちゃくちゃ似てる描写がいくつかあります

例えば、喉が渇いて水を飲むシーンとか、血につられるシーン、そして1巻の中だけでも、二回ほど出てくるコーヒーのシーン(正確には1回はカフェオレ)など。

そもそも主人公自体が、東京喰種の主人公「金木研」に似すぎじゃないかとも思うんですが、だからこそ東京喰種が好きな人に、読んでみてほしいオススメな作品です。

 

2巻以降の感想は2ページ目で書いてるよ。