【無料で読める】火の鳥 感想・ネタバレ 【人間らしさや幸福論を考えさせられる名作】手塚治虫

更新日:

 火の鳥 1

作者手塚 治虫
最新刊12巻(完結)
無料で読めるアプリマンガワン(アプリストア)

 

今回、紹介するのは「火の鳥」です。

手塚治虫先生のライフワークと言っても過言ではない代表作の一つであり、 不死鳥である火の鳥を巡る人びとのドラマが描かれています。

火の鳥は、小学館の公式アプリ「マンガワン」で、無料公開されています。

アプリを無料ダウンロード

ストアでレビューを見る

「火の鳥」のあらすじ

「その鳥の生き血を絞って飲んだ者は、永遠の命を手に入れ、不死身になることができる」。 その伝説を知り、火の鳥(不死鳥)を手に入れようと奮闘する人間たちのドラマ。

人間の生々しい感情を描いた物語集です。

神話の世界や、逆に未来の話など、様々な時代が舞台となっており、 それぞれが別個のストーリーとして完結しているため、どの編から読んでも楽しめます。

火の鳥の生き血を手に入れたい理由は、人によってさまざまですが、 生き血に対する執着を通して、いつの時代も変わらぬ、人間の欲望や愛情などの剥き出しの感情が、リアルに描かれています。

火の鳥の言葉

自分の生き血を狙ってやって来た人間に対して、火の鳥は語りかけてきます。

「何が望みなの? 死なない力? それとも、生きる幸福? 人間の寿命は、虫と比べればずっと長い。 その寿命のなかで、生きる幸福を見つけられたら、それが幸せじゃないの」と。 ハッとさせられる言葉です。

これこそが火の鳥の主題であり、ともすれば私たち人間が見失いがちな「幸福論」だと思います。 この漫画が描かれたのはかなり昔(初連載は1954年!)なのに、 火の鳥の明確な主題は、現代にも通じる普遍的なもの。

時代を越えても色褪せない、鮮烈なメッセージを伝えてくるのです。

人間の愛憎劇

火の鳥の見どころは、何といっても、 人間の持つ、欲望などの醜悪な感情や、 反対に他者への愛などの美しい感情を、ストレートに描いている点です。

自らの老いを嘆き、昔の若さや美しさを取り戻したい。永遠の命がほしい。 そのためならば、誰を殺そうが、それこそ肉親を裏切ろうが構わない、という女の姿があります。

はたまた、肉親や愛する者を救うために火の鳥を探し、己の命すら投げ打つ覚悟で挑んでいく男の姿があります。

火の鳥は、様々な時代が舞台になり、色々な立場の人間が登場しますが、 どの姿も、みっともないほど真っ直ぐで、身につまされる思いがします。

こういう丸裸の感情、人間の本質というのは、いつの時代も変わらないんだなあと思わされます。

心を打つ名言の数々

火の鳥自身が放つ言葉をはじめ、この作品にはたくさんの名言が溢れ出します。

この、人間の真理を突く言葉たちが、今もなお読み続けられる所以だと思います。 たとえば、「未来編」で語られる言葉。

「今度の人類こそ、過ちに気がつき、命を正しく使えるはずだ」 これは、まさしく現在の私たちに語りかけられている言葉ですよね。

未来からの問いかけ。未来からの願い。 過ちを繰り返し、生まれては死ぬを繰り返している人類がテーマになっている「未来編」。

この物語が突きつけてくるメッセージは、強烈に胸に刺さります。 それから、この作品の主題を端的に表した名言が、胸に響きます。

「死なないことが幸せではない。自分の生きがいを見つけることが幸せなんだ」 幸福とは何か。 どの編でも変わらず、根底に流れているのは、「幸福とは何か」という問いかけに対する「答え」です。

火の鳥という作品は、 「自分なりの幸せ・自分なりの生きがいを見つけることこそが、人生の幸福なのだ」 という、強いメッセージを送り続けているのです。

散りばめられるギャグ

幸福論、そして人間の滅びと再生(輪廻転生)。 このような壮大なテーマを持っている作品なのですが、 随所に唐突で大胆、かつ流れるようなギャグが挟み込まれています。

五つ子が登場するシーンでは、おそ松くんが出てきて、「僕らは六つ子だよ!」とか言ってみたり、 漫画のコマ割りを壁か柱に見立てて、キャラクターがドーン!とぶつかっていたり。

はたまた、手塚治虫先生自らが登場してみたり。 ダジャレなどの小さなギャグとか、ツッコミたくなるもの(古代人なのに、アイスなどのカタカナ英語を話してたりとか)を含めれば、 かなりの頻度で、唐突にギャグが入り込んでくるのです。

すごいと思うのは、突飛なギャグを、シリアスなシーンでも気にせずにぶっ込んでくるのに、話の流れ自体は乱れないこと。

ギャグはその1コマ(あるいはその1ページ)で見事に完結し、次のシーンに影響しないように出来ています。

一つ一つのギャグだけを見れば、多少スベってる?と思うときもありますが(笑)、 ギャグそのものを見るよりも、ギャグが入り込んできたタイミングとか、ストーリーの流れ自体を楽しむ感じが良いと思います。

「火の鳥」の感想・ネタバレまとめ

人間の幸せとは何か。 そして、人類の生命と死、いわゆる輪廻転生を描いた、強いメッセージ性のある作品です。

火の鳥という作品は、幾つかの編に分かれ、それぞれが独立した物語ではあるのですが、 実は「未来編」から古代の「黎明編」に繋がってきたりと、根底では一連の流れを持っている物語集なのです。

これこそが輪廻転生を表現しているとも言えます。

壮大なテーマを抱えていますし、難しい場面もありますが、 強烈なメッセージを持って描かれた「人間らしさ」や「幸福論」を、 沢山の人に感じて、考えてほしいと思います。

(古い漫画だから)とか、 (アニメは知ってるけど…)と、 今まで原作を敬遠していた人や、特に若い世代には、ぜひ読んでもらいたいです。

現代にもしっかりと通じる物語だし、幾つかの名言はむしろ、現代だからこそキラリと光るものがあるのです。

手塚治虫先生の作品は他にもマンガワンで公開中

マンガの神様、手塚治虫先生の作品、「ブラックジャック」、「どろろ」、「きりひと賛歌」などたくさんの作品が無料で公開されています。

  • ブラック・ジャック (1) (少年チャンピオン・コミックス)
  • どろろ 1
  • きりひと讃歌 1

 

個人的には、どろろが特に面白い作品だと思います。ぜひ読んでみて下さい。

アプリを無料ダウンロード

ストアでレビューを見る

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-マンガワンで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.