日本の歴史が学べて着物が美しいおすすめの少女漫画5選

更新日:

さくらん (イブニングコミックス)

日本の歴史や文化が学べて、見目麗しい着物姿が満載の少女漫画5選です。

平安時代から鎌倉時代、江戸時代など、時代は変わっても華やかな女性の着物姿に、惚れ惚れと魅了されてしまいます。

 

「あさきゆめみし」大和和紀

源氏物語を題材にした、超有名作品です。

とにかく、絵や描写が美しくて、うっとりしてしまいます。一部、原作とは違ったピソードが書かれている場面もありますが、ほとんどが原作に忠実に再現されているので、歴史の勉強にも最適です。

学生時代に「あさきゆめみし」で“源氏物語”を勉強した方も多いのではないでしょうか?

多分、平安時代の服装や髪形等は、みんな殆ど変わらない筈なのに、キッチリとキャラクター分けされているのは、さすがの一言につきます。

ただし、ストーリーが忠実に再現されている分、正直、少し物足りなさを感じてしまうのが残念なところです。

もう少し、フィクションの要素やオリジナルの登場人物などが居たりすると、もっとドラマチックにお話が進むと思いますが、そういう展開はありません。

逆に言えば、“源氏物語”は不滅のベストセラー小説なので、今読んでみても失敗はない手堅い内容とも言えます。

なので、やはり光源氏が活躍する、前半部分の方が断然面白いです。中でも特に有名な、紫の上との出会いから一緒になるまでのエピソードは秀逸です。

ただし、あんな小さな女の子に興味を頂いていた光源氏は、ちょっと今を思えば危ない人かも…?とも、思ってしまったりしますが(笑)

 

「なんて素敵にジャパネスク」山内直美

氷室冴子先生原作のコミック版。原作は、少女小説のバイブルとも言えるコバルト文庫で発刊されて、大人気作品でした。

時は平安時代、身分の高い右大臣の惣領姫である“瑠璃姫”の活躍と恋を描く、波乱万丈ストーリーです。

とにかく、この“瑠璃姫”がとても魅力的なキャラクターなのです。

名家出身で、いわゆる深窓の姫君にも関わらず、活発で奔放な上に、情にもろく我が強い(笑)。

帝に求婚されても、大勢の妻を娶ることになるだろう事に不満を抱いて拒み続ける様子は、当時の姫としては異例であり異端で、よって変わり者の姫と呼ばれてしまったりもします。

しかし、至ってそれでも当人はあまり気にせず、初恋の君を常に想ったり、結局は幼馴染の“高彬”と結婚したりする姿は、とても共感できます。

また、描かれる“瑠璃姫”は、決して美人という訳ではなく、容姿はいたって平凡らしいのですが、とにかく周りは魅力あふれる公達が大勢登場して、モテモテです(笑)

最高権力者である“帝”から、幼馴染で有能かつ将来有望な公達“高彬”、そして初恋の君であり美貌の僧侶である“吉野の君”等などです。平安時代でも、こんなに色んな出来事が起きたりしたら、本当に飽きないだろうな~と思わせる、作品です。

本編以外に、“瑠璃姫”の結婚後の様子を描く「人妻編」も同様に面白いので、読みごたえのある長編作品となっています。

氷室先生が亡くなってしまったのが、本当に残念です。是非、続きを書いて欲しかったな~としみじみ思わせるような、魅力あふれる作品に違いありません。

 

「ざ・ちぇんじ」山内直美

「なんて素敵にジャパネスク」と同様に、氷室冴子先生原作のコミック版。平安時代のエピソードとして有名な“とりかえばや物語”をベースにしています。いわゆる、男女逆転のお話で、双子である“綺羅姫”と“綺羅君”が主人公です。

女性でありながら公達と偽って、元服の後に宮中まで出仕する“綺羅君”。女性でありながら、活発かつ武芸にも秀で、幼少の頃から自らが好んで男子の姿を纏います。まあ、その姿は、本当に惚れ惚れとしてしまうのですが、驚きなのは、なんと出仕するだけの留まらず、結婚までしてしまうこと。

周りも、さすがに婚姻までするとは思ってもおらずビックリ仰天でしたが、それは、本人がかなり初心だったりすることが原因で、閨の事や子供がどうしたら生まれるのか分かっていないから故の、純粋培養による性格だったりします。

でも、もちろん、そのままで済む訳もなく(笑)、出仕する中で色々な出来事に遭遇し、結局は、初恋であり運命の相手でもある相手が、遅まきながら“帝”であると自覚をして、最後には“綺羅姫”と入れ替わります。

一方の男子である“綺羅姫”は、帝に請われて断り切れずに、尚侍として後宮に入ります。姉と違ってとても美しい容姿にも関わらず、とても病弱です。また、人と争うのが苦手な性格から、後宮に入っても、とにかく内気で人見知り。

事ある毎に、後宮から退出しようとする為、女御を筆頭とする他の女性に意地悪されることもなく、案外、上手に後宮で過ごす日々だったりします。

どちかかというと、男子である“綺羅姫”よりも、女子である“綺羅君”の方が、メインのストーリー展開です。

女子だけれど、男子である“綺羅君”に恋心を抱いてしまう、イケメン同僚の“宰相中将”や身近に置きたくて堪らず、“綺羅姫”に嫉妬してしまう“主上”とのやり取りは、BL要素的な、耽美な雰囲気も十分に漂っていたりしまして、とても美味しい作品となっています。

 

「後宮」海野つなみ

このお話は、平安時代ではなく鎌倉時代のお話です。鎌倉時代に書かれた女流日誌“とはずがたり”がベースになっています。

平安時代に比べると、ちょっぴり地味な感じはありますが、後宮自体にはあまり変化がないように思われます。相変わらず、家柄や身分や権力が全てという図式です(笑)

主人公の“二条”は、亡くなった母親が、後深草院(御所様)の乳母…というか、閨の指南役をしていた縁から、御所で幼い頃から過ごしています。で、将来を誓い合った年上の幼馴染がいたにも関わらず、裳着を済ませ、女官として出仕したと思ったら、伴ば無理矢理、騙まし討ちのように、御所様に結ばれてしまうのです。

まあ、ありがちなストーリーと言えば、それまでなのですが、意外と“二条”が俗っぽい性格だったりするのが、ちょっと新鮮です。他の女房や女御と張り合う姿を見せたり、衣装など見た目にこだわる様子などは、他の女子の目や立場を気にしたりする、現代女性とあんまり変わらないように思えます。ある意味、ちょっと共感できるかも?と思ったりもするのです。

結局、最後には尼になってしまったりして、幸せな終わり方ではないし、どうにも絵にも特徴があって、好き嫌いの好みがハッキリ分かれてしまう作品かも知れません。

お話自体は、十分に要素が濃くて、読みごたえのある内容になっているので、おススメです。

 

「さくらん」安野モヨコ

江戸時代、吉原で育った“きよ葉”が、花魁に成長(成り上がる)までのストーリーです。

少女漫画でもよく題材に取り上げらえる“花魁”のお話です。とにかく“きよ葉”が花魁らしくなく、美人だけれど口は悪いし、態度が悪くて折檻されたり等、花魁らしくないキャラクターが魅力です。

案外、一途に恋してしまうところや、色恋に慣れている筈なのに、自分の気持ちを偽れなかったりする不器用なところがあったりして、もっと、上手く立ち回れば楽なのに…と、勝手ながら思ってしまったりします。

そこが、逆にこの作品の面白い所とも言えるのですが、何となく世の中の理不尽さを感じさせる、ただ華やかなだけでない雰囲気が、全体的に漂っています

そして、そんなにあからさまではないけれど、色っぽいシーンも適当にあったりして、エロイ雰囲気も満載です(笑) 特にお気に入りは、“きよ葉”が心惹かれている“惣次郎”に、襦袢の上から胸に愛撫をされるシーン。直接的ではないのに、すごくドキッとしてしまいます。

ちなみに、この作品は映画かもされていて、そちらもとても美しい出来栄えになっています。原作とはちょっと違ったエピソードになっていますが、十分に、「さくらん」の世界観や美しさも楽しめます。そして、結構…大人向けです。

続編も出来れば書いて欲しいな~と思わせるような、魅力的な作品です。

 

まとめ

歴史に忠実な作品なら、「あさきゆめみし」がおススメです。

元気に女子が活躍する作品ならば、「なんて素敵にジャパネスク」「ざ・ちぇんじ」で、リフレッシュして下さいね♪

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-テーマ別おすすめマンガ
-,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.