【無料アプリで読める】蝕人孤蟲|致死率100%の寄生虫感染症の物語

投稿日:

マンガボックスより引用)

今回ご紹介する漫画は「蝕人孤蟲」という漫画だよ。

 

芽殖孤虫という予防法不明、治療法無し、致死率100%のヒトに巣食い、ヒトを喰う虫がいます。

誰にでも起きるおぞましい寄生虫感染症のせいで母を亡くした鉄郎と妹の奈々と父親の三人の家族の島での寄生虫感染症物語です。

このマンガは、アプリ「マンガボックス」で読むことができます

読みやすい「マンガボックス」

 

「蝕人孤蟲」のあらすじ

芽殖孤虫(がしょくこちゅう)というのはヒトに寄生する人体寄生虫の一種です。

条虫網擬葉目(じょうちゅうもうぎようもく)裂頭条虫科(れっとうじょうちゅうか)に属する寄生虫の幼虫で、体内に侵入すると素早く他の部位に転移し、成長し、分裂する無数に増殖していくことが特徴で最終的には全身が虫だらけになります。

この寄生虫の感染ルートは不明で予防法不明、治療法無しで致死率は100%です。主人公の鉄郎の母親はこの寄生虫に侵され亡くなっています。

母親を亡くした鉄郎は妹の奈々を連れ、七年前に別れた父親が住む八女島という小さな島に移り住みます。鉄郎は七年前にこの八女島に住んでおり、当時の同級生たちも未だにこの島に住んでいます。

島にはもちろん鉄郎のことを覚えている人もおり、鉄郎もまた島の人々を思い出していきます。そんな中、妹の奈々は知らない人から魚をもらいます。

何も不振に思わなかった父親と鉄郎はその魚を調理し、3人で食べます。夜中奈々が急変し、いつもの喘息かと思えば、痒くてひっかいた傷の中から虫が現れます。

母親の死が寄生虫のせいだと知っている鉄郎はその虫を見て驚きを隠せない様子。誰が魚を奈々にあげたのか、奈々はどうやったら助かるのか。

鉄郎の過去にヒントがあると知り島の人たちを疑い調べていく寄生虫感染症の物語です。

 

芽殖孤虫とは何の寄生虫なのか?

なかなか聞きなれない単語だとは思いますが、実は漫画の世界だけではなく、実在する寄生虫なのです。世界中で確認されたのが17例で、日本ではその中で最多の8例ほどの報告が上がっています。

このような誰にでもありえる病気をいうのはとても恐ろしく、読んでいて怖くなりました。実際に自分が発症してしまうのではないかと不安になってしまいます。そしてこの漫画の通り現実でも予防法はなく治療法もなく、致死率100%ととてもおそろしいですね。

このように身近に感じられる恐怖もありますが、実際この作品では、誰が奈々に魚をあげたのか、どうしてあげたのか、恨みでもあるのかと推理する作品なので、展開がとても面白いですね。このように実在する危険な病気を題材にする作品はあまりないので、とても新鮮味がありハマってしまいます。

やはり虫のお話しなので、沢山の虫が出てきます。人間の皮膚から虫が出てくるという描写もありますので、グロテスクな描写や虫が苦手な方は読まない方が良いかと思います。

読んでいて気持ち悪くなるくらい不気味にしっかりと描かれているので、このような作品が好きな方にはぜひオススメしたいと思います。

 

見るからに怪しい人物。でも実際は?

島の中には、沢山の人々がいます。おせっかいで一日に2、3回料理を持ってくる近所に住むおばあさんや、奥さんが亡くなってからおかしくなってしまったという猟師のおじいさんなど怪しい人物は沢山います。

奈々が魚をもらうときに恐れなかったのは、見た目が怖い人じゃなかったからじゃないかな?と私は推理しています。作中では如何にも怪しい猟師の島田さんを悪者に仕立て上げていますが、実は彼は寄生虫の予防策を知っているのではないか?とも予想しています。

そう考えると怪しいのは料理を持ってくる佐古さんですね。女性なら奈々も怖がらないと思いますし。あくまで予想なのでこれからの展開がとても楽しみですね。

 

鉄郎の過去、謎の女性の先生とは?

作中にありますが、猟師の島田さんには奥さんがいました。その奥さんとは昔鉄郎が通っていた学校の先生でした。鉄郎は島で同級生に会ったことにより、少しずつ自分の幼少期を思い出します。

奥さんは事故で足が悪くなり車いすの生活をしていました。その足が悪くなったのは鉄郎が崖から足を滑らせて落ちてしまったときに先生が助けようとして2人で崖下に落ちてしまいました。

そのせいで鉄郎は軽傷だったものの、先生は下半身まひとなり車いすの生活になったのです。最終的に奥さんは寄生虫に侵され亡くなっています。

「お前の罪を思い出せ」と鉄郎にあてた手紙はおそらく島田さんが奥さんのことについて腹を立てているのでは?そしてその仕返しを島に帰ってきた今やろうとしているのでは?と鉄郎は疑います。

寄生虫を補完したものが島田さんの小屋にありました。でも個人的にはやはり島田さんはその寄生虫でなんとかワクチンを作り、みんなを守るのではないかな?と予想しています。でも寄生虫をずっと保管しておくというのは想像したら気持ち悪いですね。

 

「蝕人孤蟲」の感想・ネタバレまとめ

沢山の虫も出てきますし、グロテスクな描写もありますので、虫が苦手な方には注意が必要です。

寄生虫感染症という実際にある内容なので、とても身近に感じられて恐怖がより一層増します。このような感染症が好きな方、誰がこの感染症をまき散らしたのかなど、推理をする場面もありますので、そのような作品が好きな方にはぜひオススメしたいです。

まだまだ始まったばかりの作品なので、これからも楽しみにしています。

読みやすい「マンガボックス」

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-マンガボックスで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.