【無料で読める】構成/松永きなこ 感想・ネタバレ【三軍女子が放送作家になるために奮闘するサクセスストーリー】

構成/松永きなこ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

原作 ピエール杉浦 
漫画 清水しの 
無料で読めるマンガアプリ  マンガUP!(ストアへ)
最新刊をチェック ⇒ amazonで探す

今回ご紹介したい漫画は「構成/松永きなこ」という漫画です。

高校時代も「三軍」として人気者の集まるグループでもなく、平凡なグループでもなく自分の好きなことをし、目立とうとしなかったきなこ。

25歳になった今も変わらない日々を過ごしています。そんなきなこが唯一昔から好きなものがラジオのお笑い番組を聞くことです。

ひょんなことから放送作家という仕事を知ったきなこは、放送作家になることを目指します。そんなきなこのお仕事奮闘が描かれたコメディな作品です。

きなこは奮闘する「構成/松永きなこ」は、マンガUP!で無料で読む事ができますよ。

 

 

「構成/松永きなこ」のあらすじ

主人公の松永きなこは現在25歳の女性です。昔から人気者の集まる「一軍」や平凡なグループ「二軍」を横目に自分が所属するグループは少し変わった独自な路線の「三軍」。

そんなきなこは25歳になっても変わらず「三軍」のまま、友達なし、お金なし、彼氏なし、一緒にご飯を食べる人もなし、の少し寂しい生活を送っています。

そんなきなこですが、昔から唯一好きだったものがラジオのお笑い番組を聞くことでした。特にプールギャングというお笑い芸人が好きで、毎週ハガキを出すほどの熱狂ぶりです。

そんな日々を送っていましたが、ある日きなこが考え出したプールギャングにやって欲しい企画というコーナーに採用されます。きなこは自分が考えた企画が採用されたことに大変喜びます。

幸せすぎてなんでも出来そうなきなこは、勢い余って高校の同窓会に行ってみます。行くことにしたものの、やはり自分はしょせん「三軍」の立ち位置でしたので、なかなか踏み出せません。

そんなきなこに話しかけてくれた、「一軍」に所属していた人気者の佐藤君からきなこの職業が放送作家だと誤解されます。佐藤君はADの仕事についているため、いつか一緒に仕事がしたいと言われます。

「一軍」に話しかけられあっけにとられたきなこは、結局佐藤君に否定ができないままその場はおひらきになってしまいました。放送作家というものを知らなかったきなこは、調べてみると、なんときなこがやってみたかったことばかり。

そんなきなこが放送作家になるために頑張るというお仕事奮闘が描かれたコメディな作品です。

 

放送作家とは?珍しい題材

今まで数多く漫画を読んできましたが、放送作家の仕事が描かれた作品は初めて読みました。

もちろん、放送作家の仕事とは何か、どんなことをするのかなど、放送作家のことをまったく知らなかったきなこを通じて読み手側も理解できます

ベテランの放送作家のことを描くのではなく、放送作家のことすら知らない主人公が0から頑張るというのもなかなかなかったですね。

どうしても漫画の主人公というのはキラキラした「一軍」の人のイメージですが、この作品の主人公きなこは、地味で何もとりえもないぱっとしない主人公いわゆる「三軍」というのも面白いです。

地味な主人公は途中でイメージチェンジしたり、服装を変えたりと「一軍」に変わってしまいがちですが、きなこは「三軍」のままというのも面白いですね。

こうやって地味な主人公でも仕事のことになるとキラキラ輝けるという希望を与えてくれる作品です。

ただ、成功するだけではなく、仕事のことや人間関係、恋愛などをつまずいて、でも頑張るという姿をつい応援したくなる主人公です。

 

きなこをサポートする「一軍」の人たち

きなこと正反対で高校時代も人気だった木村えみと佐藤優作ですが、きなことは違う職業でも仕事に対する悩みや愚痴を言い合ったり、たまにはお互いの仕事のお手伝いをしたりと「三軍」のきなこが「一軍」の二人に近付く心境もまた面白いです。

最初は2人に対してキラキラしていて何を話せばいいか、私なんかと話していいのかと悩むきなこが、少しずつ2人と打ち解けていく姿がとても良いです。

そして2人もまた、きなこを応援したり励ましたりと友情の描写があるところが私は一番好きです。

しょせん「一軍」と「三軍」は相いれないと考えるきなこや、私も「三軍」の立場なので、「三軍」でも「一軍」と話してもいいんだ。と希望を持たせてくれます。

「一軍」で何不自由してないかと思えば、沢山の苦悩や悲しみを乗り越えて、きなこと普通に接する2人が私はとても好きです。

えみと佐藤君ときなこは3人バラバラな性格ですが、うまくまとまっているので、私は3人が力を合わせて頑張るところが一番印象に残り、大好きです。最終回ではきなこが放送作家、佐藤君がADえみが女優と一つの番組で共演するのでは?と予想しております。

 

きなこの恵まれた環境

きなこの周りには師匠と呼ぶ放送作家の人や、優しいディレクターなど沢山の人がきなこを励ましたり、注意したり助言をしたりします。

きなこが躓くと誰かが必ず助けてくれるところがちょっと物足りないですね。もう少しきなこ一人で悩んだり、葛藤する描写があればな。と思いました。

ただ、周りに恵まれている環境は少しうらやましいですね。

 

「構成/松永きなこ」の感想まとめ

放送作家というあまり知られてない仕事の内容や悩みなどが上手く描かれた作品です。

放送作家についての説明もしっかりされているので、わかりやすいです。

主人公がお仕事の他に友情、恋愛など頑張る姿を見るのが好きな人にオススメな作品です。

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/