【無料で読める】給食の時間です。 感想【給食を中心に描かれたハートフルストーリー】飯田

給食の時間です。 1 (裏少年サンデーコミックス)

作者  飯田
無料で読めるマンガアプリ  マンガワン(アプリストア)(ストアへ)
最新刊をチェック ⇒ amazonで探す

 

今回紹介するのは、小学校を舞台に描かれた「給食の時間です。」。

学校の給食を中心に描かれたストーリーで、忘れていた給食の温かさや大切さを思い出すことができる物語です。

給食を通して友情、家族、恋愛など、小学生の頃に感じたすべてが詰め込まれたストーリー。

「給食の時間です。」は小学館の公式アプリ「[mangaone-text]」を無料で読む事ができます。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

「給食の時間です。」のあらすじ

主人公は小学5年生の佐野和彦。

5年生に進級し、仲の良かった友達とクラスが離れ離れになってしまった佐野は、新しいクラスで友達が作れないままでいました。

いつも一人で食べる給食は寂しく、いつしか味も感じなくなってしまいます。

そんな佐野の隣の席は、転校生の岩谷さん。

岩谷さんはちょっと変わった性格で、周りからは浮いており、彼女も給食の時間は一人。

しかし、そんなことを気にする様子もなく給食を堪能する岩谷さんに、佐野は苛立ちを覚えます。

ですがある日、佐野が牛乳瓶を割ってしまったのをきっかけに、岩谷さんの優しさや強さに気付き、一緒に給食を食べることに。

久しぶりに給食が「美味しい」と感じられた佐野は、次第に給食を通してクラスに溶け込み、クラスメイト達と友情を育んでいきます。

 

大人になったからこそわかる、給食の大切さ

自分が小学生の頃は、給食ってあんまり好きじゃなかった、と言う人も多いのではないでしょうか。

私も給食は野菜ばっかりであんまり美味しくないな、なんて思っていました。

けれど今自分が大人になって料理を作る立場になってみると、あんなに栄養たっぷりで飽きの来ない献立作るのは無理だな、と感じるようになりました。

この作品に登場する子供たちも、大人のような目線で「給食ってすごい」なんて思ってはいなさそうです。

ただ好きな給食だと元気が出たり、好き嫌いが克服できたり、友達との話のきっかけになったり…そういった小さなことから給食の大切さはなんとなく感じていたな、と思い出させてくれますね。

特に、自分も食べたこともあるようなメニューが作中に登場すると、それに関する思い出も蘇って、懐かしい気分になります。

 

「給食」のメニューそのものは二の次

初めてこの作品のタイトルを見たとき、イメージしたのはもっと給食のメニューそのものを中心とした料理マンガかな?という感じでした。

しかし、作中では一応給食の献立が紹介されるものの、その内容自体はそこまで重要ではありません。

ストーリーが進むと、給食が登場しない回もあったり、そもそも学校以外が舞台だったりしますしね。

この作品が伝えたいのは、「給食」や「食事」を通した人と人との繋がりです。

とてもハートフルで心温まる作品ではあるのですが…できるならもう少し、給食そのものにもスポットライトを当てて欲しかったという気もします。

「給食はどうやって作られているのか?」「献立の決め方は?」など、今まで知らなかった給食作りの裏側などを知ることができる内容もあったら良かったのになと思いますね。

 

様々なキャラの立場から作られるストーリー

この作品の中心となるのは佐野と岩谷さんですが、それ以外の登場人物を中心としたストーリー展開も多いのが面白いポイントです。

人気者、内気な子、意地悪な子、目立ちたがりな子…同じ給食を前にしても、それぞれ立場が違えば感じ方も違います

小学生でもいろいろなことに悩み、躓き、様々な事を感じているのが良く伝わってきますね。

自分が彼らと同じ小学生の頃は、「あの子は〇〇だ」という表面しか見ていないこともよくありました。

でもこの作品を読んでいると、あの子も心の中ではこんなことを思っていたのかな、こうしたかったのかな、と十数年越しに古い友人のことを考えてしまいます。

そして自分の子供にも、こんな風に給食を通してたくさんの事を感じて、考えて、学んでいってほしいなと思います。

 

岩谷さんの強さの根幹にあるもの

岩谷さんはちょっと変わっているところはあるけれど、素直で優しく、そして自分の気持ちに正直で、芯の強い女の子です。

周りの目を気にせず、自分の考えに従って行動するというのは、小学生ではなかなかできることではないですよね。

大人だって、難しいです。

そんな岩谷さんの強さの根幹にあるのは、きっと亡くなったお母さんとの約束。

それを考えると、約束だからと頑張る岩谷さんの姿がとても健気で、ちょっとしんみりとした気持ちになってしまいます。

基本的に修羅場など大きな山場があるようなストーリーではないですが、さりげない気持ちの表現の仕方がとても心に響きますね。

迫力や勢いで魅せるようなストーリーよりも、こういった何気ない日常での感情を上手く表現している作品の方が、よほどグッときます

 

「給食の時間です。」の感想まとめ

「給食の時間です。」を読むと、忘れていた小学生の頃の気持ちを思い出させてくれます。

懐かしく、そしてとても優しい気持ちになれる、そんなストーリーなので、何かホッと温かい気持ちになりたいなと思った時に手に取ってもらいたい作品です。

まだ若い人(十代とか)が読んだらあまりピンと来ないかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて作品の良さがわかってくるのではないでしょうか。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/