ふたりエッチが無料?

名作「ふたりエッチ」が「マンガPark」で公式に無料で読める!

⇒レビュー記事を見てみる
⇒マンガParkで読んでみる

好みのマンガを検索してみる⇒

漂流ネットカフェ|ネカフェのたどり着いた先は、謎の世界

投稿日:

漂流ネットカフェ : 1 (アクションコミックス)

漂流ネットカフェは、マンガBangにて無料で読めます

人間のドロドロさと純愛を描いた「漂流ネットカフェは「マンガBang」で無料公開中です!

意外と有名作品が多い「マンガBang

 

 

漂流ネットカフェってどんなマンガ?

今回、紹介するのは押見修造さんの「漂流ネットカフェ」。

煽りタイトルは、「特殊恋愛物語」となっている、かなり特殊な作品。

押見さんの漫画、いくつか読んできましたが、やっぱりその特殊さ(斬新さ)には目を見張るものがあります

この「漂流ネットカフェ」のあとがきに書かれているのですが、押見さんの中学校の頃にまつわる初恋のトラウマを原点として、描かれているようです。

本当にこの「漂流ネットカフェ」が、中学校の頃のトラウマをそのまま画にぶつけているのであれば、押見さんの世界観は人と視点が違い過ぎてビックリしちゃいますね。

それではそんな「漂流ネットカフェ」、あらすじ、感想いってみましょう!

 

「漂流ネットカフェ」あらすじ

主人公の「土岐(とき)」は、もうすぐ子供が生まれる30歳。この状況だけ見れば、何不自由ない、安定的な環境。

しかし、実際は家でヒステリックな嫁にわめかれ、会社ではつまらないと言われる始末。

こんな状況でいいのか?、と土岐はそんな日々に悶々としていた。

そして、嫁とケンカした翌日、家に帰りたくないという思いから、ふと目に入ったネットカフェに立ち寄る。

そこで、出会ったのは、土岐の初恋の人、「遠野果穂(とおのかほ)」。

その時、中学校の授業中、停電した中で遠野に鼻をなめられた記憶が甦る。

(出典:漂流ネットカフェ1話)

 

と、同時に動き出すネットカフェ。突然の停電と共に、ネットカフェにいた19人が漂流した先は何もない、謎の荒野だった。

 

感想(※ネタバレ有注意)

遠野の艶かしさと気高さが同居する感じが◎

押見さんの作品の魅力を語るなら欠かせないのが、ヒロインの存在

どのヒロインも個性溢れるキャラになっています(裏を返せば、ヒロイン以外はあまりにも普通な存在が多い)。

惡の華のヒロインは、インパクトの強い仲村、僕は麻里の中では、純朴な感じの麻里。

そして、今回の遠野は気高い存在のようなキャラクター。ただし、一方で遠野は言葉では言い表しにくい艶かしさも同居しています。

特に熱を出して、土岐と一緒にペアシートにいるときなんかは、もはやセコい領域ですね。

 

個人の怖さが描かれる

漂流~といえば、思い付くのがやっぱり楳図かずおさんの「漂流教室」。

ドラマ化もされた超名作。この、漂流教室でも、ルールの無くなった世界での、人同士の怖さが描かれていました。

しかし、漂流教室の場合は小学校という大きな単位で漂流しており、物凄く登場人物がいました。

そのため、人の怖さといっても、「集団心理」的な怖さの要素が強かったように感じます。

この漂流ネットカフェの場合は、19人という少ない人数ならではの、個人にフューチャーした形で、孤立した場所に陥った時に、変わっていく人間個々の怖さが描かれています

ネットカフェ難民や、ずっと友達がいないヤツ、ただの大学生、そして店員など、割と主人公以外のシーンも多いので、なかなか楽しめます。

 

最終話がちょっとイマイチ

すごく残念なのが、最後の終わり方がちょっとイマイチなところ。

遠野と一緒に、残っても良かったような気がしますが・・・。まぁ、土岐の成長という意味で重要なんでしょう。

また、パラレルワールドとか、マンガによくある単語を並べないで欲しかった・・・。本当に最後の7巻だけが微妙なのが、残念です。

 

表現がちょっと・・・

大人向けな表現がダメな人は読まない方がいいです。たぶん途中で読めなくなります。

僕も、これはちょっと多すぎじゃない?と思っちゃいました。そんな描写に頼らない方もっと面白いと思うのは、僕だけでしょうか?

 

「漂流ネットカフェ」まとめ

一日で全巻(7巻)を一気に読了しちゃいました、「漂流ネットカフェ」。

正直なところ、「ハピネス(1) (講談社コミックス)」ほどの面白さはないですが、押見さんの作品って、めっちゃ、先が気になってしまう。なんでだろう?

次は、「僕は麻里の中」を既刊されているところまで一気読みする予定です。

意外と有名作品が多い「マンガBang

 

 

ちなみに、押見修造さんのハピネスと惡の華はマガジンポケットで連載中なので、こちらもぜひ読んでみてください。

[マガジンポケットアプリーチ]

 

押見修造先生の他作品

ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

-マンガBangで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.