【無料で読める】 ニコイチ 感想 【女装して子育て、普段は男?】金田一蓮十郎

12月 14, 2017

ニコイチ 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

今回紹介するのは、モデルの様に綺麗なお母さんが実はお父さんで、同性愛の恋人が実は男でとハチャメチャコメディの「ニコイチ」です。

ハチャメチャがずっと続くと思いきや最後は家族愛にジーンとします。ヒューマンラブコメディです。

ニコイチは、「マンガUP!」で、無料で読むことができます。

作者  金田一 蓮十郎
無料で読めるアプリ マンガUP!(ストアへ)
10巻完結済み ⇒ amazonで見る

ニコイチのあらすじ

交通事故で恋人を亡くした主人公、須田真琴。実は彼女には子供が居たのです。

遺されたもの同士慰め合いながら生きていこうと彼女の息子崇を引き取る事に。

まだ2歳の崇は、母親が亡くなった事が理解出来ずに、さらに真琴にも懐きません。

苦肉の策として考え出したのは亡くなった彼女のメイク道具を使って女装する事。女装する事、8年、崇はとても良い子に育ちました。

女装している時に出逢った菜摘に何故か惚れられてしまう真琴です。

菜摘に本当は男だと、どうカミングアウトするのか?崇にも本当は血の繋がらない父親なんだと、どうカミングアウトするのか?カミングアウトされた菜摘と崇の反応はいかに。

 

ちょっとわかりにくいから一旦整理しよう!

お母さんが実はお父さんで、何故か菜摘に告白される女装の真琴。本来の男性の真琴は、菜摘と同じ会社なわけで。

女装の真琴と本来の男の真琴がいっぺんに登場しちゃうからややこしいのです。本当は姿があるわけではなく心の声なのですが、心の葛藤が一心同体の二人となって現れるわけです。

だから「ニコイチ」というわけです。都合良く女性になったり男性になったりする真琴、時にやらかしてしまう感じが志村けんのコントのようで笑えます。

落ちつかないドタバタ感とバレちゃうのか?のハラハラ感がニコイチの見所です。

 

複雑な家庭環境でも天使すぎる崇

真琴の血の繋がらない息子崇。5歳児並みの愛くるしさです。小学校高学年とは思えません。

お母さんが男手一つで育ててくれた事に心から感謝してお母さん大好きっ子な所が最高に可愛らしい

崇は、彼女に彼女よりお母さんが好きって言っちゃう所がまたも天使。まだまだベイビーちゃんですね。

お母さんと菜摘が同性愛だと勘違いした時もすぐに受け入れちゃってお母さんの幸せを一番に考えます、柔軟な心の持ち主なのです。

しかし、真琴は仕方なく騙す羽目になっちゃっただけですが、小さな子にはすぐ記憶の改ざんが出来ちゃう所がなんとなく胸が痛いです。

最終巻では中学生になっていますが、いつまでも可愛いままでいて欲しい崇くんです。

 

頑張りどころを間違える真琴の女装

女だって毎日綺麗にして会社にいくのは大変なのに、ましてや子育てしながらなんて真琴の女装は完璧すぎる。

男性の時にはイケメンと騒がれてないので顔自体が整っているわけでは無さそう。

うん、きっとメイクの腕がざわちん級って事なんでしょう。ウィッグもたくさん持っているし、女装も進歩し7代目って、びっくりするのと同時に、そんなにお金かけてないで崇くんの学費を貯めた方が良いと思うのでした。

しかし、8年も女装は長すぎます。一刻も早くカミングアウトしたい事でしょう。

女装する為にバタバタと女子トイレに駆け込む様が、変身する時の「ひみつのアッコちゃん」を思い出して懐かしかったです。

 

カミングアウト菜摘さんの場合

早くカミングアウトしちゃえばいいのにって焦らされて4巻でカミングアウト。しかし、拍子抜けするくらい受け入れてくれる菜摘さん、よっぽど真琴が好きなんでしょう。

嘘つかれていた事より男性の真琴を傷つけてしまっていた事に傷つく菜摘さん。

でも、やっぱり女装の真琴と一緒の方が落ち着いてる感じが面白いです。

真琴に「成美さんと崇くんに出逢った全部ひっくるめた真琴さんに恋をした」と告白した菜摘。

これはまさにめぞん一刻の五代が響子さんにした告白の様です。この展開に感動しない人はいないでしょう。

真琴には、絶対菜摘と結婚して欲しいです。真琴に対して常に敬語な所と甘い物に目がないちょいポチャ加減が萌えます。

 

カミングアウト2崇くんの場合

菜摘さんの時は早くカミングアウトしちゃえばいいのにって思っていましたが、崇くんにカミングアウトするのはなんだか残酷な様に感じます。しかし、反抗期になってからだと余計傷つくっていうのにも頷ける。

実際カミングアウトしたらあっさりと受け入れた崇くんでしたが、やっぱり複雑で家出しちゃう崇くん。

今まで騙しててーって怒っているのかと思っていたら、なんと「お母さんに会いたいよー」って女装が恋しかったという。笑えるようでちょっと泣ける、やっぱり天使な崇くんです。

 

菜摘とお母さんの長年の確執

子供がいる真琴をあっさりと受け入れた菜摘。真琴と崇が血が繋がらない親子だと知っても動じない菜摘。懐深い女性です。

しかし、そこには菜摘の生い立ちが関係していました。なんと菜摘にも親の再婚によって血の繋がらない母と弟がいたのでした。血の繋がらない母を長年受け入れなかった罰が、真琴との結婚の時に自分に巡ってくる因果。菜摘の後悔にこちらも胸が痛みます。

女装で菜摘のお母さんに説得する真琴は、説得力の無い姿でのまさかの説得力!

だんだん真琴と仲良くなる菜摘の母が放った一言「あの人は女装している方が感じいいわね。」誰もが何故か感じる、男性真琴を全否定する一言が最高に面白かったです。

 

崇の本当のお父さん

最後の最後に出てくる崇の本当のお父さん。衝撃なのはお父さんはゲイ。

菜摘さんもそうだし、バイセクシャルの人が類友のように出現してきます。今まで複雑な事情をカミングアウトする事で頭が一杯だった真琴が、複雑な事情をカミングアウトされる立場になる皮肉な感じが面白い!

でも「ニコイチ」の良い所は、どんな事情の人も最終的には受け入れちゃう器の大きい人達ばかりです。

お父さんもお母さんも二人づついる事に笑顔になれる崇くん、真琴は崇くんを本当に良い子に育てました。あの笑顔にはやられます。

 

「ニコイチ」感想・ネタバレまとめ

読んだ後、いろいろあったけどしみじみと良かったねーと思いました

結婚式で見せた花嫁二人なんてぶっ飛び過ぎです。この可笑しな家族のその後をつい想像してしまいます。

酸いも甘いも嚙み分けてきた大人に読んでもらいたい「ニコイチ」です。泣いて笑ってハッピーな気分になれるおすすめ漫画です。

 

金田一蓮十郎先生の作品は

他にも「ラララ」が、カラー版で「comico PLUS」で公開されており、一部無料で楽しむことができます。

金田一先生の作品は、「ゆうべはお楽しみでしたね」など面白い作品が多いので、一読しておくことをおすすめします。

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/