1巻から無料で読める!辱-断罪-【惨劇を繰り返す閲覧注意のゴアホラー】あらすじ・感想

辱-断罪- 上 (裏少年サンデーコミックス)

辱-断罪-が1巻(1話)から無料で読めるアプリはマンガワン

グロテスクで衝撃的な内容が盛り込まれたホラー作品「辱-断罪-」はマンガワンで読めるよ!

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

15秒で分かる!辱-断罪-のストーリー

ある村で行われていた非人道的な儀式。それを描いた「辱」に続く第二章が幕を開けます。今度は第一章で犠牲となった少年を探すよう依頼された探偵・勝己が主人公。

手掛かりを求めてある村に出向いたところ、そこで待ち受けていたのは地獄でした。

 

「辱-断罪-」のあらすじ

辱-断罪-は、背筋の凍る地獄のような儀式にまつわるお話だよ!

「失踪した息子を探してほしい」と依頼され、大金に目がくらんでその話を受けた探偵・勝己。
しかし手掛かりはなく捜査が行き詰っていたところ、心霊研究家という謎の女・真紀と出会います。

真紀にある「奇祭」の話を聞いた勝己は、初めは半信半疑ながらもその村に行ってみることに。
そこで血まみれの部屋を見つけたと同時に眠らされてしまい、目が覚めると体は拘束されてしまっていました。

なんとかその場を逃れることができた勝己ですが、自分のように捕まって生きたまま解体されてしまった人間を見つけてしまいます。果たして無事に逃げ切ることができるのか…。

 

とにかくグロテスクな内容に戦慄

背筋も凍るような恐ろしい内容だから、苦手な人は注意!

この作品は「生きたまま人間を解体する」というとてもショッキングな内容が含まれています。
「ゴアホラー(ゴアとは、残忍とか残酷という意味)」というだけあって、苦手な人はトラウマになりそうなほど。

血や体の切断面などがあまりリアルではないのが救いではありますが、それでも読んでいると気持ち悪くなってくる人もいるかもしれません。

基本的に儀式を行う女の子たちは犠牲者となる男のことを同じ人間だとは思っていなくて、淡々と楽しそうに解体をするのも逆に怖さを増幅させています。

前章である「辱」よりはまだグロ要素が少ないですが(第一章を読んで慣れてしまったのかもしれませんが)、それでも目玉をえぐるとか手足を切り落とすとか、それはもう残忍な内容がこれでもかと詰め込まれています。寝る前には読まないほうがいい作品ですね。怖い夢を見そうです。

 

最終回でも結局暴かれなかった全ての真相

最終回を迎えても、すべての謎はいまだ解けぬまま…。

「辱」では最終的に主人公の公平が逃げ出したものの、結局は村に連れ戻されて終わり、多くの謎を残したまま物語は終わってしまいました。

「辱-断罪-」では主人公が探偵と言うこともあり、いよいよ全ての真相に迫るのか!と期待していたものの、結局は前回のように逃げるのに精いっぱいで真相は掴めずに終わり。

海外へ逃亡した勝己も、怪しい日本人女性にホイホイ付いて行ってしまって…絶対あれは追手でしょう…。

タイトルが「断罪」なので、てっきり彼女たちの罪を暴いて有罪にするのかと思ったら…どうやら彼女たちに勝己が断罪されるというオチでした。

勝己はわりと機転も効くし、もっと真相に近いところまで余裕でたどり着くんだろうなと思っていましたが、見事に期待を裏切られてしまって少しガッカリです。

責任者である恭子が、公平の時の事件をきっかけにやたらと警戒心が強くなってしまったというのもありますが。今作でもまだすべての真相は明かされないまま、物語は最終回を迎えてしまいました。

さらに続編が出るのかどうかはわかりませんが、このモヤモヤした気持ちをいつかはスッキリさせて欲しいです…。

 

危機管理の名のもとに、仲間でさえも犠牲に

おそらく生まれながらにして洗脳されている女の子たち。儀式に疑問を持った珠樹の哀れな末路に涙…。

儀式を行う女の子たちは、人間を解体して食料とすることに何も疑問を持っていない、というのが恐ろしいです。唯一疑問を持った珠樹は、一番普通の人間に近かったはずなのに…。

恭子は仲間意識が強くて、仲間を殺した公平を恨んでしましたが、他の仲間を危機にさらさないためにはアッサリと珠樹を犠牲にしてしまうという冷酷さ。

でもそれよりも、珠樹の親友である瑞樹が、心から「これが珠樹のためだ」と信じているところに恐怖を覚えました。

冷静に考えれば、手足切り落とされて薬づけにされた状態が幸せなわけはありません。それに村の外で暮らしていた真紀も、外の世界を見ていたら自分たちが異常だということはわかるはずなのに。洗脳って怖いですね。

 

「辱-断罪-」が好きな人には、「あの夏のイヴ」がおすすめ

山奥の小さな村に蔓延るカルトと、それにより引き起こされる残忍な事件というストーリーが似ているよ!

「あの夏のイヴ」は、どんどろさまという神様を信仰する村で起こった事件を描いた物語。

あの夏のイヴ(1) (ガンガンコミックスUP!)

 

その村では夏になるとたびたび「どんどろさま」による神隠しが起こり、人々を恐怖に陥れていました。ターゲットとなるのは「信仰心の薄い者」。

一方、この事件が神隠しではなく人の手による殺人事件だと思う者たちもいて…。そんなホラーミステリー作品、「あの夏のイヴ」はマンガUPで無料で読めます。

 

「辱-断罪-」の感想・ネタバレまとめ

グロテスクなんて気にしない!ゴアホラーだろうとなんでもドンとこい!という人におすすめだよ!

この作品は「辱」の続編ではありますが、そちらを読んでなくても一応楽しめる内容になっています。

ただ、前作も読んでおいた方が、より流れが分かりやすいかとは思います。どちらにしてもとてもグロテスクな内容なので、どんな内容でも平気!という人以外にはあまりおすすめできません。

大丈夫だという自信がある人は、ぜひ読んでみてください。

 

辱-断罪-の記事で紹介した漫画はこちら

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/