ONEPIECE|海賊王を目指し大海原を行く海賊たちの冒険譚

「ONEPIECE」のあらすじ・ストーリー

created by Rinker
¥421 (2019/09/16 15:34:30時点 Amazon調べ-詳細)

「東の海(イーストブルー)」にある小さな集落、フーシャ村。

そこには、海賊王を目指す一人の少年、モンキー・D・ルフィが住んでいました。

しかしある日、「赤髪のシャンクス」の一団が持っていた海の秘宝とも言われる悪魔の実、「ゴムゴムの実」を食べてゴム人間になってしまったのです。

体がゴムになるという悪魔の力と引き換えに、カナヅチになってしまったルフィ。

そんな時、村にやってきた山賊との争いで、ルフィは巨大な海王類のいる海へと投げ出されてしまうのです。

シャンクスが海へと飛び込み、ルフィは事なきを得ましたが…その代償として、シャンクスは片腕を失うことに。

海の厳しさや残酷さを知ったルフィは、もっと強くなってから海へ出ることをシャンクスに誓います。

そして10年後…再会の約束の証として預かった麦わら帽子をトレードマークに、ルフィの「麦わら海賊団」としての冒険が幕を開けるのです。

 

ジャンプ+で無料公開中

ジャンプ+

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

 

ワンピースの感想・ネタバレ

キャラクターたちの持つそれぞれのストーリー

ONEPIECEにはたくさんのキャラクターが登場しますが、その一人一人にそれぞれのストーリーがあるというのがこの作品のすごいところ

麦わらの一味はもちろん、それ以外のキャラクターの過去や気持ちがとても掘り下げて描かれているので、敵味方関わらずとても魅力的なキャラが多いです。

その分ストーリー全体のボリュームもすごいことになっているのですが…全体的に勢いのあるストーリーなので、まとめ読みするとサクサク読み進めることができますよ。

バギーなど、一度はルフィに敗れた敵が再登場して来たりするのも面白くて好きです。

なんか憎めない敵キャラが多いんですよね…。

感想をもっと見る

注目すべきは出航シーンに込められた想い

敵と戦ったたりする場面は一番盛り上がりがありますが、それよりも私がおすすめしたいのは「出航」のシーンです。

人々の感謝や別れの切なさ、新しい旅への希望や期待…そんな様々な思いが入り混じった船出。

どれだけストーリーが続いても、出航シーンだけはいつも新鮮な気持ちで見ることができます

個人的なお気に入りは、海上レストランを発つ際のサンジとゼフとのやりとり、そしてナミがココヤシ村を発つ際のすべてを吹っ切った笑顔。

あとはアラバスタを出航する際の別れのシーンは有名ですね。

ビビのために言葉にはせず、腕に記した仲間のマークを無言で掲げる…。

ONEPIECEでは様々な島をめぐるというストーリー上、別れのシーンが数多く登場します。

しかしそのどれもがとても感動的に描かれているので、ぜひ注目してみて欲しいです。

 

「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」とは一体?

この作品はルフィたちの成長や戦いを楽しむとともに、ワンピースとは何かという大きな謎を解いていく物語でもあります。

詳しいネタバレは避けますが、初めに想像していたような単純な「財宝」というわけではないのです。

物語を読み進めていくと、「ワンピース」の正体に関する伏線がそこかしこにちりばめられていて、改めて読み返すと感心してしまうほど。

まとめると「ワンピースとは何か」「Dの意思とは何か」「空白の100年に何が起こったのか」あたりが、物語の主要な謎ですね。

ストーリーが進むたびに様々な考察をしてみるのも、楽しみ方の一つです。

 

 

「ONEPIECE」が好きな人には「マギ シンドバッドの冒険」がおすすめ

マギ シンドバッドの冒険」は、七海の覇王シンドバッドが繰り広げる冒険譚を綴った物語。

運命を見通す力を持って生まれてきた、主人公・シンドバッド。

シンドバッドは戦により父を失ったのをきっかけに、国同士が争う世の中を変えたいと強く思うようになります。

そして国が軍隊を投入しても攻略できなかった「迷宮(ダンジョン)」を見事に攻略し、「王の器」としてジンの不思議な力を授かりました。

その力を手に大海へと繰り出し、争いのない世界を作るための冒険が始まるのです。

「マギ シンドバッドの冒険」は、マンガワンで無料で読めます。

関連記事

今回紹介するのは、「マギ」に登場する七海の覇王シンドバッドの軌跡を描いた、「マギ シンドバッドの冒険」です。 彼が「七海の覇王」となるまでの冒険譚のすべてが詰め込まれています。それでは、感想、そして少しネタバレいってみましょう。 「マギ […]

 

「ONEPIECE」の感想・ネタバレまとめ

熱い戦いに胸を躍らせ、仲間との絆や切ない別れに涙し、時にはギャグでお腹を抱えて笑う。

そんな喜怒哀楽が全て詰まった作品であり、大人から子供まで楽しめる内容だと思います。

もっと複雑なストーリーを求めている人には物足りないかもしれませんが、明快で分かりやすいストーリーは多くの人のツボにはまるはず!

created by Rinker
¥421 (2019/09/16 15:34:30時点 Amazon調べ-詳細)