【無料で読める】栄冠は俺に輝く 感想・あらすじ【野球に懸けたスポ根青春物語】熊田龍泉

 

栄冠は俺に輝く 1 (裏少年サンデーコミックス)

作者  熊田 龍泉
無料で読めるマンガアプリ マンガワン (ストアへ)
最新刊をチェック ⇒ amazonで探す

 

今回紹介するのは、野球少年たちの熱い青春が描かれた「栄冠は俺に輝く」です。

超名門野球部で、一軍を目指し奮闘する一年生たち。

高校球児らしい熱血、そして爽やかな友情を感じられるストーリー。

「栄冠は俺に輝く」は「マンガワン」で読む事ができます。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

 

「栄冠は俺に輝く」のあらすじ

野球の超名門校である黒松学園高校に入学した今日(イマニチ)。

憧れが叶ったと喜んだのも束の間、イマニチが所属することになったのは「希望組」と呼ばれる下位集団でした。

希望組では練習とは名ばかりの、二軍メンバーからのいじめにも近いしごきを受け、いつも満身創痍…。

そんな中でも希望を捨てずにひたすら頑張るイマニチは、ある日転入生の明日成(アスナリ)と出会います。

アスナリは小学生時代に有名なピッチャーでしたが、腕を痛めてその後は治療に専念。

腕に負担をかけずに投げられる必殺技「ナックル」を極め、堂々の入部を果たします。

しかし何と一軍メンバーが全員バラバラの学校で野球をすると言い出して…主力を欠いた新生黒松学園高校野球部は、どうなってしまうのか。

 

イマニチの快進撃に違和感

黒松の野球部に入るまで、落ちこぼれで試合にすら出たことのなかったイマニチ。

そこら辺の野球チーム(中学の野球部?)ですら通用せず、何年もずっと落ちこぼれだったイマニチが、二軍入りを果たした時点でちょっと違和感がありました。

「努力」「諦めない」「野球への愛」だけで二軍入りができるなら、黒松の野球部もチョロすぎやしませんか…。

というか、それで強くなれるならとっくに強くなれていたはずでは?

もう少し、イマニチが必要とされる理由に説得力が欲しかったです。

アスナリのナックルが捕れる(ただし100%ではない)、くらいでは、ちょっと理由が弱いですよね。

アスナリのように元々素質のある人がのし上がったり、素人だったのに実は才能があった、というのなら納得できますが…。

知識と観察力はあるようだったので、潔くマネージャーや偵察要因として切り替えていたほうが、いいキャラになったのではないかと思います。

 

不完全燃焼なまま迎える最終回

一軍がいなくなって、初めての試合が無事終了した時点で、物語も終了。

正直、中途半端すぎる終わり方にガッカリしました。

やっとこれから面白くなる、強くなるぞと期待したところで終わりなんて、裏切られた気分です。

もう少しうまくまとめて終わらせて欲しかった…。

元一軍の人たちの強さは謎のままだし、結局イマニチはほぼ見せ場がないままでしたし。

しかもエピローグでは初試合の後、甲子園優勝したということが判明。

えっ、あのメンバーで本当に優勝できる!?とビックリしました。

そりゃ弱くはないでしょうが、初試合もそこまで楽々勝利したわけでもなかったのに。

かつては圧倒的な黒松一強でしたが、一軍が抜けてすら他の高校が勝つことができないとは…。

 

元一軍の圧倒的な強さ

黒松学園高校は、一軍・二軍・希望組と、実力がハッキリと分かれすぎだと思います。

一軍が水星を除いて全員いなくなったら、普通は今まで二軍で活躍していた人がそのポジションに収まるでしょう。

それなのに、実際にはほぼ新参者の一年生ばかりがレギュラーに。

元から二軍にいた水無月や如木ですら、元一軍メンバーの実力とは雲泥の差がありましたし。

本当に一軍メンバーに頼り切っていたんだなというのがよくわかります。

200人という部員を抱えていても、選手の層は厚くなかったのでしょうね。

それもこれも、監督が希望組を二軍のストレス発散に使うなんて、無駄なことをやってたせいなのではないでしょうか。

そもそも、監督以外にもコーチたちがいたはずなのに、彼らが指導をするシーンは最初から最後まで皆無…。

 

野球なのにチームプレイなし

野球というのは、かなりチームプレイが重要になるスポーツだと思います。

しかしこの作品では、見どころとなるようなチームプレイはあまり登場しません。

それぞれが個々の突出した能力で圧倒する、という感じですね。

守備にしても、アスナリがいかに打者を抑えるかばかりが描かれていて、他の守備に関してはほぼノータッチ。

練習や特訓、日常生活のシーンでは熱い友情や絆が描かれているだけに、肝心の試合でそれがあまり見られないのは残念だったなと思います。

そもそも試合シーン自体が少なかったので、しょうがないのかもしれませんが。

もし物語がきちんと甲子園まで続いていたら、感動するようなチームプレイを見ることができたのでしょうか。

 

「栄冠は俺に輝く」の感想まとめ

この作品は「惜しい」「不完全燃焼」という言葉がピッタリです。

画が上手くて見やすいし、キャラも一人一人立っていて面白い。

ストーリー全体の流れも悪くなく、一軍が解散するというシーンでは度肝を抜かれました。

しかし細かいところで説得力が足りずに「ご都合主義」「主人公補正」だと感じられることが少なからずあり、さらに突然の最終回。

もう少しストーリーの内容を細かく練って、最低でも最初の甲子園が終わるまで描き切れていれば、もっと面白い作品になっていたのではないかと思います。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/