無料のアプリで読める「心が暖かくなるアットホームストーリー」おすすめ5選

12月 14, 2017

IT’S MY LIFE 6 (裏少年サンデーコミックス)

今回は、日常生活の中で何気ない幸せを感じさせてくれたり、苦難を家族で乗り越えることで生まれる絆をテーマにしたような、「心温まるアットホームな漫画」で無料で読めるものをあつめてみました。

家族がテーマになっていたり、給食がテーマになっていたり、はたまた異世界だったり、面白い漫画がたくさん読めます。それでは、いってみましょう!

ただいまのうた/ふじもとゆうき

主人公の向日葵は、二人の兄と二人の弟を持つ5人兄弟の長女。両親は他界しており、一家の主婦として家事に奔走する忙しい毎日を送っています。

個性的な兄弟たちに囲まれ大変な日々ですが、貧乏ながらも支え合いながら暮らしている花寺家。

ケンカをすることもあるけれど、いざと言う時は一致団結して苦難を乗り越えていきます。家に「ただいま」と帰ってきてくれる人がいる、「おかえり」と言ってくれる人がいる。

そんな当たり前だけどとても暖かな日常が、いかに儚く大切なものかを教えてくれる作品です。この作品を読むと、いつもは何気なく言っていた・聞いていた「ただいま」が、とても心に響くようになりますよ。

この漫画は「マンガPark」で読めます。

 

IT’S MY LIFE/成田芋虫

落ちこぼれ魔女のノアと、元帝国騎士団長アストラが繰り広げるアットホームなファンタジー。ファンタジーと言えば冒険やバトルがメインとなるストーリーが多いですが、この作品は「家」を中心にストーリーが展開していきます。

孤独だったアストラの前に現れたノア、そして一緒に暮らす家にはだんだんと友人が集まるようになり…。理想の家づくりに奔走するアストラの、奇想天外な行動からも目が離せません。

日常のほのぼのとしたコメディーと、シリアスでファンタジー色の強いストーリーがバランスよく練り込まれているので、読めば読むほどその面白さにはまること間違いなし。

「家」というのは「平和」や「暖かさ」の象徴であり、家族という括りだけではなく友人や様々な人たちとの大切な場でもある、という思いが伝わってきます。

ホームメーカーのキャッチコピーにもありそうな、「人が集まる家」や「笑顔のある家」とはこういう家かと納得するような作品。

この漫画は「マンガワン」で読めます。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

給食の時間です。/飯田

この作品はタイトル通り、「給食」をメインテーマとした漫画。しかし重要なのは給食そのものよりも、給食(=料理や食べること)を通して、人との絆を作り上げていくというところにあります。

料理を通して母親の思いやりに気付いたり、家族団欒のきっかけになったり…。一緒に食卓を囲むということは、家族や友人との絆をより深めてくれる行為です。

「給食の時間です。」では、子供たちの目線から見た人とのつながりが上手く描かれているので、自分の過去を振り返ったり、これからの家族関係に生かしたりすることができるかと思います。

食事と言うのは物理的な温かさだけではなく、心までをもホッと温かくする効果がありますね。特に一人暮らしの人は、「母親の料理が食べたいな」と恋しくなるはずです。

この漫画は「マンガワン」で読めます。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

おはようとかおやすみとか/まちた

念願の悠々自適な一人暮らしを始めた和平。家族や古い実家など煩わしいだけ…そう思っていた和平ですが、いきなり行く当てのない3人の異母妹と同居することになります。

初めは妹たちを煩わしく思い、早く出て行ってほしいと思っていたのですが…。嫌々ながらも一緒に暮らしていくうちに、「帰る家」というものの大切さに気付き、妹たちを引き取ることを決意します。

戸惑うことも多い中、試行錯誤しながら彼らが本物の「家族」になっていく姿に、とても心癒されるストーリー。タイトル通り、「おはよう」や「おやすみ」という小さな積み重ねが、家族を形作っていくのだと実感させられます。

大人にとっても子供にとっても、帰る家があるというのはとてもありがたいことですね。

この漫画は「マンガほっと」で読めます。

有名作品満載の「マンガほっと」
マンガほっと width=
androidでインストール ⇒ iOSでインストール ⇒

 

LOVE SO LIFE/こうち楓

身寄りがなく施設で暮らしている中村詩春は、大の子供好きで将来の夢は保育士さん。その夢を叶えるために保育園でアルバイトをしていたのですが、ひょんなことから園児である双子の子供のベビーシッターをすることになりました。

双子の保護者はアナウンサーの松永政二。ベビーシッターとして松永の家に通う詩春ですが、次第にまるで本当の「家族」のように暖かな家庭にいるような気分に。

松永も詩春が家族の一員になってくれたらと思っており…。歳の差や複雑な家庭環境などを乗り越えて、二人がどうくっつくのかが楽しみなポイントです。

叔父と甥姪、そしてベビーシッターというてんでバラバラだった4人ですが、傍から見るとなんの違和感もなく「家族」に見えます。大切なのは血縁関係だけではなく、「絆」なのだということがよくわかる作品ですね。

この漫画は「マンガPark」で読めます。

 

まとめ

当たり前だと思ってないがしろにしてしまいがちな、日常の風景や家族とのやりとり。

しかしそれは当たり前のことではなく、自分と家族、または友人や周りの人たちと地道に作り上げてきたものだということに気付かされる作品ばかりです。

辛い時や苦しい時、悲しい時や落ち込んだ時には、これらの作品を読んで、ホッと心を温めてもらえたらなと思います。

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/