オススメのギャグマンガ15選(シュール、パロディなど)

投稿日:

アホガール(1) (週刊少年マガジンコミックス)

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。

今回は、過去に読んだマンガの中から、オススメのギャグマンガを紹介したいと思います。それではいってみましょう!!

シュール部門

坂本ですが?

全4巻で完結した、個人的キング・オブ・シュール、「坂本ですが」。1巻を初めて読んだ時、衝撃が走りました。スタイリッシュ&クーレスト、坂本君カッコよすぎでしょ。

 

内容は、超人的な身体能力を持つイケメン「坂本くん」が過ごす学園生活を描いたストーリー。彼にかかれば、黒板を消す事、上級生にパシられる事さえもスタイリッシュになります。

 

ニーチェ先生

さとり世代のゴールデンルーキー「新井智慧」が、コンビニエンスストアで働くのだがその発言、行動がぶっ飛び過ぎていて、笑いを誘う作品。実写化もしている。

 

確かにこんな奴はいそうな気がするが、さとり世代代表みたいな感じで書かれるのはどうかとも思ってしまうので、そういうところに違和感感じる人は読まない方が良いと思う。ただのギャグマンガとして見れば、普通に面白いです。

 

聖☆おにいさん

神を冒涜しているんじゃないかと思うこちらの「聖☆おにいさん」。いや、訂正します、間違いなく冒涜しています。

主人公はブッダとキリストになっていて、休暇を地上で過ごすというストーリー。とにかく神様を描いているとは思えない程ゆるい、いやゆるすぎ。そんなゆるい二人の掛け合いが面白すぎ。

ブッダには後光がさしたり、キリストは茨の冠が食い込んだりと神さま要素をプラスした笑いは必見です。

 

すごいよ!!マサルさん

シュールと言えばやっぱり「うすた京介」さん。代名詞みたいな人ですよね。すごいよマサルさん、ピューと吹くジャガー、そして2016年にコミックスが久しぶりに販売されたタベルなどがありますよね。

中でも小さい時ジャストの世代だった「すごいよマサルさん」は忘れられないですよね。小学生には笑いが意味わからな過ぎる事もよくありましたけど。大人になって、ピータンがどういうものか、初めてわかりました。

 

サラリーマン山崎シゲル

お笑い芸人である田中光さんによって描かれている1コマ系ギャグマンガ。

絵も内容もシュールすぎて面白い。山崎さんみたいな人いたら嫌だなぁ・・・。

 

ギャグ部門

中間管理録 トネガワ

カイジシリーズが好きな人は「中間管理録 トネガワ」はぜひ読みましょう、めちゃくちゃ笑えます。内容は兵藤会長の命を受けて面白いゲームを考えないといけない利根川が、黒服の部下たちとともに、会議を重ねて考えていくというもの。

会長兵藤と、部下の黒服達の間に挟まれた中間管理職である利根川は、部下たちの心を掴みながら仕事を進捗させないといけないという、展開をカイジ節で面白おかしく描いています。とにかくオススメなのが1巻最終話の「パワポ・・・・・・!!」のシーン。う~ん、面白すぎです。

 

北斗の拳 イチゴ味

男の中の男達が集い、愛のために闘い、そして愛のために死ぬ超名作「北斗の拳」。その中の登場人物、サウザーに焦点を集めたパロディマンガ。

僕は北斗の拳ドンピシャの世代ではなく、再放送で見るのが中心ですが、ちょっとでも世界観を知っていればめっちゃ笑えます。ちなみにアニメ化もしています。

 

となりの関くん

主人公の隣に座っている「関くん」が授業中に全力で遊んでいるのを、主人公が心の中で、もしくは実際に突っ込むという、なかなか独特なストーリー。

授業中に、本気の棒倒ししたりサボテンを作ったりと、内職のレベルを軽く超えた関くんの行動には突っ込みどころが満載です。

 

おとうふ次元

ギャグマンガとしてかなり秀逸だと思う。おとうふ次元。上に書いたとなりの関くんと同じ人が原作を書いています。

このおとうふ次元では、200年後の世界から来た主人公のトライ・ジンが、ある理由から現代に取り残される。彼の使命は、現代に残る事により、未来が影響を受けないようにすることである。

未来が変わらないよう、未来人として現代に生きる人と接していく様子は、なんともシュールな様子。1話のニク・ジャガのくだりを、「味の宝石箱」で締めたところは、電車で笑ってしまいました。

 

MONSTER×MONSTER

モンスターハンターを彷彿とさせる世界感で描かれる「MONSTER×MONSTER」。主人公はモンスターを狩るハンター・・・ではなく、ただのニートという、凄まじく主人公らしくない設定。

とにかく1巻では主人公のクズっぷりが目立つし、「なんだコイツw」と思えて笑えるシーンが多い。ただし、2巻からは笑いの要素だけではなく、少しづつ感動の要素も盛り込んでくるのが特徴。最終3巻で、ちょっと感動する。

あと、画力がめちゃくちゃ高いのも特徴。表紙の画がそのまま内容に反映されている感じ。このスキルがあれば、普通のマンガを描いても売れるだろうに。

 

ひまわり

今ノリにのっている女性マンガ家、東村アキコさんの父親「健一」を題材にしたマンガ。天然が爆裂した健一さんの行動レベルが予想のナナメ上を簡単に超えてくる。

一番好きなのは、カレーのシーン。そんなカレーの掛け方・・・あります?

 

アホガール

何も考えずに笑いたければこれ。とにかく超ド級でアホな「よしこ」が主人公のこちらのマンガ。よしこが明るいアホ過ぎて、めちゃくちゃ笑えます。

 

ボンボン坂高校演劇部

小学生の頃初めて読んだとき、徳大寺ヒロミのキャラが突き抜け過ぎてて、お腹を抱えて笑ったマンガ。人間離れし過ぎでしょ。

いろいろ大笑いしたシーンがありますけど、ヒロミが元の体に戻る回をよく覚えています。ハイヒール投げまくるお母さんって、すごい設定だ(笑)。

 

ラッキースケベ部門

ぜつりん

もはや表紙から狙っていることをひしひしと感じる「ぜつりん」。タイトル、表紙からご想像の通り、中身はラッキースケベの祭り騒ぎが開催されています。

巻を増すたびに、刺激的な感じになっていくので、1巻読んで合わなければやめといた方がいいかもしれません。ただし、「下らない事で笑いたいだけどオススメのマンガある?」と聞かれたら、僕は間違いなくこれを推すでしょう。

 

監獄学園

2015年にアニメ化した「監獄学園」。マンガもアニメもめちゃくちゃイイですけど、個人的にはアニメの方がオススメ。ガクトの笑いは動きが付いた方がいいと思ってます。

監獄学園、ジャンルは何か?と聞かれたらラッキーすけべ系だと思うんですけど、細かなジャンル分けが難しいんですよね(笑)とにかく、読んで損はしないので、一読される事をオススメします。

 

まとめ

パニックホラーとか、ダークファンタジーって、物語の流れを覚えておかないといけないのに対して、ギャグまんがって一話完結で気軽に読めるのがいいところ。

そして何よりも笑うことで、いろんな事を忘れさせてくれるところがギャグまんがの素晴らしいところ。いっぱい笑って、幸せな気分になってみては如何でしょうか?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-テーマ別おすすめマンガ
-

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.