オトメン(乙男)|イケメン、スポーツもできる乙女な男子、正宗飛鳥

更新日:

オトメン(乙男) 1 (花とゆめコミックス)

菅野文先生の「オトメン」が1話から無料で読めるアプリはマンガPark

イケメン、文武両道な正宗飛鳥がじつは女の子のようなキャラクターの「オトメン」は白泉社の公式アプリ「マンガPark」で無料で読めます。

iPhoneで読む

androidで読む

 

「オトメン」のあらすじ・ストーリー

主人公の正宗飛鳥はイケメン高校生です。剣道では全国一の腕前の持ち主。ある日美少女りょうに一目惚れします。

しかしそんな正宗飛鳥には秘密がありました。本当は、ふわふわ、きらきら、キュート、 スイート、恋物語が大好きな飛鳥

(出典:オトメン1話)

 

父が女になりたいと出て行ってしまった事で、母に男らしく育てられたので本当の自分をさらす事が出来ません。

しかし恋人りょうを始め個性豊かな友人達を励まし励まされながら、だんだん自分を認めて受け入れて行きます。

厳しい母には認めてもらえるのでしょうか?

りょうとの恋の行方はどうなって行くのでしょうか?

 

オトメン増加、正宗飛鳥に功労賞

オトメン連載開始当初は、オトメンなんて斬新な設定でした。

正直、オトメンは、男が好きなんじゃないのかと勘違いしてました。

しかし時は流れてオトメン男子が増加し、今はオトメンが常識になったような気がしています。

みな隠すのをやめたからだとしたら正宗飛鳥に功労賞を与えたいです。

生物学的には、男の人は女性らしさを女の人は男性らしさを持っているもので年をとると男性ホルモンや女性ホルモンの減少に伴い性別が曖昧になっていくそうです。

という事はやはり、男らしく、女らしくっていう言葉に縛られて男は強く、女は家庭的にと振舞ってきただけだったのでしょう。

オトメンは、そうじゃなくていいんだと言う力強いメッセージを感じます。

 

正宗飛鳥は文武両道かつ、男女両道

飛鳥のイケメンぶりとオトメンぶりは目を見張るものがあります

顔が良くて剣道全国一ってだけでも最強なのに、美味しいお弁当、ケーキ、裁縫に、掃除が得意で可愛い過ぎです。

りょうのおじいちゃんのお世話するシーンをみたら結婚したいキャラクターランキングで一気に上位に食い込んでくる勢いを感じました。

性格も優しく、嘘をついていたお母さんにどこも悪くなくて良かったと言う飛鳥はとても良い人です。

オトメンはオトメンを呼び飛鳥のまわりにはオトメンであふれている所も面白いです。

 

友達の全てを受け入れ認め合う飛鳥

お母さんが女性として生きたいお父さんみたいにならないで、男らしさを強要した結果良くも悪くも今の飛鳥になったわけです。

親の為に自分らしくいられないで、常に葛藤してきた飛鳥です。

でもその反面教師のせいで友達のありのままをみとめる優しく理解ある個性が産まれたような気がします。

お母さんはとてもひどいことをしてきましたが、息子を愛するあまり方向を見失ってしまっただけですね。

 

飛鳥に関わる個性的な人々

飛鳥が一目惚れする男らしく不器用なりょうからはじまり少女漫画家の橘充太、メイクが上手な多武峰一 、花を愛する 黒川樹虎など個性豊かな友達がいます。

みな、得意な分野への情熱がすごくて今すぐ働けそうなプロフェッショナルぶり。

実際充太は、少女漫画家で漫画賞を受賞しているほどです。

面白いのは、男らしいりょうのあまりにもひどい不器用ぶりです。

バレンタインのチョコはチョコには見えず毒クモのようだし、料理も地獄煮込みのような出来、引っ越しの感動的な場面で渡したツギハギだらけのクマのぬいぐるみには大爆笑。

時々、飛鳥はりょうで本当にいいの?と疑問が沸きますが、りょうの強さと凛とした美しさを持つ女性は稀なので、多少の不器用差は気にしない様にします。

次に好きなのは、多武峰一が、可哀想な女性をみると放っておけずにメイクで輝かせるところや、おばあちゃんのメイクの話もとっても良くて人の喜ぶ顔がみたいと言った多武峰一に飛鳥とどっちがカッコいいか迷うほどに。

お父さんにメイクでトップを目指せと認めらた時は、なぜか誇らしい気分になりました。

オトメンは、 主人公以外の話でも無駄がなくとてもひきこまれるのです。

 

飛鳥のハッとするありがたい名言ベスト3

飛鳥は、自分が長い間オトメンを隠してきた為に人の気持ちが良くわかる優しい人です。

そんな飛鳥が言ったシビレるセリフベスト3を紹介します。

漫画賞を受賞したけれど、素顔を明かせない橘に言った一言

「隠している事を詮索するつもりはない」

シビレます。

 

女性らしい事を何一つ出来ないりょうに言った一言

「そのままでいい」

シビレます。

 

男っぽかった時は振り、女らしくなったらよりを戻したいという萌松音羽の元彼に言った一言

「女らしいとか男らしいとか人を好きになるのにそんな事関係ないだろう」

シビレます。

 

もっともっとあります。飛鳥は人の触れて欲しくない部分を優しく包んでくれるのです。みな、飛鳥の言葉を胸に自分らしく輝けるのでした。

 

息子が心配な、飛鳥のお父さん

虚無僧になったり、紫の怪人の人になったり、パティシエのシェフとして正体を明かさずに一緒にケーキを作ったり、そんな優しくいつも飛鳥を見守る素敵なお父さん

飛鳥は、お父さん似で本当に良かったです。

飛鳥を助ける為に自分の息子だと言うシーンはジーンときました

泣き虫なオトメンなお父さん、また一緒に暮らせるといいですね。

番外編ガラスの仮面のパロディー「ガラスのオトメン」では、以前から紫のバラの人みたいに描写されていたお父さんも登場。

白目をむくシーンも忠実に再現されていました。クオリティ高く面白かったです。

 

ハッピーエンド感動のラストシーン

みんなを守る為に、みんなと距離を置く飛鳥。

そんな飛鳥の優しさを知り、友達がどんどんカミングアウトする卒業式は号泣でした。

この卒業式のシーンで最終回でも良かったくらいです。

しかし、さらにふた山あります。記憶喪失になった飛鳥、そのおかげで家族が再生し、思い出の味、りょうのガトーショコラを食べさすシーンはガトーショコラのビジュアルのせいで感動が笑いに変わりました。

さらに、飛鳥とりょうの結婚式。

お母さん二人が登場するのはオトメンらしい最終回です。

 

「オトメン(乙男)」の感想・ネタバレ

オトメンは、毎巻ラストで「え?次はどうなるの?」と期待を持たせて終わるので待ち遠しく過ごせる時間が好きでした。

男だの女だの関係なく、個性を生かす事が大切だと教えてもらいましたね。

iPhoneで読む

androidで読む

 

1巻の感想:飛鳥の凛々しい姿とのギャップ萌え

剣道部主将で男らしい一面と、料理や裁縫をしている時の乙女な一面のギャップが素敵すぎる!

「オトメン」というタイトルを見て、いわゆるオネエ系男子の話なのかな?と思っていたのですが、全く違いました。

強くてかっこよくて男らしい、だけど可愛いものも女の子らしいことも大好き…そんな主人公。

あんな凛々しいイケメンが、ぬいぐるみ作ったりキャラ弁作ったりするというギャップがたまりません。

そして可愛いものを愛でている時の、キラキラとした顔。

まさに乙女の中の乙女で、その辺の女子より圧倒的に女子力は上

嫁に来て欲しいというりょうの父親の気持ちがわかりすぎます。

 

相性ぴったりの飛鳥とりょう

乙女チックなものが大好きな飛鳥と、男らしくたくましいりょうは相性ぴったり!

「豪快」という言葉がこれほど似合う女子はいない、と思うほど男らしいりょう

焼魚・キュウリ・米がみっちりと詰まった弁当や、梅干とたくあんがブッ刺さったおにぎりは衝撃的でした(笑)。

ただ、りょうも単に男勝りでガサツなキャラというわけではなくて、言葉遣いもきちんとしているし可愛いものは喜ぶし、ちゃんと女の子らしい一面も

そういったギャップの面では、りょうもとても可愛くて魅力的ですね。

この二人がくっついてラブラブするところはあまり想像がつきませんが…でも二人でいるとほのぼのして、とてもお似合いな組合せだと思います。

 

2巻の感想:オトメンの危機…ラスボスは飛鳥の母

 

母親の気持ちと飛鳥の秘密

息子に男らしくなって欲しい飛鳥の母。飛鳥もそんな母親の期待にできる限り応えようとするけれど…。

この作品のラスボス的存在は、何と言っても飛鳥の母親です。

母親さえ「オトメン」を許容してくれれば、飛鳥ももうオトメンであることを隠す必要がなくなるのですが…。

でも自分の夫が「女になりたい」と言って去っていくなんて、リアルに考えても結構なトラウマになりますよね…。

その反動で息子に対して男らしさを求める気持ちも、よくわかります。

だけどお見合いまで強制するのはちょっとやりすぎかなと思いましたが、最終的にはお見合いを断って一人の女性と添い遂げるのも「男らしい」ということで、めでたしめでたし。

でもいつかは、ちゃんと飛鳥の乙女な一面も認めてあげて欲しいな、と思います。

 

白馬に乗って颯爽と現れるりょう

男らしくお見合いを断った飛鳥だけど、更に上を行く男らしさを発揮したりょうがお見合いをぶち壊すよ!

この作品は学園物ですが、時々かなりぶっ飛んだ展開になることがあって、それもまた面白いところです。

前回は飛鳥が闘牛をやってましたが、今回はりょうが白馬に乗って壁をぶち破るというトンデモ展開(笑)。

可愛いのにカッコイイ、まさに王子様!

乙女チックな女子なら一度は憧れるシチュエーションなので、飛鳥もきっと感無量だったことでしょう。

 

3巻の感想:りょうへの告白ともう一人のオトメン

 

真面目なのにシュールな飛鳥の告白シーン

飛鳥がハッキリと気持ちを伝える重要なシーン。感動もあるけどちょっとシュールで面白い…

真面目な告白シーンすら、一筋縄ではいかないのがこの作品の面白いところ。

ダイナマイトを持って全力疾走しながらの告白なんて、そうそうあるもんじゃないです。

しかもりょうも後ろから追いかけてきながらの「はい」という返事(笑)。

本人たちは大真面目ですが、傍から見るとかなりシュールな光景ですね。

思わず笑ってしまいそうになりますが、何はともあれすんなりと二人がくっついてくれて嬉しいです!

ただ、晴れてカップルとなった二人ですが、ラブラブカップルに3人で乗っているところを見ると、今後の展開もスローペースっぽいですね。

 

メイク好きなオトメン多武峰

乙女チックな飛鳥とはまた違ったタイプのオトメンが登場するよ!

飛鳥のライバルである多武峰も、じつはヘアメイクが大好きなオトメン

飛鳥とのコンビネーションは抜群で、私も蝶にしてほしい!と思った女性はきっとたくさんいるはず。

彼の登場で、一言でオトメンといってもいろんなタイプがいるんだなぁというのが分かりました。

でも乙女チックな飛鳥とは違って、ヘアメイクなら男性の美容師ややメイクアップアーティストもたくさんいるでしょうし、そんなに女々しいという感じでもないような。

「男らしい」とはちょっと違うけれど、普通に「かっこいい」部類ではあると思います。

 

菅野文先生の作品はこちら

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-マンガParkで無料で読める
-, , ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.