【期間限定無料で読める】パーフェクトワールド プチキス 感想・あらすじ 【障がい者と、障がい者を愛する人の恋物語】有賀リエ

更新日:

パーフェクトワールド プチキス(1) (Kissコミックス)

今回、紹介するのは、「パーフェクトワールド プチキス」です。

インテリアデザイン会社に勤める川奈つぐみは、仕事で初恋の相手・鮎川樹と再会しました。

一級建築士になり、夢を掴んでいる樹。

しかし彼は事故により、車椅子生活を余儀なくされていたのです。

「障がいのある恋ができますか?」

恋心と厳しい現実に揺れるつぐみと、もう恋はしないと誓う樹の、心の触れ合いを描いたストーリーです。

「パーフェクトワールド プチキス」は、 ebookjapan で、2017/10/7まで、3巻無料になっています(1巻はネットでそのまま読めます)。

 

「パーフェクトワールド プチキス」のあらすじ

主人公の川奈つぐみは、インテリアデザイン会社に勤めています。

つぐみは仕事の飲み会の席で、高校時代の初恋相手・鮎川樹と再会しました。

樹は、一級建築士の夢を掴んでいたのです。

思わぬ再会に、かつての恋心を思い出すつぐみ。

しかし、樹が大学時代の事故で脊髄を損傷し、車椅子に乗っている姿を目の当たりにしたとき、思わず尻込みしてしまいます。

それでもつぐみは、彼の生き方と、仕事に対するひたむきな情熱を見るうちに、今の樹のことを愛するようになるのです。

「あなたは障がいのある恋ができますか?」

その答えの一つを見つけ出すように、つぐみと樹の恋を追うストーリーになっています。

 

真っ直ぐに純粋に。恋に踏み出す女性・川奈つぐみ

主人公のつぐみは、素直で真っ直ぐな女性です。

初恋相手の樹と再会したとき、思わず胸が高鳴ったのですが、彼が車椅子に乗るのを見た瞬間、(一歩引いた自分がいた)と自己嫌悪します。

すごく素直で、共感できるシーンですね。

初恋相手との再会なんて、ちょっとした運命を感じてしまいます。

それなのに初恋相手は、重い障がいを背負っていた。

この事実を受け入れられないのは、至極もっともだと思います。

つぐみの素敵なところは、目を背けたり、偽善的な言葉で取り繕ったりせずに、まずは「一歩引いた自分」をしっかり自覚したところです。

その上で、色眼鏡なしに樹と接して、彼の努力と苦労を目の当たりにします。

そして、「今の樹が好きだ」と、純粋で真っ直ぐな答えを導き出すのです。

樹に対して、自分ができることはないかと、つぐみが一生懸命になる姿は、純粋で美しくて、応援したくなります。

 

夢を掴み、懸命に努力を続ける男性・鮎川樹

樹は、高校時代はバスケットボールをやっていたスポーツマン。

そんな彼が、大学時代に遭った交通事故で脊髄損傷。

一生歩けない体になってしまったのです。

しかし樹はその後、夢だった一級建築士になり、仕事に邁進しています。

彼の言動はどれも前向きで、痛々しいほど一生懸命です。

資格を取って会社に勤められたことを、「俺は幸運なんだ」だからしがみつくよ、と笑います。

体を壊し、仕事が間に合わなくなりそうなときでも、「いつ死ぬか分からないんだから、今やらなきゃだめなんだ!」と、ベッドにいながらも仕事を続けます。

その覚悟の裏には、今まで味わってきた、悔しさや悲しみがあるのですね。

樹のひたむきな努力と、それを支えるつぐみの姿には涙を誘われます。

 

悲しい過去の恋から心を解き放つために。元彼女の幸せな笑顔

樹は障がい者になったことがきっかけで、高校時代から付き合っていた雪村美姫と別れていました。

障がい者になった自分と付き合い続けることで、美姫までもが冷たい視線に晒される。

そんな辛い現実から美姫を解放するために、樹から別れを選んだのです。

同窓会で再会した2人が会話するシーンは、胸が痛くなります。

互いに嫌いになって別れたわけではない。

本当ならば、ずっと一緒にいたかった。

そんな2人の気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

明日、結婚式を挙げる美姫。

「本当に好きだった」と、涙ながらに懺悔する彼女。

素直に祝福できず、「お前のことなど忘れた」と冷たく突き放す樹。

どちらの気持ちも分かるからこそ、本当に切ない場面です。

それを見たつぐみが翌日、なんと樹を結婚式場に連れていきます。

「このままじゃ、幸せだった思い出までグチャグチャになっちゃうよ!」

樹のことが好きなつぐみにとって、元彼女の美姫との接触は辛いはずです。

それなのに、つぐみは2人が悔いを残さないように、未来に向かって歩いていけるように、必死にお膳立てするのです。

なんて優しくて、真っ直ぐな女性なんでしょう。

遠くから、結婚式を笑顔で見る樹に気づき、涙する美姫。

美姫の花嫁姿を見て、「幸せになってくれて良かった」と泣く樹。

2人が悲しい過去の呪縛から解放され、ようやく前に踏み出せたという素敵なシーンです。

 

障がいを受け入れるなんてできないけど、生きていく。樹の障がいに対する気持ち

樹は障がいを持ってから一級建築士の資格を取り、会社に勤めています。

彼自身の努力の甲斐もあり、同僚に恵まれ仕事に邁進しています。

その姿を見ると、彼は障がいを受け入れ、前向きに昇華出来ているように見えます。

しかし樹の本心は、そうではなかったのです。

彼の障がいに関する本当の気持ちが聞けるシーンとして、樹と同じように脊髄を損傷し、車椅子生活となった高校生・晴人との出会いがあります。

まだ自分の障がいを受け入れる「障がい受容」ができていない晴人。

「どうすれば、歩けない自分を受け入れられるの?」

そう言って泣く晴人に言った樹の言葉に、ハッとさせられます。

「俺だって障がいを受け入れられたわけじゃない。

障がいを受け入れられなくても、何か一つ楽しいことがあれば、生きていけるよ」

障がいを受け入れる。

こういう考え方は、現実的ではないのかも知れませんね。「歩けなくなった。さあ、受け入れて新しい生き方を!」なんて、簡単に頭を切り替えられるわけがないですよね。

障がいを持つ人を見て、ときに私たちは、(障がいを受け入れられて、強い人だな)と、安易に考えてしまいます。

しかし本当は樹のように、「受け入れられてはいないけど、楽しいことに目を向けて、懸命に生きている」そんな姿が「強く見えている」のかも知れませんね。

 

「パーフェクトワールド プチキス」の感想まとめ

つぐみと樹の、ひたむきな努力が心を打つ作品です。

障がいという難しいテーマを扱っていますが、伝えたいメッセージが分かりやすく、真っ直ぐに伝わってきます。

感動するストーリー展開が好きな方に、特にオススメです。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-ebookjapanで無料で読める
-,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.