ふたりエッチが無料?

名作「ふたりエッチ」が「マンガPark」で公式に無料で読める!

⇒レビュー記事を見てみる
⇒マンガParkで読んでみる

好みのマンガを検索してみる⇒

【無料で読める】ピグマリオン 感想・ネタバレ 【マスコットキャラクターに襲われる恐怖】

更新日:

PYGMALION-ピグマリオン- 1 (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)

作者渡辺 千絋
最新刊(2017/09)3巻(amazonへ)
無料で読めるアプリマンガZERO
(アプリストア)

 

 

今回紹介するのは、今や全国のご当地やテレビなどでも人気のマスコットキャラクターを題材としたホラーの「ピグマリオン」です。

かわいいマスコットキャラクターの変化がとても恐ろしく、その陰謀も気になるストーリーになっています。

ピグマリオンは、「マンガZERO」で無料公開しています。

無料で読みやすい「マンガZERO

 

ピグマリオンのあらすじ

物語は、数年前から流行りだしたマスコットキャラクターが、だんだんとかわいい顔から様子が変わり、人間を襲い始めるという始まりです。

中身が人間であることは大半の人が知っているマスコットキャラクターのはずですが、そのマスコットキャラクターが同じ人間を襲うというのにはどのような経緯があったのでしょうか。

逆に、中身の人間も征服されていてマスコットキャラクター自体が怨みなどを抱いて復習をしているのでしょうか。

かわいいご当地マスコットキャラクターの物語ですが、マスコットキャラクターが大好きなお子様よりは、単純にサスペンスやホラーが好きな大人の方が楽しめる物語となっています。

 

登場人物とストーリーのギャップ

この物語の最大の肝となるのは、想像していたストーリーと実際のストーリーのギャップです。

マスコットキャラクターというかわいらしい登場人物ながら、ストーリーは世界征服のような感じなのです。

読んで行けばだんだんとこの世界観を理解し飲み込めるのですが、読み始めはもっとマイルドな展開を想像していました。

そして、途中途中でホラーな描写が描かれますが、でもこのあとキャラクターらしいかわいい展開が待っているはず…と想像しながら読み、見事にその想像は何度も裏切られるのです。

そして結末は全く想像もしていなかった、イメージともかけ離れたエンドとなっています。

自分の想像通りに進まないマンガとしてナンバーワンだと思います。それがまた面白く、魅力的なところでもあります。

 

未知の生物と戦う恐怖

結果的に日本が征服されるか守るかという物語ですので、主人公は凶暴化したマスコットキャラクターたちと戦うことになります。

その中では大切な人がマスコットキャラクターによって目の前で殺されたり、時には友人が操られたようになり自分に襲いかかって来たりもします。

戦争映画のように、人と人、武器と武器での戦いであれば対策は考えられますが、やはり未知の生物との戦いというのは難しいものがあるようです。

ましてなぜマスコットキャラクターが凶暴化したのかということもわからない状態ですので、自分がもし同じ立場ならどうしようもない、諦めると思うと思います。

 

バトルロワイアルとゴジラと進撃の巨人の掛け合わせのような物語

見つかったら殺される、殺すか殺されるか、どっちが先にやるかという面では、バトルロワイアルに似た部分があるストーリーです。

ただ、やはりマスコットキャラクターが相手ですのでどこか可愛くゆるい印象になってしまいますがそのぶん残酷さが際立ちます。

逆に、未知の生物との戦いで対策が見出せない部分を切り取ると、ゴジラシリーズに似た面もあります。

人間には致命的であるはずの銃や大砲が、全く効かずに対策をしているうちに次々と人々が犠牲になっていく様子は、ピグマリオンでも見る光景で、読んでいると昔見たゴジラの映画を思い起こさせました。

また、マスコットキャラクターは序盤は特に人々を襲う方法として食べるという手段を使います。

この部分は、進撃の巨人のようなイメージもありました。

バトルロワイアルもゴジラも進撃の巨人も、現代社会ではまず考えられないことを題材としている物語です。

だからこそ現実味を帯びずに客観的に楽しんで見られる物語ですが、ピグマリオンはこの物語たちの恐ろしい局面を全て掛け合わせています。

さらにマスコットキャラクターという、わたしたちに比較的身近な近い存在を登場人物にしているので、なんとなくリアル感が出ていて、ホラー感はたっぷりです。

 

ピグマリオンの感想・ネタバレまとめ

ピグマリオンを読む前から、マスコットキャラクターの中の人って大変だなーとかはよく思っていました。

暑いし動きにくいし、子どもには叩かれるしそれでも夢を壊しては行けないという理念があるので、なかなかの忍耐が必要だとは思っていました。

しかし、そもそもマスコットキャラクター自体に感情があったら…というのを考えさせられたのは、ピグマリオンを読んでからです。

簡単に言えば、もしかしたら人間が作ったキャラクターではなく本当に何かの妖精なのかもしれないということです。

まぁ、普通に考えればありえない話ですし、マスコットキャラクターには縫い目もチャックもあります。

感情なんてありえないと思うのが当たり前かもしれません。

でも、小さい頃から一緒に寝ていたぬいぐるみやお人形には情が移るものです。

そして、そのぬいぐるみやお人形にも感情があり、ゆえに泣く泣く始末する場合には神社で奉納という形をとることも多いです。

怖い話ですが、ホラーの中ではよく、日本人形の髪の毛が伸びるなどの話もあります。

そのようなことを考えると、ピグマリオンの中でマスコットキャラクターが感情を持ち人間を襲うというストーリーも不思議と受け入れられるのです。

無料で読みやすい「マンガZERO

 

 

ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

-マンガZEROで無料で読める
-

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.