ふたりエッチが無料?

名作「ふたりエッチ」が「マンガPark」で公式に無料で読める!

⇒レビュー記事を見てみる
⇒マンガParkで読んでみる

好みのマンガを検索してみる⇒

無料のアプリで読もう!秘密のレプタイルズ【たくさんの爬虫類たちが登場する生き物系漫画】あらすじ・感想

更新日:

秘密のレプタイルズ(1) (裏少年サンデーコミックス)

たくさんの爬虫類や両生類が登場する生き物系作品「秘密のレプタイルズ」はマンガワンで読めるよ!

 

アプリを無料ダウンロード

ストアでレビューを見る

 

1分で分かる!「秘密のレプタイルズ」のストーリー

大型の総合ペットショップ「アニマーレ」には、犬や猫など普通のペットだけではなくヘビやトカゲと言った爬虫類もたくさん。

爬虫類のことなど何も知らなかった男が、爬虫類マニアの店員に押されて徐々にその魅力にとりつかれてしまいます

秘密のレプタイルズは、爬虫類や両生類を中心としたさまざまな生き物の紹介や、その魅力について描かれた作品です。

 

「秘密のレプタイルズ」のあらすじ

秘密のレプタイルズは、たくさんの爬虫類や両生類の魅力がたっぷり詰まったお話だよ!

ある日主人公の海原入鹿は、気分転換のために大型総合ペットショップ「アニマーレ」に立ち寄ります。

ハムスターなどフワフワの小動物に癒されていたところにやってきたのは、哺乳類をディスりまくる店員、長良永。

長良は爬虫類に全く興味の無かった入鹿にその魅力を分からせるべく、強引に爬虫類コーナーへと連れて行きます。

そこにいたのは、ヘビ、カエル、トカゲなど様々な両爬虫類たち。その中でも特に人気の高い「レオパードゲッコー」に心を奪われてしまった入鹿は、長良の思惑通り爬虫類マニアへの道を歩き出すことになるのです。

 

知らなかった爬虫類の世界…充実のラインナップ

爬虫類に興味が無かった人でも、興味をひかれること間違いなし!

普通の暮らしをしていたら、爬虫類と触れ合う機会なんてそうあるものではありません。それゆえに、爬虫類をただ怖いもの、気持ち悪いものと思い込んでしまっている人って結構いると思うんですよね。

この作品ではいわゆるマニア向けのものから初心者向けのものまで幅広く紹介されているので、中に一つくらいは魅力を感じるものがいるはず。

それもただ単に「おすすめですよ!」とすすめるだけではなくて、これは初心者には難しい、こういう手間がかかると言ったデメリットなんかもきちんと紹介されているところに好感が持てます。

 

気になる長良さんの部屋の中

自他ともに爬虫類マニアと豪語する長良さん。そのお部屋には一体どんな爬虫類たちが…?

主人公である入鹿の部屋には、レオパードゲッコーをはじめとして徐々に爬虫類たちが増えつつあります。それでもまだまだ部屋の一角が爬虫類コーナーになっている程度なのですが…。気になるのは長良さんの部屋の中

長良さんは餌用のコオロギ(ゴキブリ)を大繁殖させていたり、野生のヘビやオタマジャクシを捕まえて持って帰ったり、他にもいろんな爬虫類の繁殖を行っている上に、タツノオトシゴまで飼い始めました。

入鹿の隣の部屋なので間取りや広さはそう変わらないはずなのですが、そんなに広い部屋でも無さそうなのに…部屋の中がどうなっているのかがとても気になります。完結までにその全貌が明かされる時が来るのでしょうか?

 

初々しすぎる二人の甘酸っぱい恋愛模様

両思いなのは一目瞭然!だけどなかなか決定打にならない、二人の甘酸っぱい関係に注目だよ!

この作品は爬虫類の育成や紹介がメインではありますが、入鹿と長良さんの恋愛模様も見逃せません

この二人、いい歳して中学生かと思うような初々しさに溢れています。特に長良さんのほうはすぐにテンパったり、照れ隠しをしたりと見ていてとても甘酸っぱい気持ちになりますよ。

他の登場人物が女装癖だったり、ドSだったり、行き遅れネガティブ→独占欲丸出しだったりと、ほのぼのとは程遠いキャラばかりだから特に…。

秘密のレプタイルズ 3 (裏少年サンデーコミックス)

 

序盤の「良い爬虫類仲間」という雰囲気の二人も面白くて好きでしたが、お互いを意識するようになってからはそれに「ニヤニヤ」や「ドキドキ」が加わって更に楽しくなりました

 

中二病と爬虫類の抜群の相性

入鹿の中二病っぷりには、見ているこっちが恥ずかしくなることもあるよ!

ヘビやトカゲは、中二病には欠かせないモチーフです。ですからきっと、一度でも中二病を患ったことのある人は、爬虫類好きになる可能性を大いに秘めていると言っても過言ではありません。

入鹿も例外ではなく、ストーリーが進むにつれてどんどん中二病っぷりも加速して行っているように思えます。

特にレオパのケージをレイアウトする際に持ち込んだ「暗黒竜の召喚」というテーマのイメージ図には、大爆笑してしまいました。

結局その案は採用されませんでしたが、最終的にドクロ型のシェルターを使った「ラグナロクの果て~オーディンの亡骸と共に~」は、結構かっこよくできていたからビックリです。このくらいの中二エッセンスなら、より爬虫類の魅力を引き立ててくれるんですね。

 

「秘密のレプタイルズ」が好きな人には、「ベランダビオトープ」がおすすめ

様々な水生生物の飼い方が紹介されているところが似ているよ!

「ベランダビオトープ」は、作者が実際にベランダビオトープを作りその過程について描いたエッセイ漫画です。

ベランダビオトープ (ヤングアニマルコミックス)

 

ビオトープで飼育できる様々な水生生物や水生植物がたくさん紹介されており、ついつい自分も挑戦してみたくなってしまいます。

何か生き物を飼ってみたいなと思った時には、秘密のレプタイルズと共にこのベランダビオトープもぜひ読んでみてください。「ベランダビオトープ」はまんがParkで無料で読めます。

 

「秘密のレプタイルズ」の感想まとめ

知られざる爬虫類の魅力を、もっと知ってもらいたい!

今まで爬虫類の持っていたイメージを、180度変えてくれる作品です。もしも爬虫類の飼育にハードルを感じている人には、まずこの作品を読んでもらいたいですね。

完全に爬虫類が苦手で見るだけでも嫌という人にはちょっと難しいかもしれませんが…。(餌となるコオロギやミルワームが描かれているシーンも少なからずあるので、虫が苦手な人も厳しいかもしれません。)

爬虫類そのものに興味がない人でも十分楽しめるストーリーになっていますし、新たな趣味の扉が開くきっかけになるかもしれませんよ

アプリを無料ダウンロード

ストアでレビューを見る

 

1巻の感想:留まるところを知らない長良さんの爬虫類愛

秘密のレプタイルズ 1 (裏少年サンデーコミックス)

長良さんの溢れんばかりの爬虫類愛がすごい!それに対して小動物ディスは酷い…。

 

ここまで爬虫類への愛を語る漫画というのは、初めてです。

おそらく爬虫類が別に好きではない人にとっては「何言ってるの?」という感じでしょうが、爬虫類好きにとっては長良さんの言ってることがわかりすぎます。

自分の口から爬虫類の魅力を語るのは難しいですが、それを全部長良さんが言ってくれていて嬉しい!

ただ、さすがに長良さんはちょっと拗らせすぎでは?とも思いますが(笑)

動物は好きだけど、爬虫類は気持ち悪くて嫌いという人は、確かに多いと思います。

爬虫類好きとして小動物ばかりがもてはやされるのが嫌なのはわかりますが、それにしても長良さんの小動物ディスはすごい。

ただ、初めは単に爬虫類が好きすぎるが故の暴走かなと思っていたのですが、過去にそのことで傷ついていたんですね…。

爬虫類の悪口を言われた子供の長良さんが、泣きながらウサギをけなしているシーンは切なかったです。

しかしそれを聞いた入鹿の反応が、「自分がされてイヤなことを人にするな。」だったのには笑いましたが(笑)。

この二人の掛け合いは最高に面白いです。

「どっちの方が可愛いか」という話題は日常でもよく出ることがありますが、その答えは川々の「好き嫌いはあっても優劣はない」という言葉に収束されていますね。

この言葉をぜひ長良さんに贈って欲しいです。

 

2巻の感想:ついに長良と入鹿に恋愛フラグ!

秘密のレプタイルズ 2 (裏少年サンデーコミックス)

だんだんと広がっていく爬虫類好きの輪。そして長良さんと入鹿の関係にも少し変化が…?

2巻ではタイトに続いて川々も爬虫類仲間に引きずり込まれ、入鹿もさらに奇蟲にまで手を出す展開に。

爬虫類も一度触れ合うきっかけさえあれば、こうしてどんどん魅力が伝わっていくんですよね。

今後はヘビ系はタイト、カメ系は川々、トカゲやカエル系は入鹿って感じで、それぞれにマニア道を極めていくのでしょうか。

そして、こうして爬虫類仲間としてワイワイやっている展開が続くのかと思いきや…長良さんと入鹿の関係に少し変化が!

長良さんのために後藤田社長に頭を下げに行った入鹿が、かっこよすぎます。

取引先の社長に、自分の関係ないことで意見をしに行くなんて、普通だったら絶対しないし出来ません。

これは長良さんが惚れてしまうのも無理はない…。

二人きりでぶりくらに行くことに心ときめかせたり、長良さんが完全に恋する乙女と化していて可愛いです。

ただこの時点ではまだ長良さんも自分の気持ちにハッキリ気付いていないし、入鹿のほうも恋愛感情があるのかは不明。

後藤田社長には、「友人」と言い切っていましたしね。

この二人のことだから急激に恋愛に発展するようなことはなさそうなので、この甘酸っぱい感じをジワジワと堪能できたらなぁと思います。

ストーリーや作品の雰囲気的に恋愛が絡んでくる展開は無いかもな~と思っていただけに、今後の展開が楽しみで仕方がありません!

 

3巻の感想:静の過去とトガリの秘密

秘密のレプタイルズ 3 (裏少年サンデーコミックス)

今回は静とトガリの過去がかなり掘り下げられているよ!二人は幼馴染だけど、単なる「友人」ではなくて…?

3巻はぶりくらに参加したりミーツェが店員になったりと、見所が盛りだくさんでしたが…一番のメインはやはり静さんの過去編!

ただ単に独身をこじらせているだけのキャラかと思っていたら、それには何やら「噛谷くん」が一枚かんでいる様子です。

この「噛谷くん」、当然キリコのことだろうなと思って読んでいたら、最後に「トガリ君」って言っててビックリ!

確かに、年齢を計算したら現在大学生のキリコでは全然合わないです。

だけど完全にトガリは女だと思っていたので、この展開には度肝を抜かれました。

噛谷くんっていう呼び方とか、過去の話をキリコが静にふったタイミングとか、完全に作者の罠にはまってミスリードさせられてしまいました…。

顔の傷も、3巻最後のシーンまで絶妙に隠されているという策士っぷり!

アリエという男の娘キャラが登場したのすら、「女装」というヒントを与えるためだったのか?と勘ぐってしまいます。

この過去編を見ると、静がトガリに対して言った「私をもっと笑顔に出来る人もいる」という言葉が、完全につながりました。

この時は完全に女子トークだと思っていましたが、トガリ本人のことを言っていたんですねぇ…。

静の告白から現在に至るまでに、なぜトガリは女装しているのか?なぜ静と付き合っていないのか?など、どんな展開があったのかがとても気になります。

 

この記事で紹介した作品はこちら

ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

-マンガワンで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.