ふたりエッチが無料?

名作「ふたりエッチ」が「マンガPark」で公式に無料で読める!

⇒レビュー記事を見てみる
⇒マンガParkで読んでみる

好みのマンガを検索してみる⇒

懐かしの80~90年代!りぼんっ子に捧げるおすすめ漫画20選

更新日:

ハンサムな彼女 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

「りぼんっ子」というキーワードにピンときた方は、一度は「りぼん」に触れたことのある読者さんですね?

特に80~90年代のりぼん作品にはアニメ化やドラマ化されたものも多く、りぼん全盛期であったと言えるでしょう。

懐かしのあの頃を思い出しながら20作品をご紹介いたします。

有閑倶楽部

男子女子それぞれ3人ずつが集まる有閑倶楽部。

全員が美男美女でありながら大富豪というトンデモ設定を上手く活かした学園漫画です。

何度かドラマ化もされているのでタイトルを耳にしたことのある方もいらっしゃるでしょう。

また2017年現在も連載は終了していないという長寿漫画でもあります。

6人それぞれが強烈な個性の持ち主で、アクションありラブコメありと飽きさせないストーリーが魅力です。

普通のラブコメに飽きていたり、少し日常に刺激が欲しい方にオススメです。

ときめきトゥナイト

こちらもりぼんの中ではご長寿漫画の一つです。

人間界と魔界・そして妖精界などのファンタジー世界と学園ラブコメをバランスよく混ぜた漫画です。

序盤は吸血鬼と狼女の娘・蘭世が主人公ですが、話が進むごとに主人公が交代。

第二部は蘭世の弟・鈴世の幼馴染のなるみが、そして第三部は蘭世の娘・愛良が主人公となります。

世代交代の度に成長していくキャラクターを見られるのもこの漫画の楽しい要素です。

ファンタジーラブコメがお好きな方は、この三世代に渡る壮大なストーリーをお楽しみいただけます。

お父さんは心配症

こちらはりぼん史上最高にして最強のギャグ作家との呼び声も高い岡田あーみん先生の連載第一作です。

タイトルの通り、父子家庭の父と娘がメインの物語で、その父が異常ともいえる心配性。

父は娘の恋路をいかにして邪魔をするか画策するのですが、しかしその邪魔が大抵失敗に終わってしまうオチが秀逸です。

たまにほのぼのする父娘エピソードや、お父さん自身のラブストーリーも入るなどギャグ以外の要素も楽しめます。

少女漫画のギャグマンガと侮らず、ギャグ好きには一度は手に取っていただきたい漫画です。

星の瞳のシルエット

80年代の学園純愛ラブストーリーの定番とも言われる漫画です。

タイトルの星は天文を意識したタイトルで、作中でも重要な場面で出てきます。

主人公・香澄の幼い頃の思い出も大切な要素で、謎が解けるまでやきもきさせられます。

彼女と友人達の友情、そして恋愛面では三角関係など、ラブストーリーのお約束を入れつつも切なく美しく描かれていくストーリーは当時「200万乙女のバイブル」と言われたりぼんでも大人気の漫画だったのです。

純愛ラブストーリーをお求めの方にはこちらがオススメです。

ちびまる子ちゃん

今なおテレビアニメが続いているちびまる子ちゃん。

連載当時は1980年代の読者が更に前の時代をちびまる子ちゃんを通して懐かしむ、といった内容でした。

それがアニメとして現代でも続いているというのは凄いことですね。

読むとたちまち懐かしい昭和にタイムスリップ出来ます。まる子と周囲の個性的なキャラ(実在のモデルがいる方も多いんです!)が描く、友情と家族愛を感じられる作品です。

昭和を懐かしみたい時、ほのぼのとしたい時にピッタリです。

四重奏ゲーム

後に「ハンサムな彼女」「ママレード・ボーイ」というヒット作を生み出す吉住渉先生のりぼん初連載作です。

四重奏の奏者達が挑むのはシューベルトの幻の弦楽四重奏曲「虹」の楽譜をめぐる謎。

本作は推理小説のような作品となっています。

謎が謎を呼ぶ展開の中、四重奏の奏者達の友情や恋愛模様も描かれ、シリアスなシーンも多い中、ほのぼのとするポイントとなっています。

吉住渉先生の過去作が気になる方や、少女漫画でも推理ものが読みたい!という方にオススメします。

ねこ・ねこ・幻想曲

ねこだけどお月さまにお願いすると人間に変身出来る能力を持つシロと、優しい飼い主の里子が巻き起こす、ねこがいっぱいの作品です。

ねこ達が繰り広げる冒険や、シロが持つ能力の秘密、そしてシロ・里子それぞれの恋模様も見どころです。

時には寂しい別れもあり、泣けるシーンもたくさんあります。

ファンタジー作品が好きな方や、可愛いねこがたくさん出てきますので、ねこ好きさんも必見です。

きもち満月(フルムーン)

小学生の女の子なら誰しも一度は試したことのある「おまじない」。

先輩に片想いしていた主人公みちるが大好きな豆腐断ちというおまじないに挑むも失敗した挙句、怪力少女になってしまうというラブコメディです。

途中からみちるの怪力は自分のためでなく他人のために発揮することになりますが、そんなみちるの優しさや、彼女を見守る小梅くんに思わずほっこりしてしまいます。

ほんわかとした谷川史子先生の絵柄も可愛らしく作品を引き立てます。

心がほんわかするラブコメディが好きという方にオススメの作品です。

空色のメロディ

ヨーロッパ風の世界観で繰り広げられるファンタジー作品です。

両親を亡くした主人公のメロディは田舎の祖父の元へ移り住み、新しい友人を得て楽しい毎日を過ごすのですが、彼女には重大な秘密が隠されています。

彼女の秘密を巡る陰謀や、それから脱するためのメロディや、友人アークの勇気。

最初は純朴な田舎で送るほのぼのファンタジーなのですが、後半は貴族世界を舞台としたファンタジーへと変わります。

欧州風の世界観が好きな方はメロディの世界観がお気に召すでしょう。

ハンサムな彼女

女性を「可愛い」でもなく「美人」でもなく「ハンサム」と打ち出した本作。華やかな芸能界と、対照的な学園生活の二つの組み合わせでストーリーが進んで行きます。

主人公の女優・未央と、映画監督を目指す一哉の恋愛模様が中心ですが、芸能界におけるトラブルや、学園ラブコメの要素もふんだんに盛り込んであります。

話が進むごとに「ハンサム」に成長していく未央も見どころです。

芸能界ものが好きな方、三角関係など込み入った恋愛ドラマがお好みの方にオススメです。

アラビアン花ちゃん

ヒロくんがランプをこすったら、出てきたのは恐ろしい魔神…ではなくとっても可愛らしい「花ちゃん」。

花ちゃんが魔法を使って巻き起こすドタバタ&ほのぼのファンタジー漫画です。

萩岩睦美先生の絵柄がとても可愛らしく、ファンタジーの世界観をより盛り上げてくれます。

ほのぼのとした絵本のようなファンタジー漫画がお好きな方は是非ご一読いただきたい作品です。

こいつら100%伝説

先ほどもご紹介しました岡田あーみん先生が、今度は忍者漫画に挑戦です!

少女漫画誌なのに忍者漫画…何故…!と思うところですが、それに文句が言えないほど爆笑の渦にまきこんでくれるギャグ漫画です。

基本はギャグですが、ところどころにラブコメ要素が入ったりもします。

でもそれも霞むこれでもか!というギャグのオンパレード。

未読の方は腹筋が割れるほど笑える可能性を秘めています。

「ゲルマン民族大移動」なんて言葉を覚えられるギャグ漫画も珍しいものです。

こちらは少女漫画のカテゴリにありながらも、男性にもオススメ出来るギャグ漫画です。

耳をすませば

ジブリ作品として映画化されましたが、こちらが原作です。

映画と同じ部分と違う部分がありますので、映画をご覧になったことがある方は違いを楽しむのも一興です。

雫と聖司が読書カードを通して出会う点や、雫が物語を書いていく点は映画と同じですが、登場人物が違っていたり、ルナの姿が違っていたりと、原作も映画化されたことが納得の魅力がたくさん詰まっています。

ジブリ映画でご覧になった方は勿論、漫画としても純愛ラブストーリーとしてオススメ出来ます。

姫ちゃんのリボン

「パラレルパラレル○○になーれ!」当時の読者やアニメをご覧になった方には懐かしいフレーズです。

他人に変身することが出来る魔法のリボンを借りた主人公・姫子がその変身能力で巻き起こす騒動が中心のファンタジーラブコメディです。

学園生活での事件が中心ですが、魔法の国とも交流があったりとファンタジー色も非常に強くなっています。

勝気な姫ちゃんの恋模様にも注目です。変身願望がある方、ファンタジーや学園ラブコメがお好きな方にピッタリの作品です。

天使なんかじゃない

NANAが有名な矢沢あい先生ですが、90年代はこちらを読んでいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

主人公・冴島翠とリーゼント頭が特徴の須藤晃が所属する生徒会を中心とした学園ラブストーリーです。

学園に様々な変化をもたらしていく生徒会活動の部分と、翠と晃の恋愛模様が上手くかみ合っていて、楽しさと切なさ両方が楽しめる展開となっています。楽しい学園生活に憧れる方や、学生の成長物語を読みたいという方にオススメです。

ママレード・ボーイ

アニメ化もしましたママレード・ボーイ。

「だから気になる~」で始まる主題歌が耳に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

親同士の不思議な再婚のおかげで一つ屋根の下で生活することとなった光希と遊。徐々に惹かれあっていく彼らや、友人達それぞれの恋愛模様が描かれています。

序盤は明るめのテイストでスタートしますが、終盤はよりシリアスなラブストーリーとして進行していきます。

ハラハラさせられるシーンも多いですが、ハッピーエンドで終わりますのでご心配なく!波乱万丈のラブストーリーがお好きな方にピッタリです。

また2017年現在、彼らの弟・妹が主人公の「ママレード・ボーイ little」も連載されているので、続きが気になる方はそちらにも手を伸ばしてはいかがでしょうか。

赤ずきんチャチャ

SMAPの香取信吾が声優をやっていた時期があるのです…!

その役どころは本作品の主人公、魔法使いのたまごチャチャのボーイフレンド・狼男のリーヤです。

アニメと原作は大分違いますが、原作はギャグ要素の強い魔法学園コメディです。

学園の話がほぼ中心ですが、終盤はお師匠さんのセラヴィー先生にまつわるシリアスストーリーもあります。

とはいえ基本線はほのぼのギャグコメディとなっています。魔法ファンタジーがお好きな方にオススメの作品です。

こどものおもちゃ

「ハンサムな彼女」が少し大人な芸能界ものであったら、こちらは子役を中心とした芸能界と小学校を舞台とした学園漫画です。

当時問題となった学級崩壊や少年犯罪、離婚、芸能界バッシング等々、社会問題を取り上げていることも本作の特徴となっています。

様々な問題を経て成長したり、時には病に陥る紗南と、不良少年・羽山との子どもとしては少々濃い恋愛模様も話題になりました。

見た目に反し社会派の側面もある漫画ですので、普通の学園もの以上の漫画を求めている方には是非読んでいただきたい一作です。

ルナティック雑技団

岡田あーみん先生の最終連載作として送り出されたのはギャグ漫画では(一応)なく、なんとラブコメディ!

主人公の夢実はとある理由で学園の人気者・天湖森夜(てんこもりや)の家に下宿することとなります。

ですが過剰に森夜を愛する母・ゆり子や、学園のアイドル愛咲ルイなど、やはり岡田あーみん先生の独特の濃いキャラ設定が出ていて、「ラブコメディ…?いややはりギャグ…?」と思いながら、気づけばまたどっぷりとあーみんワールドにハマってしまうのです。

夢実と森夜の勘違い・すれ違いも面白いです。

岡田あーみん作品は全て毛色が違って、でもどれも楽しめますので、ここまででファンになった方や、ただのラブコメディには用がない!という破天荒な方にオススメです。

神風怪盗ジャンヌ

90年代終盤スタートのジャンヌ。

こちらもアニメ化されましたので、そちらで知った方もいらっしゃるでしょう。

りぼんでも過去に変身ヒロインものはいくつかありましたが、アクション要素を過分に含むのは余りなかったため、こちらにハマった方も多いでしょう。

主人公・日下部まろんが神風怪盗ジャンヌに変身し、失われつつあった神の力を取り戻すという使命を果たそうと奮闘する物語ですが、そこにはまろん本人も全く知らなかった秘密が潜んでいて、大どんでん返しが起こります。

フィンや稚空といった味方・敵の構図もストーリー展開によって刻々と変わっていき、目の離せないストーリーとなっています。

美少女変身アクションの定番の一つですので、所せましと動き回るヒロインがお好きな方は是非こちらをお楽しみいただきたいです。

まとめ

まとめてみると、本当にこの年代のりぼん作品は映画化やアニメ化が多かったことが分かります。(文中で触れていないアニメ化作品もあります!)

それだけこの時期に良作が多かったということでしょう。

昔りぼんっ子だったという方は昔を懐かしみながら、現役のりぼんっ子の方は当時のトレンドに触れながら80~90年代に浸ってみてはいかがでしょうか。

 

ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

-テーマ別おすすめマンガ
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.