1巻から無料で読める!最期の食卓【人々が人生の最期に食べたいものを描いた作品】あらすじ・感想

最期の食卓

「最期の食卓」が1巻(1話)から無料で読めるアプリは「マンガZERO」!

ホスピスで人生の最期を迎える人のために、最期の料理を提供する医者のお話「最期の食卓」はマンガZEROで読めるよ!

人気作品がたくさん!「マンガZERO」
マンガZERO width=
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見る ⇒

 

15秒で分かる!最後の食卓のストーリー

ホスピスとは、人生の終わりが見えた人たちが穏やかに最期を過ごすための施設。そこでは料理人というもう一つの顔を持った医者・永嶋が、患者に「最期に食べたい料理」を提供します。

最期の料理によってこの世への未練を断ち切り、安らかに旅立ってほしい。そんな思いが込められた料理によって、最期を迎える患者の心を癒すストーリーです。

 

「最期の食卓」のあらすじ

最期の食卓は、ホスピスの患者たちに「最期の料理」を提供して、その心を癒すストーリーだよ

死を目前にした患者たちが、残りの時間を穏やかに過ごすための施設ホスピス。そこで働いている医師・永嶋には、「料理人」というもう一つの顔がありました。

患者の部屋には自由に料理を書くことができる白紙のメニュー表が置いてあり、食べたい料理をリクエストすることができるようになっています。

「最期の食卓」と名付けられたこのメニューは、患者にこの世に対する執着や未練を断ち切ってもらうためのもの。人生の終わりに人々がリクエストするのは一体どんな料理なのか。

そして永嶋はその料理にどんな思いを込めるのか…「人生の最期」をリアルに描いたストーリーです。

 

人それぞれ、自分だけの「特別」

人生の最期に食べたいもの、それは決して豪華で高価なものばかりではないんだ!

死を目前にした人の気持ちというのは、実際に自分がそうなってみないと知ることはできません。もし今元気に過ごしている状態で「最期の料理は何が食べたい?」と聞かれても、きっと「A5ランク和牛のステーキ」とか「高級寿司」とか、そんなものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかしこの作品で描かれている最期の料理は、傍から見ればどれも決して「特別」ではなさそうなものばかり。

料理そのものを味わいたいというよりも、その料理に関する「思い出」を欲しているように見えます。

初めて食べる料理で一瞬の美味しさを味わうよりも、死を迎えるまでの間に何度も噛み締められる思い出が欲しくなるのは、確かになるほどと思いますね。

豪華で美味しい料理は誰にとっても「特別」ですが、その人だけの「特別」な料理に込められた想いは、その人だけのものです。それを持って旅立てるなら、とても幸せなことですよね。

 

どのストーリーも深くて考えさせられる

いろんな人の人生について描かれているけど、どれもすごく考えさせられる内容だよ

様々な人生を送ってきた人が描かれていますが、それがどう最後の食卓と繋がるのかを考えながら読んでみてください。

なんでこの人がこんな料理を?と不思議に思うような料理でも、そこには深い理由が存在します。メニューを額面通りに受け取らずに、そこに隠された想いまでをも見つけ出して料理にする、永嶋先生の腕と患者を想う心には脱帽です。

死ぬ前に自分の食べたい料理を食べられるって、本当に幸せで恵まれたことですよね。そのありがたみを考えると、決して適当に決められるものではありません。

最期の料理を決めるということは、自分の人生を全て振り返る作業です。自分はどんな人生を送ってきて、その中で幸せだった思い出やつらかった思い出…それらを考えることは、人生への未練や執着を断ち切るためには確かに必要な作業です。

自分が死を迎える時にも、最期に人生を振り返る時間があったらいいな、と思わずにはいられません。

 

残された時間と家族の想い

少しでも長く生きて欲しい…最後は充実した時間を過ごしたい…そんな想いが交錯する様子がリアル!

第一話では、ガンで余命わずかな男性とその奥さんが描かれています。奥さんは少しでも長く夫に生きていてもらいたいがために、体に良い(けれどまずい)食べ物ばかりをすすめますが…それに対して、男性は最後くらい美味しいものを食べて過ごしたいと思っています。

どちらも気持ちも分かるだけに、とても心苦しい思いでこのお話を読みました。ここでは男性の意見を尊重して、アコウの刺身と揚物を最後の食卓として出しましたが、もし自分が奥さんの立場になったら…きっぱりと諦められる自信はありません。

少しでも生きられる希望があるならそれに縋りたい、だけどそのせいで後悔を残したまま旅立って欲しくはない。相手を本当に大切に思うからこそ起こる葛藤…。

こういう決断はリアルでもいつか訪れる時が来るかもしれないので、その時はしっかりと考えないといけませんね。

 

「最期の食卓」が好きな人には、マンガBangで無料で読める「走馬灯株式会社」がおすすめ

自分の人生をはじめから振り返ることのできるストーリーだよ!

「走馬灯株式会社」は、自分が歩んできた人生のすべてを、初めからDVDとして閲覧することができる不思議な会社です。そこには忘れていたはずの過去や知らなかった真実が映し出されており、閲覧者の人生に大きな影響を及ぼします。

走馬灯株式会社 : 1 (アクションコミックス)

 

それが吉と出るか凶と出るかは、その人次第。最期の時を待たずして走馬灯が見られることは、果たして幸せなのか不幸なのか…。「走馬灯株式会社」は、マンガBANGで無料で読めます。

珍しいマンガが多い「マンガBang」
マンガBang width=
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見る ⇒

 

「最期の食卓」の感想・ネタバレまとめ

感動的なヒューマンドラマが好きな人におすすめだよ!

この作品は、否が応でも人生について考えさせられる内容になっています。今一度自分の人生を見直してみたい、そんなタイミングを計っている人にはぜひおすすめの作品です。

10話完結と少し短いのが残念なところ…もっと続きが読みたかったな、と感じるかもしれません。

人気作品がたくさん!「マンガZERO」
マンガZERO width=
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見る ⇒

 

この記事で紹介したマンガはこちら

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/