【無料で読める】しのびがたき 感想・ネタバレ 【圧倒的画力の忍術バトルと見え隠れするギャグ漫画】飛田ニキイチ

12月 13, 2017

しのびがたき(1) (裏少年サンデーコミックス)

作者 飛田ニキイチ
最新刊 3巻(2017/09)
無料で読めるアプリ マンガワン

 

今回、紹介するのは、「しのびがたき」です。

侍の虎之助が、家族を皆殺しにした忍者の頭・風丸を倒すために忍者軍団と戦い続けるというストーリー

「しのびがたき」は、小学館の公式アプリ「マンガワン」で無料連載中です。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

「しのびがたき」あらすじ

主人公は、虎之助という侍の青年。

彼は、家族を忍者の頭・風丸に殺されました。

その仇討ちのために、風丸を探して忍者たちと日々戦いを繰り広げています。

忍者とは、尾張国の城主・尾長信影の兵隊であり、魑魅魍魎をその体に宿した者。

恐ろしい術を使う「人ならざる者」です。

「忍者の時代だ」と言われる中で、虎之助は時代の流れに逆らうように、

情報屋・繭葉から忍者の出没情報を手に入れては、手当たり次第に倒していきます。

全ては、忍者の頭である風丸に辿り着くため。

人間らしい生活、仕事に興味を持つことなく、ただ復讐心をたぎらせながら、血生臭い道を歩んで行くのです。

 

主人公・虎之助の人格(人柄)

虎之助は家族を忍者の頭・風丸に殺され、その仇討ちのために風丸を追っている青年です。

見た目は虎之助も忍者みたいな出で立ちですが、彼は侍であり「忍者狩り」と畏れられています。

彼は、仇討ちに人生を捧げる修羅のような男で、忍者の情報を仕入れるや否やすぐに赴き、忍者たちを片っ端から殺していきます。

全ては仇の風丸に繋がる情報を得るため。

腕は立つし、男前でもある虎之助なんですが、彼は「普通の生き方」には目もくれません。

「忍者を皆殺しにするまでは死なない」と、復讐の鬼と化した虎之助の姿が描かれています。

印象的だったのは、虎之助の過去の回想シーン。

何だか彼、持ち前の戦闘センスを評価される余り、家族に過度な期待をかけられていたように見えます。「もっと父を喜ばせておくれ」なんて言われてましたからね。

どうして彼が完全なる「復讐の鬼」になってしまっているのか、少し分かる気がします。

風丸に家族を殺されるまでは、虎之助は家族皆からの過度な期待に必死で応えようと、

アイデンティティを押し潰しながら生きていたのかも。

だから家族が殺されたときに、自分がどうして生きていけば良いか分からず、

ただ復讐のために生きるしか、選択肢が見つけられなかったんじゃないのかなあ。

復讐以外には目もくれないように見える虎之助なんですが、ふと、優しい一面を見せるときがあるんです。

その姿を見たときは、(いつか虎之助自身が、救われる日が来ればいいなあ)と考えてしまいますね。

誰でもいいから、彼を復讐という地獄から救ってあげて欲しいなと思ってしまいます。

 

じゃじゃ馬姫・紅璃

特筆すべきキャラクターの1人は、何と言ってもこの人・紅璃(あかり)ですね。

彼女は父を忍者軍団に殺された、浅間家の姫。つまり虎之助と同じく、忍者を仇としている女性です。

なんですが、彼女は登場シーンからおかしい(笑)「私はあなたと共に世界を平和に導く乙女よ!」

なんて、虎之助に向かって堂々と言い放つのです。まさかのギャグ展開に、ニヤッとしてしまいます。

実際、あの復讐しか頭に無い、人非人の虎之助を、

「は?」

なんてフリーズさせるのですから、大した娘ですね(笑)

でも、虎之助が紅璃に言ったセリフは、胸に突き刺さります。復讐のために力を貸してという彼女に対して、

「誰かの力を借りるなど、ままごとだ。その程度の復讐心なら忘れてしまえ」と答えるのです。

紅璃を諌める言葉であると同時に、虎之助自身の復讐心が、どれだけ強大なものかも表していますね。

しかしそこは、じゃじゃ馬姫な紅璃。

私の復讐心は本気よ!とばかりに虎之助に食い下がっていくのです。

虎之助だけでは、シリアスで暗い雰囲気になりがちなこの作品の中で、彼女の明るさはオアシスになりますね。

実に可愛らしいヒロインです。

 

虎之助と忍者たちのバトルシーン

虎之助と忍者のバトルシーンは、冒頭から数多く登場しますが、絵柄も相俟って、大迫力です。

忍者とは、魑魅魍魎の力を宿した、「人ならざる者」という設定なので、とにかく使う術がダイナミックです。

虎之助の動きを封じる、蜘蛛の巣のような術・縛り網とか、巨大な蟻地獄を作り、虎之助を葬ろうとする術・砕砂葬の術とか、

イカツイ忍者が、艶っぽい美人の繭葉に変化していた、写し身の術とか(笑)

敵側の忍術も見応えがあるのですが、これらの攻撃をものともしない虎之助の圧倒的な強さは、目を見張るものがあります。

復讐劇が作品の骨子ではありますが、バトルシーンの大迫力は素晴らしく、純粋にバトル漫画として読んでも、充分に面白いですね。

 

飛田ニキイチ先生の卓越した画力

やはりこの作品の一番のアピールポイントといえば、素晴らしい画力です。リアルに描かれた人物は、繊細なのに迫力があり、

まるで映画のワンシーンを見るかのように引き込まれていく絵です。

絵柄的には、花の慶次とか、バガボンドとかに雰囲気が似ていますね。シリアスな時代ものに合う雰囲気の絵柄だと言えそうです。

  • 花の慶次 ―雲のかなたに― 1巻
  • バガボンド(1)(モーニングKC)

 

主人公の虎之助も逞しくて格好いいですし、宿敵の風丸も美しいです。

女性キャラの繭葉・紅璃・阿耶子なども、美しくて色気もあって、思わずじっと見入ってしまいますね。

シリアスシーンも、バトルシーンも、たまに登場するお色気やギャグシーンも、この卓越した画力があってこそ、輝いています。

 

「しのびがたき」まとめ

戦国時代をモチーフにしたファンタジー作品です。何と言っても絵柄が大変美しく、見応えがあります。

主人公の虎之助を始め、各キャラクターの掘り下げもキチンと表現されていますので、感情移入しながら読み進めていける作品です。

虎之助と紅璃もナイスコンビで、2人の関係性や、紅璃の成長に注目して読むのも楽しいです。

また、戦うシーンも迫力があって素晴らしいので、バトルものが好きな人にもオススメできる作品です。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

monster×monsterもおすすめ

この飛田ニキイチ先生の作品といえば、monster×monsterがかなりおすすめ。圧倒的な画力と、思っている斜め上を行くギャグのミスマッチ感がたまりません。

たまに、しのびがたきを連載している「マンガワン」で全巻一気公開することがあるので要チェックです。

MONSTER×MONSTER(1) (少年サンデーコミックス)

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/