ふたりエッチが無料?

名作「ふたりエッチ」が「マンガPark」で公式に無料で読める!

⇒レビュー記事を見てみる
⇒マンガParkで読んでみる

好みのマンガを検索してみる⇒

【無料で読める】送球ボーイズ 感想 【知らなくても分かる!熱いハンドボール漫画】

更新日:

送球ボーイズ 1 (裏少年サンデーコミックス)

原作 フウワイ
作画サカズキ九
無料で読めるマンガアプリマンガワン (ストアへ)
最新刊をチェック ⇒ amazonで探す

 

今回紹介するのは、熱い青春と友情の物語「送球ボーイズ」です。

ハンドボールに青春を懸けた二人の少年が、仲間やライバルと切磋琢磨しながら成長していくストーリー。

送球ボーイズは、アプリ「マンガワン」で無料で読む事ができます。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
posted withアプリーチ

送球ボーイズのあらすじ

舞台は富山県氷見市。ブリが有名なこの地域で、それ以外の名物と言えば「ハンドボール」。

高校1年生の「佐倉凪」は、かつて絶対王者であった蓬莱大付属高校を倒した火鼠高校ハンドボール部に憧れ、入部したのですが…。

やることと言えば走り込みや雑用ばかり。

そんな時、不思議な少年「志熊栄都」と出会います。

転校生であるエイトはハンドボール部への入部を希望しますが、「身長が低い」ことを理由に入部を断られてしまいます。

しかし粘って粘って「勝てば入部」という条件で主将と勝負することに。

結果、素人とは思えない「ムササビシュート」を披露し、見事入部を勝ち取りました。

そしてネズ高ハンドボール部の仲間たちと、ハンドボールに青春を懸けた熱い青春が始まるのです。

 

凪とエイトのダブル主人公

この作品の主人公は?と聞かれたら、やっぱりそれはエイトでしょう。

「初心者だけど驚くような特技がある」「いつでも余裕」「伸びしろが半端ない」など、主人公としての要素が盛りだくさんです。

しかし、一見わき役かと思われた凪も立派な主人公!

こちらは「解説役」「目立った特技なし」など、普通であればわき役であろうと思われるスペックなのですが…。

とにかく凪は「熱い」んです。

スポーツマンガの主人公において最も大切なのはこの「熱さ」。

そういった面では、凪は十分にこの作品の主人公にふさわしい人物と言えますね。

仲間でもあり、ライバルでもある…そんな二人が切磋琢磨しながら成長していく姿を見ていると、自分の忘れていた青春を思い出させてくれるような気がしてきます。

 

新生ネズ高スタイル

かつて王者を倒した時のネズ高は、体力勝負を軸とした速攻で、相手に自分たちのプレーをさせない「泥仕合」スタイルでした。

今後の方向性として、速攻肯定派と否定派に分かれてしまいましたが、一体新生ネズ高はどんなプレイスタイルになるのでしょうか?

正直、今のメンバーと速攻泥仕合スタイルは、あまり合っていない気がするんですよね。

全員を効率よく生かし切れていないというか…。

コーチ宮口の登場でいろいろと試行錯誤がなされていますが、その成果もまだ十分に発揮されていません。

宮口の思惑がどんなものなのか、練習やスタメンの人選からは全く想像がつきませんね…。

蓬莱大付属高校との練習試合で、その成果を見ることができるのでしょうか。

 

切っても切れない親子の縁

エイトの父親は、良い人なのか悪い人なのかさっぱりわかりません。

父親も母親も、まだまだどんな人物なのかわからないことが多いですね。

エイト自身は父親の過去の手記や、思い出の暗証番号などから父親に対する気持ちに変化が出てきたようですが…。

良くも悪くもエイトに対して影響力の大きい父親ですから、今後も登場するたびに何かエイトに変化を与えるきっかけになることでしょう。

元々は優しかった父親が変わってしまったのは、どんな理由があったのかも気になりますね。

そして母親の死の真相も。

それらが全て明らかになった時、エイトはハンドボーラーとしても一回り成長できるような気がします。

 

ムササビシュートの原点

エイトのムササビシュートの原点は、なんと蓬莱大の兎耳山でした。

なんというか…強かった時代のネズ高OBとか、プロの選手とか、もっと大物が原点なのかと思っていたので、正直拍子抜けという感じです。

兎耳山もすごい選手ではあるのでしょうが、今までムササビシュートの謎を引っ張ってきた割りには、「もうここで登場しちゃうの?」という気持ちが拭えません。

兎耳山にあまり大物オーラがないのも、その原因の一つでしょうか。

そもそも蓬莱大自体、インハイ出場常連とは言っても、インハイに行けば必ず勝てるというほど強いわけではないらしいですし。

どうせなら蓬莱大はネズ高にとってもエイトにとっても、もっと高いハードルでいて欲しかったです。

 

「送球ボーイズ」の感想まとめ

「送球ボーイズ」は、ハンドボールと言う今まであまりヒット作のなかった題材の中では、一番面白い作品だと思います。

ハンドボールのルールについても細かく解説があるので、ハンドボールの事を全く知らない人でも楽しむことができるはず。

絵もすっきりしていて見やすく、ストーリーのテンポもいいです。

ただ…少し惜しいなと思うのが、主人公であるエイトにあまり魅力がないことです。

主人公的要素はいっぱい詰め込んでありますが、読者として共感できるわけでも憧れるわけでもなく…と言った印象ですね。

大事な蓬莱大との試合の日に、無断で姿をくらまして遅刻と言うのは、取り返せないマイナスイメージではないでしょうか。

父親が倒れたという理由もありますが、それがなくとも勝手に無断外泊しているわけですし。

今後はこのエイトに対するマイナスイメージを、どうプラスに変えていくかが気になるポイントですね。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
posted withアプリーチ

 

1巻の感想:明るい栄都とつらい過去

送球ボーイズ(1)【期間限定 無料お試し版】 (裏少年サンデーコミックス)

明るく前向きな栄都の持つ意外な過去…それを乗り越えさせてくれたのはハンドボールだった!

 

天真爛漫で能天気な主人公、というタイプの栄都でしたが、予想以上に重く複雑な過去を背負っていたことにビックリしました。

 

個人的にはこういう天然っぽい主人公はあまり好みではないのですが、栄都の父親がクソすぎて、俄然栄都を応援したい気持ちになりました。

仮にダンスの表現者としての才能が栄都に全くなかったとしても、それで捨てるってどうなの?って思います。

そんな読者の気持ちを、的確に表してくれたおばあちゃん!

おばあちゃんが栄都に喝を入れて鼓舞するシーンでは、よく言ってくれた!と周りの観客と共にスタンディングオベーションを贈りたい気持ちで一杯です。

ハンドをやるなら町全体があんたの味方だ、というおばあちゃんの言葉は、傷ついた栄都の心にどれだけ響いたことか…。

初めは、素人のくせに部長倒して入部って主人公補正すぎ…と思っていましたが、栄都のハンドボールがやりたいという熱意やそのきっかけを知ると、ぜひとも応援したいという気持ちに変わりました。

2年生たちも猛者揃いなので、再び強豪校として返り咲くのも近いでしょう。ハンドボールで氷見のスターになって、いつか必ず父親を見返してやって欲しいと強く思います。

 

2巻の感想:隠していた本領を発揮する出島

送球ボーイズ(2)【期間限定 無料お試し版】 (裏少年サンデーコミックス)

今回は2年生たちに焦点を当てたストーリーが多々!まだまだ描かれていないその本領が発揮される!

 

いよいよ1年生にとっての初の公式戦が始まりましたが、2巻のストーリーのメインは2年生メンバーでした。

 

エースの宙をはじめとして、とても安定感のあるチームだと思っていました…が。2回戦龍玉学園との試合では、弱点を突かれまくって大苦戦の前半。

一人一人の技術や力はあっても、やはり監督やコーチと言った「この人の言うことを聞けば勝てる」という司令塔がいないのは大きいですね。

大月は部長として全体のまとめ役にはなっていますが、部員たちをリードするという面では力不足を感じます。

元々が引っ込み思案だったってことだから、仕方がないとは思いますが…。

龍玉学園では葛原が司令塔となって部員たちを引っ張って行っていますが、試合の後半、火鼠では出島がその役割を担うのでしょうか?

普段は飄々としていてその実力のほどはあまりわからない出島ですが、ここにきて別ポジションでの本領を発揮。

後半に入り、栄都と共にどう試合の流れを作っていくのか、というのが次巻の楽しみですね。

葛原や大月のように「何が何でも勝つ!」という執念や熱意は一見なさそうですが、心の中には勝利への情熱がふつふつと湧いているのが垣間見えます。

そして栄都もいきなり本領発揮で点を奪取!

しっかりと宙の役割をコピーした栄都の一投は、北風のリーゼントをばらけさせてしまう威力…!
2巻最後のコマでは、「あれ、龍玉のキーパー変わった?」と一瞬混乱してしまいました(笑)。

 

3巻の感想:凪と宙は悔しさをバネにできるのか

送球ボーイズ 3 (裏少年サンデーコミックス)

見事勝利した龍玉戦!だけど晴れ晴れしい気持ちで試合を終えた人ばかりではなく…。

龍玉戦では、勝利の嬉しさもありつつ、中には宙や凪のように悔しい思いで試合を終えた人もいます。

凪なんてあんなにハンドボールが好きで何年も頑張ってきたのに、初心者の栄都のほうが大活躍中…かなり悔しいはずです。

でもそれをただの嫉妬で終わらせないで、自分の実力は分かったうえで、今自分にできることを前向きにやる凪。

栄都とは真逆のタイプではありますが、凪もまたストーリーには欠かせない主役の一人ではないでしょうか。

1年VS2年の試合の時のように、きっと今後凪が活躍するシーンが増えることを期待したいです。

それに対して問題なのは宙。

投げすぎによる握力低下という弱点を敵にも味方にも知られてしまい、エースの座を栄都に預けることになってしまったわけですが…。

プライドがかなり高そうなので、そりゃあもう手が震えるのも当然なくらい悔しいのでしょう。

ただ出島が葛原に行っていたように、一人でできるならそれはもうハンドではない。

ハンドをやるからには、あくまでも「チームプレイ」をしなければ、勝つことはできません。

上からもサイドからもシュートが難しい子安戦では、宙と栄都のコンビネーションは必須。

宙がそれをどのように乗り越えるかが、勝てるかどうかの鍵になっているのではないかと思います。

 

 

 

ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

-マンガワンで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.