【期間限定無料で読める】食戟のソーマ あらすじ・感想 【絶品の料理とエロスをおあがりよ!】

食戟のソーマ 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

今回、紹介するのは、「食戟のソーマ」です。

中学3年生の幸平創真は、父の店「ゆきひら」を継ぐつもりでした。

しかし父の命により、名門料理学校・遠月学園に編入することに。学園で次々に出て来る課題と、「食戟」という料理対決を通して、創真が成長していくストーリーです。

食戟のソーマは、ebookjapanで、2017/10/10まで、3巻無料で公開されています。

 

 

「食戟のソーマ」のあらすじ

「旅立つときだ。テメエの器を量ってこい」

中学3年生の創真は、父の命により、名門料理学校・遠月茶寮料理学園の高等部に編入することになりました。

ここは、卒業までたどり着ける学生が10%未満という、超難関エリート校。

魅力と実力を兼ね備えた他の学生や講師陣が、創真の行く手を阻みます。

彼らとの戦いを制し、創真は「てっぺんを獲る」ことができるのでしょうか。

学園で出される課題や、伝統の料理対決「食戟」を通して、仲間と共に成長していく創真の姿を描いたストーリーです。

 

豊かな発想力と瞬発力で戦う料理人・創真と、父の存在

主人公・幸平創真の魅力は、どんな状況でも物怖じせず、自分の経験と、類い稀な発想力を活かして戦えるところ

幼い頃から、父とともに「定食ゆきひら」の看板を守り続けてきたプライドのなせる技です。

創真の決めゼリフがカッコイイですね。

料理を作って、相手に差し出すときは、「おあがりよ!」その絶品料理で相手をとろけさせたあとは、シュパッとハチマキを取って、「御粗末!」

いっぱしの料理人らしい、凄みがあるのです。

料理を出す人間としての礼儀正しさを兼ね備えているところも、3歳から包丁を握っていた厚い経験に裏打ちされたプライドを感じますよ。

創真の生き様とか、料理における創意工夫は、お父さん譲りです。

彼の父は、料理界において、とてつもない実力者。

創真を成長させるために、自分の店「ゆきひら」を休業し、ニューヨークの高級ホテルのシェフになっていたりします。

これが「昔のツテを辿っただけ」と言うのですから、ただ者じゃありません。

おまけに、性格はぶっ飛んでいるのですが、ルックスはダンディで、男の色気に溢れています!

そんな父の背中を見て育ってきた創真は、やっぱりぶっ飛んだ性格してます。

でも、料理に対する熱いプライドは父譲り。ものすごくカッコイイ男です。

 

キャラ立ちがすごい! 創真を取り巻く個性溢れる登場人物たち

創真は父の命により、卒業率10%以下の超名門料理学校・遠月茶寮料理学園に編入することになります。

この学園で出会うキャラクターたちが、個性豊かなメンバーで楽しいです。

遠月学園の首席生徒にして、学園総帥の孫娘・えりな。

神の味覚を持つ彼女は、創真を目の敵にするものの、彼の料理にとろけてしまうツンデレ少女。

授業で創真とペアを組む少女・恵。

本当は実力があるのに、極度のあがり症のせいで、落第ギリギリの田舎娘。

しかし創真と共に切磋琢磨して、成長していきます。

そして、創真と恵が入った寮・極星寮で出会う仲間たち。

その中でも注目キャラは、2年生の一色先輩。

優しくて、おトボけで、やたらと脱ぐ男(笑)

しかし、「遠月十傑評議会」という、学内成績10番以内の人間が入る組織に名を連ねる実力者です。

寮母の大御堂ふみ緒さんも、良い味出してます。

例えて言うなら、「天空の城ラピュタ」の海賊ママ・ドーラみたいな人です(笑)

また学園総帥はじめ、講師陣の個性も大爆発。

豊かなキャラクターに彩られた、飽きの来ないストーリー展開が楽しめます

創真はもちろん、他の登場人物の葛藤と成長も、見応えありますよ。

 

華麗な飯テロ! 料理が本気で美味しそう! かつエロい(笑)

本作品の個性豊かなメンバーが作る料理は、どれもこれも本当に美味しそうです。

創真も他のキャラクターも、きめ細やかな工夫を凝らしていて、思わず「食べたい!」と思うメニューばかり。

ストーリーの後に、登場した料理のレシピが掲載されているのも嬉しいですね。

とても美味しそうなのに、素人でも作れる範囲のレシピなところが、素晴らしいです。

そして、料理の美味しさや工夫された点を解説する際は、キャラクターたちが何故かエロチック(メルヘン風味)に!

「舌が、体が反応しちゃうの〜っ」

などと、ものすごく官能的な感想(料理の)を述べてくれます。

美味しさを伝える際のぶっ飛んだ演出は、「ミスター味っ子」を彷彿とさせます。

ミスター味っ子(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

唐突に繰り広げられる、エロチックかつメルヘンな料理解説に、ニヤニヤしてしまうこと間違いなしですよ。

この作品は、料理研究家の森崎友紀さんが協力されているとのこと

だからエロいのか(笑)

いや、だから創意工夫の凝らされた、美味しそうなレシピが登場するんですね。

 

料理が全て。学園内では、食戟の勝利こそが正義

作品の見どころとして、「食戟」という料理対決があります。

食戟とは、学園内の揉めごとを解決する手段であり、自身の主張をかけて、料理で一騎打ちするわけです。

負けた場合には、何らかの「対価」を支払わなくてはなりません。

例えば「退学」とかです。

すごいですよ、この学園。ポンポンと学生が退学させられますからね(笑)

創真は恐れ知らずの男ですから、編入早々、食戟に挑んでいきます。

戦う理由は、学園総帥の孫娘・えりなによって廃部の危機に瀕していた、丼物研究会を救うためとか、授業でペアを組んでいる恵の退学処分を取り下げてもらうため、などなど。

創真自分の「てっぺんを獲る」という野望のためだけでなく、「誰かのために」という、人情に厚い面も見せてくれます。

躊躇せずに、人のために勝負を挑んでいく創真の姿は、とてもカッコイイですよ。

料理の腕に対する熱い自信もさることながら、人間としての器の大きさも感じます。

創真は、編入早々、「客の前に立ったことのないヤツには負けない。踏み台としか思っていない。俺がてっぺんを獲る」と、超ビッグマウスな挨拶をしたおかげで、全校生徒から目の敵にされています。

えりなをはじめ、創真を退学に追い込みたい人間は、たくさんいるわけです。

しかし同時に、戦った後は彼の力を認め、慕うようになる人間もたくさんいます。

学園生活の中で、創真がどのように戦い、成長していくのか。

目の離せない展開が、次から次へとやってきます。

 

「食戟のソーマ」の感想まとめ

創真をはじめ、魅力的なキャラクターが溢れていて、実にイキのいい作品です。

本気で食べたくなる美味しそうな料理と、小気味よい笑いを堪能できます。

グルメ漫画、そして美味しいものが好きな方は、絶対に外せない漫画ですよ。

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/