ふたりエッチが無料?

名作「ふたりエッチ」が「マンガPark」で公式に無料で読める!

⇒レビュー記事を見てみる
⇒マンガParkで読んでみる

好みのマンガを検索してみる⇒

【無料で読める】灼熱カバディ 感想・ネタバレ 【マイナースポーツで熱くなれ!】武蔵野創

更新日:

灼熱カバディ(1) (裏少年サンデーコミックス)

作者武蔵野 創
無料で読める
漫画アプリ
 マンガワン
(アプリストア)
最新刊をチェック ⇒ amazonで見る

 

今回紹介するのは、臨場感あふれる熱いスポ根を体感できる「灼熱カバディ」です。

マイナースポーツ「カバディ」に青春を賭ける、男子高校生たちの物語。

灼熱カバディは、「マンガワン」で無料で読む事ができます。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
posted withアプリーチ

灼熱カバディのあらすじ

中学生時代にサッカーで「不倒」という異名を持っていた宵越。

持ち前の運動神経で全国レベルまで到達しますが、そんな自分を取り巻く周囲の環境に嫌気がさしてサッカーを辞めてしまいます。

高校に入学してもスポーツは一切やらず、部活の勧誘も即答で断っていました。

そんな宵越の前に現れたのが、「カバディ部」の畦道。

強引な勧誘に押されてしぶしぶ見学をしに行った宵越の前で繰り広げられたのは、熱く激しいカバディ。

完全にカバディを舐めていた宵越は「負けたら入部」という条件で畦道と対決をします。

結果、「不倒」の伝説は破れ、宵越はカバディ部に入部することになり…。

灼熱カバディの感想とちょっとネタバレ

カバディを見直さざるを得ない

カバディはゆるいネタスポーツだと思っていた人は多いはずです。

作中でも幾度となくネタスポーツ扱いされていますし、私もそう思っていましたが…。

しかし「灼熱カバディ」を読めば読むほど、カバディの面白さに引き込まれていってしまいました

実際にカバディの試合を見てみたいと思うほどです。

ただ、もしもこの作品を読む前にカバディを見る機会があったとしても、きっとカバディの面白さには気付けなかったでしょう。

「灼熱カバディ」の臨場感あふれる構図や引き込まれるストーリーが、よりカバディを面白く見せているのだと思います。

この作品を読んだ人の中で、カバディをやってみたい!と思った人も多いのではないでしょうか?

カバディは本格的にやるのでなければ、場所も人数も問わないので、もしかしたらカバディブームが来るかもしれませんね。

 

負け続ける宵越が得たもの

宵越はかなりの負けず嫌いでプライドも高いですが、あまり嫌味な感じがしませんね。

それはきっと他人の実力をきちんと認められる素直さや、負けを必ず取り返そうとする熱意があるからだと思います。

いくら驚異の運動神経を持っていても、カバディ初心者の宵越は負けるシーンの方が多く、悔しそう。

もっと活躍して勝利するシーンも見たい…とも思うのですが、宵越は勝つよりも負ける方が得るものが多いタイプなので、今のうちにしっかり負けてレベルアップしてほしいな、とも思います。

サッカーだけでなくカバディでも「不倒の宵越」になれることを期待したいですね。

ただ、カバディというスポーツの性質上「不倒」というのはかなり困難なことだとは思いますが、それを達成できた時はまさに最強のカバディ選手になっているはず!

 

登場人物全員が熱い

「灼熱」というタイトル通り、登場人物がみんな熱いのもこの作品の特徴。

性格にそれぞれ個性差はあれど、全員が熱いスポーツマンなので「(試合以外で)相手を妨害する」「危害を加える」みたいなハラハラムカムカする展開がないのが嬉しいです。

下手に恋愛要素が組み込まれてないのも、この作品の熱さを上げているポイントではないでしょうか。

一応畦道には彼女がいる設定になっていますが、今のところ本筋には全く関わっていないし、スポーツマンガにありがちな女子マネージャーなんかもいません。

恋愛要素があるのも嫌いではないですが、やはり男だらけでひたすらスポーツをしている方が、より熱い作品になるのは至極当然。

BL的な流れ(勘違い)になるのがお約束のようになっているので、今後も女子との恋愛的な絡みはなさそうですね。

 

宵越は頂点を獲れるのか

「カバディをやる理由」について、宵越は「一番になるため」だと答えています。

果たしてその宣言通り、宵越は頂点を獲ることができるのでしょうか?

現時点ではまだまだ初心者に毛が生えたようなもので、サッカーで培った経験や持ち前の運動神経でなんとかくらいついている状態です。

やはり作品としては、全国大会で優勝、そして世界へ…のような典型的ハッピーエンドな結末を迎えてほしいのですが、それまでにどんな展開があるのか楽しみで仕方がありません。

チーム競技は基本的に多対多なので個人的に一番になるということは難しいですが、カバディはチーム競技でもあり、場合によっては一対一の個人競技にもなる変わったスポーツ。

これから宵越が王城含む世界組とどう渡り合っていくのかが気になります。

 

灼熱カバディの感想まとめ

とにかく熱い漫画が好きだ!という人にはもってこいの作品です。

「カバディなんてネタスポーツ」と馬鹿にしている人にもぜひ見てもらいたいですね。

きっとカバディに対するイメージは180度変わるのではないでしょうか。

カバディを全く知らなくても、ルールが細かく解説されていてわかりやすいです。

スポーツ全般に興味がなくルールまで覚えられない、という人は、細かいルールなどは飛ばし読みしても大丈夫。

勢いだけの何となくな雰囲気でも楽しめる作品ですよ。

読んでいるだけでこちらまで熱くなり、何かに挑戦したい!頑張りたい!という気持ちにさせられるので、自分の青春と重ねて見るも良し、これからの生活の活力にするも良し。

男女問わず幅広い年齢層の人におすすめしたいです。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める無料漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
posted withアプリーチ

 

1巻の感想:カバディの楽しさと奥深さを知った宵越

灼熱カバディ 1 (裏少年サンデーコミックス)

スポーツ嫌いだけど運動神経抜群の宵越が、「カバディ部」に入部!

カバディというとネタスポーツ扱いされ、名前は知っているものの、どんな競技なのかというのを全く知らない人がほとんどだと思います。

しかし漫画のストーリーは置いておいても、カバディというスポーツ自体が予想外に面白くて熱い!

カバディという超マイナー&ネタスポーツをテーマにした漫画ということで、ちょっと初めは読むのをためらっていたのですが…。

激しい動きの描写から彼らの熱気が伝わってきて、もう「カバディ(笑)」なんて馬鹿に出来ません。

カバディ部は全員が、熱く汗臭く一直線…まさに「灼熱」の名にふさわしい内容でした。

初めは熱血とはかけ離れた主人公だったので、スポーツ漫画としてはどうかな~と思っていたのですが…宵越もやはり熱い闘志を秘めたスポーツマン。

正式にカバディ部への入部を決め、1巻最後の「ようこそ、カバディ部へ」のシーンでは、そっけいないながらもどこかスッキリとしたような表情が印象的です。

カバディは格闘技、という表現があったように、基本的には体格が良い人や筋肉のある人が有利なスポーツに思えます。

宵越は運動神経が良いので初めてカバディをしたとは思えないほど上達していっていますが、それでもそんなに筋肉はないし、他の部員たちに比べればまだまだ。

サッカーで培ってきた経験や持ち前の身体能力が、カバディにどう生かされていくのか?というのが今後の注目ポイントです。

 

2巻の感想:帰ってきた王城…「世界組」の実力

灼熱カバディ 2 (裏少年サンデーコミックス)

入院していた部長・王城が復帰し、宵越にとって初めての練習試合も!

怪我からの復帰を果たした王城ですが、ビックリするほど細い!モヤシどころかカイワレ…。

漫画的にちょっと大げさに描写されていることを踏まえても、それでも「文化部にだってあんな細いのいない」ってレベルでガリガリ。

これが世界組として高校トップレベルの実力者だというから驚きです。しかしその見た目と実力のギャップが、底知れない不気味さを醸し出していますね。

名前の通り「王」にふさわしい風格があり、2巻では宵越は完全に主役の座を奪われてしまっています(笑)。

体格やパワーがある方が有利なカバディというスポーツにおいて、恵まれない体格や体力をカバーするために、人一倍努力してつかみ取った技と、積み上げてきた経験…。

それをあっさり宵越に真似されてしまって、嬉しいけど悔しい、という気持ちが切ないです。ただ宵越も王城ほどではないにしても、カバディに対する「愛」はしっかりあると思うので、それがわかるからこそ嬉しくもあるのでしょう。

だから余計に、身体能力に胡坐をかいて人を舐め切った態度をとる高谷が瞬殺されたシーンは、スッキリ!

愛があれば強くなれるほど甘い世界ではないでしょうが、それでも愛がないやつは上には行けない、ということを分からせてやってほしいです。

 

3巻の感想:初めて見せた井浦の「熱さ」

灼熱カバディ(3) (裏少年サンデーコミックス)

冷静で用意周到な井浦の、この試合で見せた秘められていた熱意に、胸が熱くなる!

能京の頭脳としていつも余裕を見せていた井浦が、あんなに燃えるような熱意を秘めていたとは…!

ムキになる王城に怒鳴るシーンや、試合最後に執念で六弦を倒したシーン。今まで頭脳(ブレーン)としてはともかく、プレイヤーとしてはあまり目立つところの無かった井浦…ここにきての活躍に、胸が熱くなりました。

自分は強者ではないと痛いほど理解していながらも、自分の持てる力を最大限に生かして「チーム」で勝ちを取りに行く。

これもカバディにおける一つの「強さ」の形です。そういった意味では、井浦もまぎれもなく強者と言えるでしょう。

3巻では、宵越、井浦、畦道、敵側では六弦、高谷…それぞれの「初めて」の体験が様々な形で描かれています。

それはプレッシャーだったり、敗北の悔しさだったり、敵の脅威だったり。彼らのすごいところは、その経験を余すところなく前向きに生かそうとするところですね。

敗北からすら何かを学び取ることができる、というのは、スポーツ選手が上を目指すには欠かせない要素です。

新入部員も入ったところで、彼らがこれからどんな成長を遂げて、どんな選手になっていくのか…先が楽しみで仕方がありません。

 

「送球ボーイズ」もおすすめ

灼熱カバディが好きなら、同じ無料アプリのマンガワンで連載されている作品で、「送球ボーイズ」という作品もあります。

ハンドボールをテーマにしたマンガでこちらもかなり面白いですよ。

 

ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

-マンガワンで無料で読める
-,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.