【無料で読める】バレーの球語 感想・あらすじ【フリーターコーチと女子高生の熱血バレー物語】

バレーの球語(1) (裏少年サンデーコミックス)

作者 僕男
無料で読めるマンガアプリ  マンガワン(ストアへ)
最新刊をチェック ⇒ amazonで探す

 

今回紹介する「バレーの球語」は、女子バレー部のコーチとなったある男の物語です。

かつて自分もバレーに打ち込んでいた25歳フリーターが、クセの強い女子高生たちを相手にコーチをするという異色の熱血ストーリー。

学生の頃の熱い気持ちと、女子高生とどう接していいのか分からないという葛藤の間で揺れ動く、主人公「春男」に注目です。

バレーの球語(たまご)は、マンガワンで無料で読むことができます。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

「バレーの球語」のあらすじ

かつてバレーに燃えた青春を送っていた冴島春男。

それが25歳となった現在、職無し、彼女無し、将来性無しのダメ男に。

原因は高校最後の大会で、自分の大きなミスによりチームを負かしてしまったことにありました。

それ以来、何もかもが面倒で仕事も長続きせず、自堕落な生活を送っていたのです。

ある日、そんな春男の前に現れたのが、中学時代の同級生である幸司。

幸司が教師をやっている高校で、バレー部のコーチを探しているというのです。

コーチを引き受けることになった春男は、生活を見直し、前向きに頑張ることを決意。

しかし、コーチをするのは”女子”バレー部だということが判明し…。

一癖も二癖もある女子高生たちを相手にコーチとしてどう接していくのか、試行錯誤しながらお互いに成長していくストーリーです。

 

新しいジャンル「体育会系ニート」

主人公が体育会系ムキムキマッチョなのに、自堕落なフリーターと言うのはなかなか新しいですね。

あの筋肉を維持するには、相当な筋トレが必要ではないのでしょうか…。

かつて高校生だったころは完全なる体育会系だったのが、フリーターや引きこもりを経ることで何だか面白いキャラになっています。

「とりあえず筋トレ・走る」「限界まで動く」というようなところはいかにも体育会系ですが…。

女子高生相手におどおどしたり、小さな動作のちょっとしたところに「ダメ男」っぷりが表れています。

でも本格的な体育会系コーチのような、怒鳴ったり限界まで厳しくしたりするタイプよりはよほど好感が持てますね。

コーチとして部員たちをしっかりと導くことは大切ですが、今後も春男スタイルを貫いてほしいです。

 

3年生、2年生、1年生…それぞれの立場での悩みや苦悩

この作品は、それぞれ「3年生だからこそ」「2年生だからこそ」感じる、立場によって違う悩みや苦悩を上手く描いています

スポーツ漫画はプレーヤー目線でのストーリーが多いですが、「バレーの球語」はコーチ目線と言うのが新鮮ですね。

マンガとしての毛色は違いますが、マンガZEROで読める「クロカン」のような感じ。

クロカン 1

人気作品がたくさん!「マンガZERO」
マンガZERO width=
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見る ⇒

 

自分がプレーヤーだったときは、先輩や後輩の悩みなんてそうそう聞けないし、聞いたとしてもどうしようもできなかったでしょう。

コーチ目線だからこそ、それぞれの立場の悩みを公平な立場から考えることができ、かつての自分では分からなかったことも理解することができるのではないでしょうか。

とは言え、元体育会系の春男は、同じような体育会系である3年生寄りの意見になることが多そうですが…。

今はまだその熱血に全員がついていけている感じではないので、他のメンバーにどうやる気を出させるかもコーチの腕の見せ所ですね。

 

春男はフリーターを脱却できるのか?

バレー部のコーチにはなったものの、コーチと言うのはあくまでもボランティアのようなもの。

定職ついたわけではなく、収入減はいまだアルバイトのみです。

バレーに対しての前向きな気持ちを取り戻した春男なら、もうアルバイトじゃなくてもちゃんとした仕事ができそうな気がしますが…定職に就く日は来るのでしょうか。

ただ普通の勤め人になってしまうと、コーチをする時間が減ってしまうので、コーチを辞めるまでは定職に就かないかもしれないですね。

本人や部員たちはその方がいいかもしれないですが、父・鉄男はちょっと可哀そうです…。

まだ春男の母の存在は出てきていませんが、一体どんな母親なのか、春男に対してどう思っているのかも気になるところです。

 

絵はかわいいけれど…今後の表現力の成長に期待

たくさん出てくる女の子たちがとても可愛く描かれていますが、スポーツ漫画としては何かちょっと物足りない感じです。

独特の字体で効果音などが書かれているのですが、その熱い雰囲気とかわいい絵柄がなんだかミスマッチ。

春男にはピッタリなんですが、女子高生とあの男くさい雰囲気が合っていない気がするんですよね…。

ストーリーの内容的には熱い展開のはずなのに、イマイチ熱さが伝わってこないと言いましょうか。

試合中や動きのある表現の時、何が起こっているのか分かりづらいことも多いので、今後の画力アップに期待したいです。

あと、春男はせっかく髪の毛を切ってさっぱりしたのだから、髭もきれいに剃って欲しかったですね。

 

「バレーの球語」の感想・ネタバレまとめ

この作品はバレーそのものよりも、春男や部員たちの成長する姿を見るのが楽しい内容です。

やはり女子バレー部な分、「熱血」要素は少し薄れてしまっている感じがするのは残念ですが…素人の部員たちが技術的にも精神的にも成長すると、もっと面白くなってくるのではないでしょうか。

これからの伸びしろには十分期待できる作品ですので、バレー好き、スポーツ好きな人にはおすすめしたい作品です。

小学館公式の「マンガワン」で無料!
マンガワン
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見てみる ⇒

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/