無料で読める|天堂家物語 感想・ネタバレ 【花嫁と天邪鬼な令息が繰り広げるミステリアス大正浪漫】

 

天堂家物語 1 (花とゆめCOMICS)

作者  斎藤けん
無料で読めるマンガアプリ マンガPark (ストアへ)
最新刊をチェック ⇒ amazonで探す

天涯孤独な少女の願いは「人助けをして死ぬこと」。

一方、お家騒動の渦中にある天堂雅人は生き抜いて天堂家を破壊することを誓っていました。

天と地ほど境遇も志(こころざし)も違う二人の行く末にはなにが待ち受けているのでしょうか?

お家騒動真っ最中の天堂家で、偽りの絆を結んだ二人に襲いかかる数々の罠と試練を描く、「天堂家物語」をご紹介します。

ふわりとした中にも謎めいた雰囲気漂うミステリアス大正浪漫「天堂家物語」は「LaLa DX」で連載中、単行本は既刊3巻、webアプリ・マンガParkでも掲載更新中です。

 

 

天堂家物語のあらすじ

跡目争い真っ最中で花嫁候補も殺されるのではという噂に怯えた伯爵令嬢・鳳城蘭の代わりに天堂家にやってきたのは、天涯孤独の名前もない娘でした。

しかし彼女は一度逃れたにもかかわらず、雅人が自分で付けた傷を案じて薬を持って戻ってきます。物怖じしないお人好しな娘には、並々ならぬ体術の心得もありました。

疑う雅人の詰問に、娘はこう答えました。「先に死んだ育て親のじっちゃんの元に行きたいけど、ただ死んだら怒られるから、人を助けて死にたい」、と。

それを聞き、雅人は娘にこう告げます。「お前に最高の死に場所を用意してやる。お前は鳳城蘭になるんだ」――こうして偽物の娘は「らん」という名を与えられて、雅人のためにはたらくことになります。

 

主人公の名前はらん(仮)。

あらすじのとおり、主人公の娘は捨て子で名前はありません。娘を拾って育てた「じっちゃん」には「ちび」と呼ばれていました。

その育ての「じっちゃん」が死んでしまい、娘はあとを追って死のうとしましたがあえなく失敗。その時、「ただ死のうとしたからじっちゃんに怒られた」と思った娘は、「人助けをして死のう」と決意します。

自分の本当の名前も年齢もわからない「らん」は、じっちゃんの名前も不明です。らんがじっちゃんに教わったという体術はかなりの腕前で、じっちゃんは「ただ者ではない」と考えて雅人が素性を探ろうとしましたが、手がかりは一切ありません。

こんな状況ですので、「らん」の素性は今後出てこないのでしょうか? 「捨てられたときに持っていた小さな観音像」とか、「生まれながらに肩に刻まれていた牡丹の痣」とか、今のところ出てきていないですし。

「実は良家のお嬢様」で大逆転はない・・・?ないかー。

じっちゃんを慕うあまりに雅人に興味を持たれてしまい、徐々に絆されてしまっているのが大変かわいそうです。らんちゃん、しっかり!そいつ、かなり悪いやつ!!

 

天堂雅人、御年十六(推定)。職業、学生。

初登場時、月を背にして軍服姿で花嫁(仮)を見下ろしていた天堂雅人。高圧的な態度だったこともあり、らんの第一印象は「恐ろしい」「威圧感がある」「怖い人」でした。

父親は天堂貴人、母親は平民らしく、どちらも既に亡くなっています。天堂家内では叔母の操(みさお)が後見になっているようです。

天堂家の現当主は貴人の兄で雅人の伯父にあたる義人ですが、身体が弱く、義人の次に誰が跡を継ぐかを激しく争っています。他の天堂一族は、雅人の叔父に当たる直人、血縁上の関係は不明ですが周と晶という双子がいます。

鳳城蘭との結婚は「伯爵」という鳳城家の血筋が目当てとしたら、天堂家は華族ではないか、華族であっても伯爵よりも下位(子爵か男爵)のようです。

そして、「昼間は学校」とか「十七になったら籍を入れる」という発言で、現在17歳未満の学生であることが判明します。

おっまえ、そのでかい態度で未成年かよ!軍服着てたのに学生かよ!

そう、心の底から突っ込みましたね。

らんのじっちゃんへの思慕を断つために、じっちゃんと住んでいた家と畑を燃やし、てのひらや右の脇腹や腕に残った傷を晒して、「俺の躰に傷を付けた責任をとれ」と恩着せがましく言ったんですよ、この男。

雅人、お前それ立場逆!逆だから!!普通は生娘が言う科白だから! らんがじっちゃんに見せる執着を自分の物にしたいからってやりすぎ!なにこの歪みっぷり!鬼畜!でもきらいじゃない!どうしよう?!

しかし、雅人にも死角がないわけではありません。未成年で学生なので実権はなく、叔父の直人より立場は弱いと推測されます。また、現時点で父・貴人が天堂家を出ていた経緯が不明なのが気になります。

そして作中では触れられていませんが、雅人と貴人の血縁関係は、なにか証明されたものなのでしょうか?

叔母の操は、貴人のことを過剰なまでに敬慕しているようです。雅人に入れ込んでいる(意味深)のも、雅人が貴人の子どもだからだとしたら、もし雅人が貴人の血を継いでなかった場合、その溺愛が反転しそうです。

雅人がなぜ「天堂家を壊す」ことを望んでいるのかも明らかにされていません。伏せられている秘密がいくつもありそうで、これから先、まだまだ二転三転しそうです。

 

いい味出してる書生さん、立花さんは推しです!

天堂家には、雅人と敵対する直人や操たち天堂一族の他にも、多くの使用人がいます。その中で雅人が唯一信頼し、雅人に与えられている天堂屋敷の離れでの生活で、らんの面倒を見てくれているのが書生の立花さんです。

物腰が丁寧で優しげな人ですが、雅人の命令には絶対服従で、らんを簀巻きにしろとか風呂に入れろといった命令も忠実に実行します。

一方で、雅人が行きすぎと思われる時にはたしなめもするし、らんに文字の手習いをしてくれたり、立ち居振る舞いの指導もしてくれます。あと体術の腕試しの相手もやってくれる。有能。

ですがこの立花さんも、詳しい経歴は明らかではありません。書生にしては少し年齢が高い?ようですし、雅人に使えているのも、貴人が関係していることを匂わせる描写があります。

雅人の天邪鬼っぷりと、らんの世間知らずっぷりを、しょうがないなあと見守ってくれる人です。今後、もし雅人やらん、そして立花さん本人の過去が語られて、そこになにか大きな秘密があるとしても、揺るがずにいて欲しいなあと願っています。

主要人物3人の話ばかりしてしまいましたが、謎の双子・周と晶との対峙とか、らんが身代わりとなっている鳳城蘭の行方とか、現在進行形で物語は動いています。

らんと雅人の関係はまだまだ危うく、生命的な意味でも危険が次々と襲いかかります。この話、特に不思議な力などは存在せず、死ぬときはきっちり死んでいるので(じっちゃん以外にも死人が出ています)、らんと雅人、そして立花さんも、無事に生き抜いて欲しいです。

 

天堂家物語

大正時代を舞台にした作品の中では、ほのぼのとした中にダークな気配が漂う「天堂家物語」。

ミステリーやサスペンスが好きな方にオススメです。

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/