飛んで火に入る適齢期 感想・ネタバレ【29歳、彼氏に振られた女性の婚活奮闘記】

12月 19, 2017

<出典:https://www.mangabox.me/reader/ja/>

今回、紹介するマンガは、結婚適齢期を迎えた女性が婚活に奮闘する「飛んで火に入る適齢期」だよ!

 

「飛んで火にいる適齢期」のあらすじ

結婚適齢期を迎えた薬剤師の29歳の遠田純香は、年齢的にそろそろかと結婚をちらつかせた途端、「そんな理由では俺に失礼だ」今の彼氏に振れてしまいます。

そこからめげるわけではなく、必ず結婚すると決意を固め、周囲から旦那候補として何人か手札を選出することに。

1人目の旦那候補は職場の上司である高木充。

顔もイケメンで高給取りのわかりやすく3高、ただ性格がひねくれている独身男性。

2人目の旦那候補は患者の平林さん。

普通だけど優しく礼儀正しい独身男性。

この2人に新入社員の今どきの若者、下田未來も手札に加わり、純香はなんとか結婚する為奮闘していきます。

 

純香の結婚候補探しよりも気になる 元カレ拓真の再登場

純香のドライな、というか自己中心的で打算的な思考を軸に物語が進んでいくので、最新12話までで胸キュン要素はほぼありません。

拓真くんとの破局は純香としてもそれなりに痛手だったのか、「そんな真面目に考えないで 明るく婚活しようって!」ってことらしく、その気持ちはわからないでもないのですが、やっぱりすっきりしない・・・

1話の飲み会にて、冷静に純香にツッコミを入れる友人その2の友美の言葉が鋭く刺さっています。ゼクハラダメ、絶対。

それにしても、元カレの拓真くんは、本当にもう二度と出番はないのでしょうか・・・?正直、結婚候補の誰よりもそちらが気になって仕方ありません。

 

結婚候補はイケメン揃い?な男性たちだけど・・・

とにかく純香の婚活が始まりました。「結婚候補」として彼女が「手札」にしている男性登場人物をチェックしてみましょう。

一人目は、純香の勤務先である薬局の上司・高木充氏。

メガネイケメン年上で3高なれど、「この歳で独身ってことは難あり」と早々に人妻で〇柴な美津子ちゃんにツッコまれてました。

案の定、高木さんと純香は、結婚への考え方の違いでぶつかりがちになってしまいます。

当初は最有力候補だとされていたのですが、現在かなり下方修正されているようです。

 

二人目は、薬局の患者さんである平林さん。

「良くも悪くもフツー」と美津子ちゃんに評されましたが、穏やかな性格はもっと評価されるべきでは?

純香が婚活中で平林さんを結婚候補と捉えていたことや、高木さんと両天秤にかけていたことなどを正直に話しても態度を変えなかった点はポイント高いですよね!

ですが、ラインのヘッダーがパチンコの画面で、どうやら趣味がそれらしい、ということがわかったのが最新話。

どんなに性格がよくても、ギャンブル好きだけはやめておいた方がいいぞ、純香!

初デートでパチンコに行くようなのですが――だ、大丈夫でしょうか?

とにもかくにも、現在は一馬身ほど平林さんが先行している模様です。

他には、美津子がセッティングしてくれた合コンで知り合った村田くんや、薬局の新人である下田くんという面々が登場します。

ところで村田くん以外の三人に、彼女がいる/いた気配が皆無っていうのはどうなの?と思わないでもないですが、多分これが女性向け作品主人公補正なのですね、きっと。

 

純香の「結婚の本音」

アラサー独身女性だけでなく、20代半ば以上で今特に結婚の予定がない方にもお聞きしてみたいのですが、「自分は一生結婚をしないかもしれない」と、真剣に考えたことはありますか?「旦那(奥さん)も子供も仕事もない」未来を、自分が送るかもしれないと。

純香は自分の「結婚しない未来」を考えたときにこう思います。

「誰かと一緒にごはん食べたいし いってきますお帰りなさい 言いたいし言われたいなって気付いたの!」

これ、とても大事なことです。「誰かと一緒の生活を送りたい」というのは、結婚の動機としては、単純だけど十分すぎるほど十分な理由です

そしてさらに純香は言うのです、「誰かは全部、「拓真」のこと」だった、と。

・・・うーん、やっぱり拓真とよりを戻すのが一番結婚に近いんじゃないですかねえ? ・・・

1話にして結婚への本音が出ているので、今後の展開は、

1.拓真とよりを戻すしかないと気が付く

2.拓真とばったり再会してよりを戻す

3.拓真とよりを戻すために女友達が一肌脱いでくれる

のどれかじゃないでしょうか!

一応、4.拓真のかわりになってくれる人が現れる、も足しておきますけども。

 

結婚をテーマにしたマンガはどこが面白いのか

本作を含め、結婚や婚活をテーマにしたマンガ作品は数多く存在しています。

ドラマ化されたストーリーマンガでは、「ホタルノヒカリ」(植村さとる)や「逃げるは恥だが役に立つ」(海野つなみ)、「東京タラレバ娘」(東村アキ子)などが有名でしょうか。

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

 

前者2作は特にヒットしましたが、同居や結婚をきっかけにして繰り広げられる「恋愛もの」として支持されているようです。

本命の男性登場人物がいて、彼との関係の進展が中心なので、主人公の揺れる恋心にシンクロ出来て、それがいいんですよね。

エッセイマンガは、ジャンルに限らず「笑えるもの」の評価が高いようです。

「31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる」(御手洗直子)、「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記」(肉子)など、オタク女子/腐女子ならではの視点と筆致が人気を集めています。

31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる (ウィングス・コミックス)

 

他にも、30代と40代の二人の女性の婚活を描いた「婚圧ファイター」(宇野亜由美)、同棲していた彼との別れをきっかけに婚活をはじめた28歳が主人公の「カツカレーの日」(西炯子)といった作品があります。

カツカレーの日 1 (フラワーコミックスアルファ)

 

西炯子さんはもう一つ、40代直前に田舎に帰ってきた独身女性を待ち受ける不倫と婚活を描いた「姉の結婚」もオススメしておきましょう。

ところで、結婚をテーマにした作品はいずれも女性向けで描き手も女性作家ばかりです。

男性の婚活マンガってないのでしょうか(新婚生活をテーマにした作品なら、ぱっと思い浮かぶものがありますけど)。オタク男性の婚活実体験マンガって面白そうなんですけどねえ。

 

「飛んで火に入る適齢期」の感想、ネタバレまとめ

「飛んで火に入る適齢期」をご紹介させていただきました。

「結婚」がテーマですが、合コンを開いてもらう以外は自力で候補が探せている純香は、婚活ガチ勢から見ると「まだまだ甘い!」という判定になるんじゃないでしょうか。

主人公と同世代か少し下の20代半ばの、「結婚はまだ先じゃないかな」と考えている人に読んでもらいたいです。

あるいは独身男性に読んでもらって、登場する男性達は結婚候補としてアリかナシかとか、純香と拓真はそもそもそのまま結婚できたのかどうかとかを、一緒に検証してみたいです。すごく。

 

他の読者さんからも感想をもらったので紹介させてもらうね!

29歳で彼氏にフラれた純香

29歳といういわゆる結婚適齢期真っ最中に彼氏に振られてしまった純香。

この理由が、なんともリアルだな、と思ってしまいました。

29歳とか20代後半くらいから、誰かと付き合っている人はそろそろこの人と結婚かな?

と今か今かと焦る気持ちを抑えて付き合っているし、その年頃で誰とも付き合っていない場合は、次に付き合う人が結婚相手かも!

と慎重になってしまう絶妙な年齢。

特に女性の場合は出産という現実的な理由だけではなくて、どうしても20代というブランドが消えてしまう前に、という焦る気持ちがあると思います。

実際に30歳を越えるとモテなくなるという話は聞きますし。

そんな時に彼氏に「深い意味はないけど、そろそろかと思って」と結婚をちらつかせた事で純香は振られてしまいます。

でも、この男性側の意見も納得できてしまうのです。

純香はその彼氏だから結婚をしたいのではなく、そろそろ適齢期だから結婚をしておきたい、という気持ちがあったはずで、その気持ちが彼氏に見透かされてしまったのです。

男性側にとっても一生の伴侶を決める大事な相手だし、そんな理由で結婚を求められるのは失礼というものです。

 

男を旦那候補の手札として見る純香

彼氏に振られたことで、新たに彼氏を作って次こそは結婚しなければと焦る純香。

普通の恋愛のように、自然と接している内に好きになってその先に結婚があるのではなく、条件を並べてその中で自分にとって最適な男性を手札の中から選ぼうとします。

私の周りの婚活女性の中でも、純香と同じく男性を手札として見ている女性は存在します。

学歴や職業、年収、家族構成やルックスを並べて、どの人が自分にふさわしいか比べていくのです。

これは手札にされた男性にとってみればとても失礼な行為だけど、結婚をどう捉えるかの違いかなとも思いました。

結婚を生活をより良くしてくれる手段の一つとして割り切れる人には向いているのかも、と思うけれど、この純香は後に純朴な平林さんの想いに触れて手札として見ていた自分を恥じることになります。

 

純粋な平林さんと打算的な純香

平林さんを旦那候補の手札として見ていた純香は、平林さんが体調を崩していることを知って打算グッズを手に家に訪問します。

打算的な純香とは対照的に、純香の打算にまんまとひっかかりアプローチしてくれる平林さん。

さすがに患者さんの家にまで行ってお世話する、というのはやり過ぎかもしれないけれど、女の人は誰でも少しは打算的な面を持ち合わせていると思います。

気になる人が純香のように複数人いる場合、どの人にも好かれようとちょっとでも優しさや可愛らしさをアピールしようとします。

職場の後輩女性に咎められる事で、平林さんに失礼な事をしたのかもと思い始める純香。

平林さんには残酷かもしれないけど、恋愛は弱肉強食、自分が一番いいなと思う人を選ぶのが当たり前だから、この打算は仕方ないのかなと思ってしまいました。

 

全て見透かしている高木

平林さんが純香にアピールしていることや、平林さんを旦那候補の手札としてしか見ていなかった事を見透かして、下品だと言い放った高木。

これは婚活を頑張っている純香にはきつい一言だったと思います。

特に、自分の手札の中にいる高木に言われた事で、どれだけ恥ずかしくて悔しい思いをしたか。

苦し紛れにとっさに言い返したけれど、どれも言われた事が図星だったことで辛い思いをしたと思います。

こんな言い争いをした後に、どんな風に高木と展開していくのかが全くわからないけれど、こんな風に直接的に言ってくれる人とやっぱり最終的にはくっつくのでしょうか。

今後の高木と純香に期待したいなと思いました。

 

「飛んで火にいる適齢期」の感想まとめ

この漫画を読んでると、自分と純香の年齢が近いのもあってかなりぐさっとくることもあります。

でもだからこそ面白いし、今後の展開が気になって仕方がありません。

随所にリアルな恋愛事情がちりばめられているからこそ、勉強にもなると思います。

是非純香と同じく結婚適齢期の女性達に読んでもらえたらなと思える作品です。

独身男性もこの漫画を読めば、婚活女性の実態を少しは理解できるかもしれません。

 

記事内で紹介した漫画はこちら

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/