自殺島 |生と死をテーマとした自殺志願者たちのサバイバル生活

更新日:

自殺島 1 (ジェッツコミックス)

自殺島が1巻から無料で読めるアプリは「マンガPark」

「死ななければ、生きるしかない」そんなキャラクター達のサバイバルを通じて、人間の本性や心の移り変わりを描く自殺島は、マンガParkで読めます。

 

iPhoneで読む

androidで読む

 

自殺を繰り返すキャラクターが主役の「自殺島」のあらすじ・ストーリー

主人公のセイは生きることについて何度も疑問を持ち自殺未遂を繰り返していました。

この物語は自殺未遂を何回も繰り返し、常習指定がついている人には生きるという義務を履きするように選択ができます。

生きる義務を放棄したいセイは病院で同意書にサインをします。

これでやっと死ねる…と思いながら意識を失ったセイですが、実際に目が覚めるとそこは見たことのない島。

(出典:自殺島1巻)

 

その島の名前は自殺島と呼ばれている島で、セイの他にも生きる義務を放棄した自殺未遂者達が送り込まれる島だと知ります。

その島から出る手段がわからないとわかった時点で飛び降り自殺をしてしまう人やわけもわからず暴走し殺人を犯してしまう人も。

殺人などを犯しても、何をしても警察などの存在はないため、いわば本当の自由な島。

食料品や水などの支給はなく、まさに死にたくなければこの島でサバイバル生活をするしかない。

という恐ろしい島です。セイの周りには食糧難で餓死してしまう人や殺しあって食料を奪ったり、別のチームの人たちがいたりとまさに生きることに必死な人たちが出てきます。

果たしてセイや他の人の運命は?

そんなサバイバル生活と、自殺志願者たちの心の移り変わりが描かれた作品です。

iPhoneで読む

androidで読む

 

サバイバル生活の中で描かれる自殺志願のキャラクター達

ストーリー全体を通じて、キャラクター一人一人の心境や表情の変化にリアリティがあるよ。

この「自殺等」は自分が生き残るためならなんでもする、というサバイバル生活が基本。

サバイバル生活なので、自作の弓や盾、槍を作ったりと、かなりの本格的

自殺島に送られるときの支給品などもないため、すべて自分の知識で補わないというところがやはり醍醐味の一つですね。

ある時は自殺まで考えていましたが、生きるためにみんなと積極的にかかわり、困っている人がいたら助け悩んでいる人がいたら一緒に解決をし…と、とても人間味があってよかったです。

自殺島についた時はみんな絶望的な表情でしたが、生活基盤ができていくとともに、みんなの表情が明るく楽しそうになっていくキャラクターの変化がよく描かれています

中には自殺をしてしまう人や自殺をさせようと負の言葉をかけたりする人も。

本当にいろんな裏の顔が見られたりなんかもしますので、人間の汚いところや本質的な部分を、ドキッとさせられる表現になっていますよ

 

自殺島では、セイとサワダの2グループがあり考え方が大きく異なる

最初はバラバラのキャラクター達だけど、そんな中でも社会性ができる。どっちがいいのか?そんなところも考えされられる。

サバイバル生活を送るにあたり、自殺島のストーリーの中で大きく2つのグループに分かれます。

それぞれ、セイが所属する合議制なグループとサワダ率いる独裁制のグループは考え方がかなり違います。

下の者たちの考え方、思い方など、現実的な社会でありそうなメリット・デメリットが描かれており、印象深いですね。

 

過去に自殺志願者だった、ナオが子を宿すことで新しい命への向かい合う

自殺志願者だった「ナオ」が子供を宿すことで自身や周りのキャラクターたちにも変化が訪れるよ。

登場人物の中にナオという娼婦の役割をしていた女の子がいます。

その子はサワダのグループにいましたが、セイのグループへきて、みんなと一緒に過ごします。

娼婦の役割をしていたので、男性からは好かれていましたものの、やはり女性からはあまり好かれていないナオ。

しかし、妊娠を機にみんなに受け入れられるようになります。

みんなの身重のナオへの労りもですが、妊娠を嫌がっていたナオ自身がお腹の中にいる新しい命を大事にしていくところがとても良かったです。

途中、もしかしたら生まれないままナオが死んでしまうのでは?とハラハラしましたが、無事に生まれてきたので本当に良かったです。

リブもまた、昔は養父に性的暴力を受けなかなかセイに心を許しませんでした

しかし、セイとリブは結婚式を挙げ、子供を授かることができたのでがとても良かったですね。

こういった奪われていく命だけではなく、新しく生まれてくる命もあるんだ。と希望のような形で描かれているのがとても印象的でした。

 

最初から最後までしっかりと描かれていた作品

生きること、死ぬことをコンセプトにしている作品だからこそ、ラストが心配だったけれど・・・

やはり生と死をテーマにしていますので、ラストは難しいのでは?と思っていました。

しかし、とても綺麗にまとまっていて最後まで楽しめた作品でした。

最初はみんな死んでしまうのでは?と思っていましたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。

個人的にはハッピーエンドが好きなので良かったです。

リョウのキャラクターも好きだったので最後死んでしまったのは残念でしたね。

最初から最後まで生と死をしっかりと描き完結させていたのですべて読んだ後もサッパリとしているところがこの漫画の魅力です。

 

「自殺島」の感想・ネタバレまとめ

全17巻と少し長い作品ですが、この作品のテーマである生と死がしっかりと描かれている作品。

暗い部分もありますが、それに負けないくらい明るい部分もあり、最初から最後まで対照的にしっかりと描かれているためメリハリがあります。

今こうして生きられるとこはとても幸せなことなのだと思い知らされる作品

人間のドロドロした部分、嫌な部分もしっかりと描かれています。

そのため、人間味のあるシーン、キャラクター同士の感情を読みあうような雰囲気が好きな方にオススメしたいマンガです。

iPhoneで読む

androidで読む

 

1巻の感想:生きることを選んだセイたちの進む道

自殺島で芽生えた「生きる」意思

自殺未遂の常習者たちが送られる自殺島!だけどみんなで協力して「生きる」ことを選択するよ!

いつでも水が飲めて、食べ物に困ることも無く、雨風がしのげる家がある。

そして病気になれば薬もあるし、病院で治療もしてもらえる暮らし。

それだけで「生きる」ためには十分すぎるほどのものが揃っているのに、それだけでは満足できないのが人間のややこしいところですね。

最低限生きるのに必要なものが完璧に満たされすぎていて、逆に何か欠けた部分ばかりが目に付いてしまうのでしょう。

そういった意味では、この自殺島は生きる力を取り戻すためには絶好の場所です。

逆に、今までの暮らしでは見えてこなかった何かが、自殺島で過ごすうちに見えてくるのかもしれません。

 

「生きる資格」とは何なのか

自殺島に来て、「何かを試されているような気がする」と感じたセイ。彼は一体どんな答えに辿り着くのだろう?

「生きる資格があるのか」というのは、とても難しく思いテーマですね。

考えてみれば、現代社会はただ生きるだけでも、とても多くのことを求められます。

そしてそれがクリアできないものははじき出されて、結果的に自殺という道に追い込まれてしまう…。

鹿に出会って心境に変化が起きつつあるセイが、どんな答えを導き出すのか、とても気になります。

 

2巻の感想:セイの成長と心の変化

英子先輩が与えた影響

セイの心に影を落とした英子先輩の自殺。生きることの意味とは一体なんだろう?

現代を生きていると「満ち足りる」ことが簡単に出来てしまいますが、それがかえって人に生きる目的や気力を失わせているのかな、と思います。

英子先輩は妊娠した時点で恐らく「人生で一番満ち足りた」瞬間を迎えてしまいました

普通なら子供が生まれたらもっと幸せなのでしょうが…先生との不倫だったら、きっと後に待ち構えているのは苦労や苦悩ばかり。

彼女にとっては今後これ以上幸せなことは起こらないと思ったのでしょう。

それを考えると、自殺島で過ごすということは、通常の生活ですら満たされるということはありません。

「何もかもが満たされない」のはそれはそれで生きる気力を失くしてしまう可能性がありますが、「完全には満たされない」ということも、生きる上では大切なのかな、と感じました

 

文明から離れたからこそわかること

鹿を狩るために山に入ったセイ。そこで多くのことを得て、気持ちがどんどん変化していくよ!

鹿狩りに出て感じた孤独や人がいることの安心感、命を奪って食べることに対する感謝の気持ちなど、今まで気づかなかった幸せや感動を得ることができたセイ。

山に入ってからのセイは、まるで別人のようにたくましく、そして力強くなりました。

ありのままの自然に触れ、自分もその一部となり「生きている」という実感。

これは現代社会ではなかなか得られないものです。

この時の気持ちがセイの糧となり、良い方向へと導いてくれるのではないかと思います。

 

3巻の感想:島に残ることを選んだセイと、帰ることを選んだリョウ

「生」という名前に込められた想い

子犬に「イキル」と名付けることで、そこに込められた想いを考えるセイ。両親は何を願い「生」と名付けたのか…。

元気で生きる力に溢れている姿を見て、子犬に「イキル」と名付けたセイ

きっと今まで重荷だった「生」という名前も、少しだけ受け入れることができたのではないでしょうか。

しかし両親の気持ちを考えたら、かなり切ないですね…。

セイの名前には様々な願いが込められていたはずなのに、生きる気力を失くして自殺未遂をしてしまうなんて。

この自殺島での日々の中で、いつか生という名前が彼の励みになるよう、願わずにはいられません。

 

閉ざされた自殺島脱出への希望

リョウたちがいかだに乗って自殺島を脱出したけれど…瀕死の状態で自殺島に戻ってきた彼らに何が起きたんだろう?

いかだでの脱出は、絶対に失敗するだろうなという予感はしていました

そもそも、初めから看板にも書いてありましたしね。

普通だったらこんな島に自殺未遂者を送り込むような政府が、日本に帰ったからと言って保護してくれるわけもないことはわかりきったことです。

結局のところ、みんなどこかでまだ「島さえ出れば助かる」「改心すれば受け入れてもらえる」なんて甘く考えていたんじゃないでしょうか。

心のどこかで「無理だろうな」と思っていても、ほんのわずかな可能性があるうちは前向きでいられた、というのもあるかもしれません。

島から脱出することもできないという現実を突きつけられた彼らは、今後どんな道を進むのでしょうか。

 

森先生の作品「ホーリーランド」も無料で読める

白泉社の公式アプリである「マンガPark」を使えば、自殺島だけでなく、同じ森先生のホーリーランドも無料で読むことができますよ。

ボクシングがテーマとなっている「ホーリーランド」も、面白いのでおすすめです。

【無料で読める】ホーリーランド 感想・ネタバレ (引きこもりだったひ弱な男子高校生が・・・)

作者  森 恒二 無料で読める 漫画アプリ マンガPark (アプリストア) 完結済み ⇒ amazonで見る   実写ドラマになった事のあるこちらの路上喧嘩マンガ「ホーリーランド」、その人 ...

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-マンガParkで無料で読める
-, ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.