【無料で読める】ワールドエンドクルセイダーズ 感想 【異能力を用いた頭脳戦デスゲーム】

更新日:

ワールドエンドクルセイダーズ(1) (講談社コミックス)

不謹慎などと言わずに聞いてくださいそして正直に答えてください。

世界破滅系とか、要するにデスゲーム系の、人がいっぱい退場する話、好きですか?好きでしょう!?

そんな方にオススメしたいのがこちら、「ワールドエンドクルセイダーズ」です。こちらの作品はマガジンポケットでバックナンバー連載しています。

少年マガジンが無料の「マガポケ」

評価・レビュー

「ワールドエンドクルセイダーズ」あらすじ

ある日の東京、渋谷。人混みの中で、奇妙な仕草をする男が一人。彼を訝しみつつ通り過ぎる人々だったが、次の瞬間、誰もが突然自殺をしはじめる。この異常な「自殺」現象は、ほどなく,対策会議を行っていた首相官邸にも襲いかかった。

血の海と化した首相官邸にて、父である内閣総理大臣・桂の無惨な姿を目にし、天へと怒りを向けた主人公・桂しるしは、突如として空に現れた「神」と対峙する。

「神」は、すべての異常現象は自分が差し向けた「神の五歩指」の仕業によるものであることを告げる。そしてその日から、「神」と人類の、100日間のサバイバルゲームが開始した――。

こんな感じで始まるデスゲームバトルです。

 

醜悪な「神」が仕掛けた100日間のデスゲームを人類は乗り越えられるのか?

この作品は、デスゲームを繰り広げるのが「神」と「人類」であること、対抗する人類代表である主人公「桂しるし」は、天才だけど普通の青年であるという点が特長です。

さらに付け加えると、「神」が人類にけしかける「神の五本指」である、5人(人?)の異能者たちとその力のユニークさ。

「指」の名前とその顔、能力の概要は序盤で紹介され、「小指」である蠑螈(いもり)の能力についてはすぐに詳細が暴かれます。しかしそれ以外の「指」の能力の詳細は秘密に覆われています。

彼らの異能は、「神」によって「欲望の扉」を開けたものだけが得られる「VICTIM」の能力です。

そして「神」は、五本指に対抗する人類にも、「欲望の扉」を解放し、「VICTIM」の能力が得られることを告げます――なんでしょうねえ、このあからさまな誘い文句!

「神」のその言葉に乗った桂しるしは「欲望の扉」を開き、「真っ黒な嘘」という「VICTIM」の能力を得たのでした。

というわけで、この作品、「VICTIM」の能力に仕掛けがあり、また、「VICTIM」を得た五本指を含む登場人物達がどう行動するかがカギとなっています。

そして現時点では特に能力開花の兆しがない、しるしのお兄さん「桂とおる」の動向が気になるところです。

 

突拍子もない「神」とのバトルに挑む 主人公 桂しるしとは?

主人公である桂しるしは、「現首相の次男」「6歳にして弁護士を志し六法全書を全暗記した天才児」という有能だけど、身体能力的には普通の青年です――でした。

頭の回転が速いことから、最初にエンカウントした「五本指」蠑螈(いもり)の能力を見抜きますが、それだけでは彼を止めることが出来ず、「神」の誘いに乗って自身も異能を手に入れます。

第一話で父親である首相が死亡、大事な家族である兄・とおるが危険にさらされる、という展開が描写されています。

「おバカ熱血な兄」と「天才である弟」という組み合わせですが、父の死を嘆き、兄を必死に守ろうとする主人公・しるしの姿は、彼が「普通の人」であることを感じさせます。

 

謎が多い 「VICTIM」が与える能力

人類を殲滅する役割を担う「神の五本指」。彼らは世界各地で人類宿滅活動を行っています。

初日の成果は11億人!…ちょっと待って、現在の地球の人口って73億人余で――このままだと一週間保たないんじゃ?

「神」が与える「VICTIM」の能力は、「欲望の扉」を解放出来たものが、なにかを代償として得る力です。

たとえばしるしは「悲しみの感情」を失ってしまいました。また、「VICTIM」の能力は無制限に発揮できるというわけではなさそうです。

しるしの能力「真っ黒な嘘」の場合、「1日3回まで」「願いを叶えるために、コイントスでコインの魔人との対決に勝たなければならない」などといった制約があります。

この制約はしるしの能力だけなのでしょうか?さらに「裏側モード」があることも明かされるなど、まだまだ謎が多いようです。

 

敵である「神の五本指」の正体は?

「神の五本指」は多彩な面々で構成されています。スキンヘッドの蠑螈以外には、マッチョ?とクジラ?に乗った美女?に日本人らしい子どもの姿が明かされています。

そして少女である「ラララ・リラ」は、日本で蠑螈をダウンさせたしるしに興味を持ったらしく、いつの間にやら一緒に戦うことに。

「指」には仲間意識や「神」への忠誠心・帰属意識などはない様子です。今後、「指」それぞれの背景や、能力者となった理由、「人類の殲滅」を願う動機が描かれることを期待したいところですね。

 

「ワールドエンドクルセイダーズ」の感想・ネタバレまとめ

閉鎖的な空間で高校生が理不尽な条件の下に「殺し合いをしてもらいます」と迫られるタイプの話ではなく、異能力者同士の頭脳ゲームという側面を見せつつある「ワールドエンドクルセイダーズ」。

序盤の用語解説にどれだけ食いついていけるかと、現在社会をそのまま舞台にしている中でどこまでリアリティを追求した展開になるのかが気になるところです。

少年マガジンが無料の「マガポケ」

評価・レビュー

頭脳系ゲームが好きな人はこちらもどうぞ

こちらは、マンガワンで連載されている作品で、異能力系のデスゲーム。

主人公の能力が「相手が思った能力が自分の能力」というなんとも難しい設定にしているため、頭脳戦の面白さが際立つ作品です。

アプリを無料ダウンロード

ストアでレビューを見る

 

ACMA GAME(アクマゲーム)は有名な作品なので、知っている人も多いと思います。

デスゲームではなく、相手とのゲームの要素の方が大きいのですが、ワールドエンドクルセイダーズのように相手との駆け引きがあるので、頭脳戦を楽しむ事ができます。

こちらも、ワールドエンドクルセイダーズ同様にバックナンバー連載をマガジンポケットでしています。

少年マガジンが無料の「マガポケ」

評価・レビュー

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ジャンルで無料のマンガを探す

タグ

作者名で無料のマンガを探す

おすすめ記事はこちら!

1

一般誌の中に連載されているえっちな漫画って、凄く面白いんですよね。 その理由は、ちゃんと物語にストーリー性を持たせていたり、わざとらしいラッキースケベをこれでもかというくらい持ってくるギャグになってい ...

2

恋愛マンガは少女マンガだけの特権ではありません!!男の子だって、恋愛マンガが読みたい!!っていう人はたくさんいると思います。 今回は、オススメの恋愛マンガを紹介していきたいと思います。 本当はランキン ...

3

僕はパニックホラーや、ダークファンタジーのような暗いマンガを読む事が多いんですけど、その次に読むのが、ギャグ系のマンガ(シュール、コント、ラッキースケベ)など、笑いのジャンルを問わずよく読みます。 今 ...

4

最近流行っている、飯テロマンガ。普通の食事を紹介するだけでなく、居酒屋や燻製、お取り寄せなど、特定のジャンルにフューチャーしてる漫画がたくさんあります。そのジャンルで、何巻も続くの?みたいなマンガもた ...

5

今も昔も、お仕事系マンガは面白いもの。もちろん無料のマンガアプリでもたくさんのラインナップがあります。そんな作品の中から5作品を紹介したいと思います。 聞いたことがある仕事でも、マンガを読めば、実はそ ...

-マガジンポケットで無料で読める
-, , ,

Copyright© COMIC-APP , 2018 All Rights Reserved.