【無料で読める】山と食欲と私 感想・ネタバレ【 二度美味しいアウトドア&グルメマンガ】

12月 14, 2017

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

作者 信濃川 日出雄
発巻数 5巻
無料で読めるアプリ マンガZERO

グルメマンガ好きにはたまらない作品がまた、登場しました。

その名も「山と食欲と私」なんともそそられるタイトルではありませんか!

今回は、一冊で二度美味しいこちらの作品をご紹介させて頂きます。

この漫画は、現在マンガZeroにて、無料で公開されています。

人気作品がたくさん!「マンガZERO」
マンガZERO width=
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見る ⇒

【あらすじ】アウトドアとグルメがたっぷり詰まったストーリー

27歳、会社員の日比野鮎美の趣味は、休日に一人で登山をする事。

一昔前に流行した「山ガール」という言葉を嫌い、自身は「単独登山女子」であると豪語していて、群れず本気の登山をしています。

食べる事も好きな彼女は山で食べる料理、山めしにも本気

簡単なおにぎりを始め、パスタ、カレー、コーヒーなど様々な料理を登山用に用意、アレンジをして作り、それを景色の良い山で頂き幸せを感じています。

これはそんな「単独登山女子」鮎美の独特な登山の楽しみ方、登山中にすれ違う人々との出会いを描いたお腹の空くマンガです!

 

流行している「おひとりさま」を題材にした作品である

登山以外にも、おひとり居酒屋、おひとり焼肉、おひとりカラオケなど、今までは大人数で楽しんでいたものを一人で楽しむ…そのような「おひとりさま女子」は現在ブームとなっていて、人口もかなり増えていると思います。

この作品は一話ごとのストーリーが比較的短く、恋愛要素の少ないほぼアウトドアグルメだけのマンガですが、一人登山を楽しむ鮎美の心情や女性ならではの現実的な問題などがリアルに描かれているので、全く飽きる事なくさくさくと読み進める事が出来ます!とても魅力的。

同じくおひとりさま女子が出て来る作品に「ワカコ酒」、そして鮎美と同じく普通のOLさんが出て来るグルメ作品に「ごほうびごはん」などがありますが、どちらも食べる描写がほとんどなので完全なグルメマンガです。

ごほうびごはん 1 (芳文社コミックス)

ワカコ酒 8 (ゼノンコミックス)

 

けれど「山と食欲と私」はグルメだけではなく、登山のノウハウや素晴らしい景色の描写などが細かく描かれているので、アウトドア、グルメ、どちらのカテゴリーに入れたら良いか悩むところ…。

それくらいどちらの要素もたっぷりと詰まった作品なので、テンポ良く楽しく読めますよ!

 

NOT山ガール!鮎美のキャラクターとは

鮎美の一人で登山し料理をする姿に、周りの男子は「かっこいい」などと言い注目しています。

確かに、ガチな恰好で一人登山をしている女性がいたら見てしまいますよね!

そんな鮎美は群れる事をしない硬派な女子に描かれています。

その男勝りな雰囲気は「ワカコ酒」のワカコにも通ずるものがありますが、鮎美はイケメンに話しかけられてドギマギしたり、登山合コンに参加したりと、多少周りを気にしていてワカコよりは女子っぽさがあると感じました。

 

それでも男っぽい女性である事に変わりありませんが…。

作中にお母さんと共に登山するストーリーがあり、そこでお父さんは鮎美が6歳の時に亡くなっていて、妹と共にたくましいお母さんに育てられたという経緯が描かれています。

そんな背景があるからこそ、鮎美もたくましく育ったのだろうなぁと思います。

けれどちょっとおっちょこちょいで、心の俳句を読んだり、美味しいごはんでとろけるような顔をしたりする鮎美は、本当にかわいくて主人公としてはとても魅力的なキャラクターだと思います!

最初彼女は人見知りで若干コミュ障な面を見せていましたが、登山の回数をこなしていく上で色々な人と出会い、素敵な大人の女性になって行く成長が見られるようになるのがまたみどころ

登場人物達のちょっとした自己紹介が毎話登場の際に描かれていますが、それもきちんと読むとどんどん鮎美という人間がわかってきて好きになって行きますよ。

 

山でこんなものが食べられるとは…驚きのレシピが満載!

山の食事というと、そんな凝ったものは食べられない印象を持っていましたが…この作品を読んでその考えが180度変わりました!

毎回鮎美が考えてくる山めしは本当に美味しそうでお腹が空いて来ます。

特にチキンカレーを作った回を読んだ時には、とても食べたくなって家で実際に作って食べました(笑)

けれど苦労して息を切らしながら山に上って、更に山の美味しいお水で作ったカレーの美味しさとは比べものにならない事でしょう…。

調理をする器具も最新で便利!こんなものがあるのかと、とても驚きます。

飯ごうひとつとっても、軽そうで見た目もオシャレ。

山ガール…いえ、登山女子が増えるのも納得が行きます。

料理にはレトルトなども上手に取り入れているので、現実味がありすぐにでも実践出来そう。

登山をしている方は真似してみてはいかがでしょうか?

 

きちんと描かれている、山の恐ろしさ

作者様は、登山は楽しい事ばかりではない!という事もきちんと描いています

たとえば道を間違えて遭難…テントを忘れて避難山小屋泊…虫に噛まれて足が腫れ上がる…などの描写は、この作品を読んで「登山グルメを楽しみたーい!」と山をなめてかかってしまいそうな人達への警告ととれます。

鮎美は作中でそのような事があるたびに反省し、同じ過ちを犯さないよう勉強しています。

壮大な自然は時に人間の命を簡単に奪う脅威と化しますから、作者様はあえて楽しい登山だけではなく、鮎美が危険な目に合う描写もリアルにいたのでしょう!

登山の知識が豊富な作者様だからこそ描けるリアルな山の恐ろしさ…きちんと心に留めておきたいところです。

また、山や川、街の風景の描写も素晴らしいので見応えがありますよ!

それもこの作品がただのグルメマンガではないと言われる所以です。

鮎美のように単独登山女子を目指そうと思った方は、山についてきちんと学んでから楽しむようにしましょう!

 

「山と食欲と私」感想・ネタバレまとめ

以上、おひとりさま&アウトドア&グルメの良いところが凝縮された「山と食欲と私」についてお話してきましたが、こんな方々におススメです!

  • 山、旅が好きな方
  • 男女共に「おひとりさま」に興味のある方
  • グルメマンガが好きな方
  • さくさくと読み進めたい方

ただのグルメマンガに飽きた方は、登山に興味がなくても楽しめますよ。

そして私もですが、インドア派な方もこの作品を読むとちょっと山に行きたくなると思います!

鮎美のようなグルメを楽しむにはかなりの初期費用がかかりそうですが…(笑)

絵もかわいいので、どんな方でもスルスルと読めるマンガです!ぜひお試しあれ。

人気作品がたくさん!「マンガZERO」
マンガZERO width=
無料でインストール ⇒ ストアでレビューを見る ⇒

 

こちらの無料で読めるマンガもおすすめだよ!
スマホアプリを使って、無料で読めるマンガを紹介しています。現在、250作品以上あるので、暇つぶしにどうぞ。
無料のマンガ一覧を見てみる⇒
 
\こんなマンガが無料で読める/